男の子に人気の新幹線おもちゃ!選び方とおすすめ12選

コラム
公開日:2018/05/29
更新日:2019/10/04
男の子に人気の新幹線おもちゃ!選び方とおすすめ12選

新幹線のおもちゃは、車のおもちゃに並んで男の子たちから大人気。お店やネットでもたくさんの種類が販売されており、どれを何歳から与えるべきか悩んでしまいますよね。これから新幹線おもちゃデビューを控えているママたちのために、先輩ママに新幹線おもちゃを買ったきっかけについて聞いてみました。ママたちが実践している収納方法や、おすすめ商品などもご紹介します。

新幹線のおもちゃについてママたちに聞きました

初めて新幹線のおもちゃを買った年齢や、きっかけを知りたい!

「新幹線の音が鳴る絵本を、生後半年ぐらいのときに購入しました。これといった理由はありませんでしたが、男の子なので新幹線のものがあっても喜ぶかな?と思って」(28歳/10カ月男児のママ)

「家が散らかると思い、レール系のおもちゃは買っていませんでした。もう少しで2歳という頃、ショッピングモールに出かけるたびにサンプルのレールトイで夢中になって遊ぶように。『アイス食べに行こう~』と誘っても、『イヤ!まだ!』と言って動かず。毎回軽く1時間ぐらいは熱中していたでしょうか。幼児とは思えないほどの集中力を発揮している姿を見て、これなら買ってもいいかと思い2歳のお誕生日に購入しました」(34歳/6歳男児と3歳男児のママ)

「子どもが1歳になったのをきっかけに、車での帰省をやめて新幹線で帰ることにしました。新幹線へ興味を持っていたほうが乗るときに喜ぶかな?と考え、帰省の1カ月前頃から新幹線のおもちゃを買うようになりました」(29歳/1歳半男児のママ)

「家から新幹線が見えるので、7カ月頃からいつも窓際にローチェアを置いて座らせていました。新幹線が通るとご機嫌になっていたので、8カ月頃にプラレールの新幹線を購入。私が家事をする間、新幹線のスイッチを入れてレールの上をグルグル回らせていました」(30歳/1歳男児のママ)

「1歳2~3カ月頃から、毎月発売されるシールブックを義母が買ってくれるようになりました。確か1歳半頃のことだったと思いますが、月が変わって義母が新しいシールブックを求めて本屋に行ったときのこと。乗り物に特化したシールブックを見つけたそうで、一緒に買ってきてくれたんです。その本に、おまけとしてDVDがついていました。おもちゃとは少し違うかもしれませんが、それが初めての新幹線グッズです」(35歳/4歳男児のママ)

「1歳4カ月頃、主人と息子が初めてふたりきりで外出することになりました。不安でいっぱいの主人から『どこに行ったらいいと思う?』と聞かれ、内心そのぐらい自分で考えてほしいなぁと思いつつ適当に『駅に行って入場券を買って、新幹線でも見たら?』と返事をしました。すると運よくドクターイエローに遭遇できたうえに、ちょうど降りてきた車掌さんにシールと塗り絵をもらったそうで、とてもご満悦で帰ってきました。主人が帰り際に、今日の記念にとドクターイエローのおもちゃを買ったそうで、それが初めての新幹線おもちゃです」(32歳/2歳男児のママ)

新幹線のおもちゃって、ごちゃごちゃしないの?収納法を教えて!

「取り出しやすく、子どもがひとりで片づけられることを大切にしています。大きなカラーボックス用の箱をいくつか用意して、『この箱は青いレール、この箱はトンネルや踏切、この箱は車両』と分けて収納。このぐらいの分類なら子どもも認識しやすく、2歳を過ぎてからは自分で片づけられるようになりました。