昔のおもちゃは子供に人気なの?おすすめ15選とママの体験談もご紹介

コラム
公開日:2018/06/04
更新日:2018/06/21
昔のおもちゃは子供に人気なの?おすすめ15選とママの体験談もご紹介

おはじきやメンコ、お手玉など、昔ながらのおもちゃは子どもが安全に遊べるための工夫がそこかしこに散りばめられています。そんな昔のおもちゃで子どもと一緒に遊んでみませんか?とはいえ、昔のおもちゃにはどのようなものがあるのかな?子どもは本当に遊んでくれるのかな?と疑問に思うママもいるかもしれませんね。そこで今回は、昔のおもちゃの選び方やおすすめのおもちゃ、ママの体験談をご紹介します。

昔のおもちゃに対するアンケートを取りました!

お子さんは昔のおもちゃで遊んでいますか?

「はい」と答えたのは全体の半数に至る結果となりました。「いいえ」と答えたママの中には、昔のおもちゃを持っていないママも含まれるため、昔のおもちゃで遊ぶ子どもは多いのではないでしょうか。アンケートを取る中で、人気のあった昔のおもちゃは「紙風船」。「はじけて割れないので、小さな子にも安心して遊ばせてあげられます」という意見もありました。

昔のおもちゃの選び方が知りたい

昔のおもちゃはどのようにして選べばよいのでしょうか。その前に、どんな種類のおもちゃがあるのか知らない、というママもいるかもしれません。おもちゃの種類と合わせて、選び方をご紹介していきます。

年齢に合ったおもちゃを選ぶ

昔のおもちゃはたくさんの種類があるので、どのような選び方をすればよいのか迷うママもいると思います。まずは、子どもの年齢に合ったおもちゃを選んでみましょう。昔のおもちゃの中で定番のものといえば、「紙風船」や「お手玉」です。紙風船はママが膨らませてあげれば0歳の赤ちゃんでも触ったり、潰したりしたりして遊ぶことができます。お手玉も同様で、ママが遊ぶ姿を見せたり触れたりする遊びは、0歳の赤ちゃんからできますよ。

その他には、「かるた」や「メンコ」などちょっとしたルールが必要となるおもちゃもあります。これは遊び方のルールが理解できる3歳過ぎの子どもにおすすめです。「けん玉」や「竹馬」は身体的能力も必要とするおもちゃ。体がある程度大きくないと遊べないので、小学生頃の子どもに適していると言えるでしょう。もし子どもに与えてみて、うまく遊べないようだったら、一度保管して時間をおいて十分に遊べるまで成長を待ってみてもよいかもしれませんね。

みんなで遊べるおもちゃを選ぶ

昔のおもちゃで遊ぶメリットは、「かるた」や「百人一首」、「おはじき」や「お手玉」など、子どもだけじゃなく大人も一緒にみんなで遊べるという点です。年末年始に親戚や従妹が集まるときなどに楽しく遊べそうですよね。大人も一緒に遊ぶことで、親子間のコミュニケーションをとることもできます。この昔のおもちゃを選ぶメリットを考えて、みんなで遊べるおもちゃを選んでみてはいかがでしょうか。

子どもが興味を持ちそうなおもちゃを選ぶ

年齢に即していても、大人と一緒に遊べるおもちゃでも、子ども自身が興味を持たなければ楽しく遊ぶことができません。そのため、昔のおもちゃを選ぶときはママがあらかじめおもちゃのルールや遊び方を確認しておき、子どもが興味を持ちそうなものを選んであげましょう。例えば外遊びが好きで、シャボン玉などに興味を持つ子には「竹トンボ」や「羽子板」が楽しく遊べるアイテムかもしれません。

昔のおもちゃはどこで手に入るの?

「昔ながらのおもちゃって、普通のおもちゃ屋さんに売っているのかな?」と疑問に思うママもいるかもしれません。昔のおもちゃは、種類によっては一般的なおもちゃ屋さんやデパートのおもちゃコーナーで販売しているようです。昔のおもちゃを専門的に扱うおもちゃ屋さんもあります。近くにそのようなおもちゃ屋さんが見当たらない、店頭でも昔のおもちゃが売っていなかったという場合は、ネット通販で手に入れましょう。

人気の昔のおもちゃのおすすめが知りたい

それでは、親からも子どもからも愛されるおすすめ昔のおもちゃを15点、ご紹介します。
※様々なタイプの昔のおもちゃを紹介しています。お子様の年齢や発育発達に合わせ、安全性に配慮してお選びください。

ガラスのおはじき123セット

ガラスのおはじき123セット 3種類123個入り 日本メーカー Glass Counter高田玩具店 参考価格:¥1,900Amazonで詳しく見る

おはじきは女の子に人気のある昔のおもちゃ。おはじきのルールに則って遊んだり、おままごと道具と一緒に使用して遊んだりできます。

内容:花けり(約25mm×13個)

丸面子&角面子セット

メンコ めんこ 面子 丸面子&角面子セットめんこ 参考価格:¥1,100Amazonで詳しく見る

昔ながらのおもちゃであるメンコ。パチンとメンコ同士を打ちつけて遊びます。柄はじゃんけんやサイコロ、数字などがあり、いろいろな遊び方ができそうですよ。柄は商品によって異なっており、選ぶことはできませんがどれも古きよき雰囲気のあるイラストが描かれています。

内容:丸面子(大・中・小各1)3枚と角面子6枚

福笑い おかめとひょっとこ柄

【和玩具】  福笑い おかめとひょっとこ柄 (2枚1セット)イベントアイテム【昔なつかしおもちゃ】 参考価格:¥489Amazonで詳しく見る

お正月にみんなで集まったときに遊びたい福笑い。大人から子どもまで幅広い年齢層におすすめできる昔のおもちゃです。

サイズ:タテ約490×ヨコ約380mm
素材:紙

子ども用なげこま

子ども用なげこま 博進社 幼稚園~小学校低学年向け博進社 参考価格:¥540Amazonで詳しく見る

紐を使って回すなげこま。回転力が強いため、長く回したりこま同士をぶつけさせてこま相撲で遊んだりとさまざまな遊び方を試してみましょう。

サイズ:直径約6cm

まんげ鏡

まんげ鏡 (bo7125) 【昔なつかしい 昭和のおもちゃ】玩具 昔 オモチャ 万華鏡浅草きもの市 参考価格:¥400Amazonで詳しく見る

まんげ鏡は光の加減や中の細工によって、さまざまな美しい景色を見せてくれる昔のおもちゃ。どこでも見て楽しむことができるので、移動中や順番待ちのときでも手軽に遊ばせることができますよ。

サイズ:長さ150mm×直径50mm

逆立ちこまセット

逆立ちこまセット 5個入博進社 参考価格:¥680Amazonで詳しく見る

小さな逆立ちこま。回すとくるんと逆さになる面白いこまです。このおもちゃも小さいので、持ち運びが簡単。なくさないよう気をつけて出かけ先に持ち込み、いつでも遊ぶことができます。

本体サイズ :3cm

池田工業社 高級達磨おとし

池田工業社 高級達磨おとし池田工業社(Ikeda Kougyo-sha) Amazonで詳しく見る

最近あまり見かけなくなった昔ながらの達磨おとし。ハンマーで叩いて達磨を上手に落とすおもちゃです。いろいろなところを叩いて遊びたくなる時期の子どもに、達磨おとしを使って「これなら叩いてもいいよ」と教えてあげれば、上手に子どもの興味と遊びを結びつけることができるかもしれません。

サイズ:W66×H230mm
材質:天然木

ものがたり羽子板2枚組セット

池田工業社 ものがたり羽子板2枚組セット かぐや姫 鶴の恩返し池田工業社(Ikeda Kougyo-sha) 参考価格:¥1,760Amazonで詳しく見る

昔ばなしがデザインされている羽子板セット。別売りの羽根を使って、昔の遊びを楽しみましょう。こちらの柄はかぐや姫と鶴の恩返しのセット。柄で昔ばなしを学べるのも、おすすめしたいポイントです。

対象性別 :男女共用
対象年齢 :3歳から

竹とんぼ 2本入り

竹とんぼ 2本入り(有)竹工房はなぶさ 参考価格:¥200Amazonで詳しく見る

手でひねって飛ばす竹とんぼも、最近では見かけなくなった昔のおもちゃではないでしょうか。2本入りでサイズは子どもの手にぴったり。広いところに行った際は、竹とんぼを飛ばして遊んでみましょう。

サイズ:13.5cm×17cm
材質:竹製

お手玉 5個入り

手作りお手玉 紅型柄 吉祥5種手作りお手玉のミナル屋 参考価格:¥2,850Amazonで詳しく見る

昔は、あずきなどを入れて家庭でも手作りされていたというお手玉。柔らかい手触りで跳ねないので、小さな子どもにも安心して遊ばせてあげられそうです。こちらは紅型(びんがた)柄の布を使用し、お手玉専門店で手作りされた商品。お手玉で遊ぶときは、パパやママがお手本を見せて親子で楽しんでみてはいかがでしょうか。
※布製品の性質上、ほつれや破れ等で内容物が出てくることがあるようです。小さなお子さんの誤飲には十分気をつけてください。

お手玉の材質:綿の布
お手玉の中身:プラスチックペレット1個あたり約40g入ってます
お手玉の形:ざぶとん型(全国大会で使用される形です)
お手玉のサイズ:幅45mm長さ90mmの布を4枚使って縫い合わせています。

池田工業社 剣玉チャンプ

池田工業社 剣玉チャンプ池田工業社(Ikeda Kougyo-sha) 参考価格:¥900Amazonで詳しく見る

大人からも人気の高いけん玉。日本けん玉協会主催の競技大会やイベント等もあり、小学校の放課後遊びやクラブ活動も活発です。けん玉遊びは難しいので練習が必要ですが、できるようになるととっても楽しく遊べますよ。

本体サイズ :W75×H175mm
対象性別 :男女共用
対象年齢 :3歳から

竹馬 小

竹馬 小竹物語り Amazonで詳しく見る

竹馬は素材をいろいろなものに変えて現代でも遊ばれている昔のおもちゃ。こちらは、見た目にも古きよき情緒の残る竹製です。パパやママも一緒に竹馬遊びに挑戦してみましょう。

サイズ:150cm 床下約23㎝
材質:竹

縁日セット 【昔なつかしい 昭和のおもちゃ】

縁日セット 【昔なつかしい 昭和のおもちゃ】玩具 昔 オモチャ えんにち 紙風船浅草きもの市 参考価格:¥998Amazonで詳しく見る

紙風船や吹き戻しなど、昔の縁日で売っていたおもちゃを集めたセットです。吹き戻しは、息を吹き込むと紙が伸びるユニークな仕掛けおもちゃ。どちらも紙でできているので、安心して小さな子から遊ばせることができますよ。

サイズ:300mm×110mm×30mm

ブリキの玩具金魚じょうろ

昔懐かしいブリキの玩具金魚じょうろ砂場遊びにノーブランド品 参考価格:¥880Amazonで詳しく見る

レトロなデザインの金魚じょうろ。このデザインをママが気に入って購入した、ということもあるようです。転がったりしないほどよい重さと頑丈さで、お庭遊びの際には楽しく使えそうです。

まゆ玉ころころ

まゆ玉ころころ 【昔なつかしい 昭和のおもちゃ】玩具 昔 オモチャ浅草きもの市 参考価格:¥3,000Amazonで詳しく見る

ころころ転がる仕組みのおもちゃ。現代のおもちゃでは、タイヤつきの連結車やビー玉転がしなども見られます。まゆ玉は、不規則でゆっくりと転がるので、見ていて飽きません。

サイズ:300mm×70mm×70mm

ママ達に聞いてみました。子どもは昔のおもちゃで遊んでいる?【体験談】

教えて!昔のおもちゃの購入方法は?選び方は?

おじいちゃん、おばあちゃんが買ってくれました

「年末年始はおじいちゃん、おばあちゃんの家で過ごすことにしていますが、親戚がみんな集まるので、子どもたちが遊べるようにかるたとメンコを祖父母がプレゼントしてくれました。かるたは息子と娘に大ヒット。これをはじめてから語彙が少しずつ増えたような気がしています。自宅用にも購入しようか、その際にはどんなかるたがいいのか検討中です」(7歳男の子と5歳女の子ママ)

デザインに一目ぼれして私が買いました

「ネット通販で見つけたお手玉の柄や素材に一目ぼれ。すぐに購入しました。娘はまだ1歳なので、お手玉を口に入れたりするときもありますが、布製であるのと口には完全に入りきらない大きさなので、安心して与えることができます。お手玉は自分でも作ることができますが、そのような時間が取れないのと柄が素敵だったので、購入してよかったと思います。跳ねるタイプのゴムボールもありますが、うっかり壁に投げつけて跳ね返ったりすることがあるので心配でした。お手玉はその点でも安全に遊べるので、おすすめです」(1歳女の子ママ)

伝統工芸を扱うお店で購入しました

「旅行に行ったとき、その土地の伝統工芸を扱うお店に立ち寄りました。そこで、オリジナルデザインの竹とんぼが作れる体験コーナーに参加。そのまま竹とんぼを購入しました。丈とんぼは昔飛ばした思い出があるくらいで、しばらく触れていませんでしたが、今遊んでみるとなかなか奥が深い!簡単に飛ばせられるのに滞空時間も長く、子どもは夢中になって遊んでいます。これをきっかけに昔のおもちゃに親子でハマってしまいそうです」(5歳・3歳の女の子ママ)

教えて!昔のおもちゃでどうやって遊んでいる?

触ったり潰したり…

「上の子が幼稚園の縁日あそびでもらってきた紙風船。0歳の下の子がこれをとっても気に入って、毎日紙風船で遊んでいます。時々投げてふわふわとさせて遊んだりということもありますが、ほとんど潰したり、つついたりしていますね。紙風船がよいなと思う点は、0歳の子が触っても危険がなく、安心して遊ばせられるということ。すぐに破けてしまいますが、これも子どもの手先の成長によさそうなのでそのまま遊ばせています」(5歳女の子と0歳男の子ママ)

移動中に昔のおもちゃが大活躍!

「おみやげでもらったまんげ鏡。持ち運びやすいサイズなので、お出かけ先にいつも持って行っています。車に乗っていて、渋滞にはまってしまったときも娘は飽きずにまんげ鏡をくるくると回して楽しんでいました。持っていてよかった…と思った瞬間です。また、病院の順番待ちの際にもまんげ鏡が大活躍。これまではタブレットで動画を見せたりしていましたが、長く動画を見せるのは私が嫌だったのでまんげ鏡があってよかったです」(4歳女の子ママ)

兄弟でこま遊び

「3歳年の離れた兄弟で、体力や背丈の違いから一緒に遊ぶのが難しかったんです。何かいい手はないかなと思っていたところに、夫の両親が投げこまをプレゼントしてくれました。4歳の男の子でもやり方を教えてあげたら少しずつできるようになり、指先を使うので箸を扱うトレーニングにもなりました。2人で投げこまを回し、どちらが長く回るか勝負したりして遊んでいます。まだまだ下の子はお兄ちゃんほどうまく回せませんが、そのときは上の子が代わりに回してあげたり、教えてあげたりしてくれるのでこれからも楽しく遊べそうです」(7歳・4歳の男の子ママ)

(文/松村冴子)

あなたにおすすめ

注目コラム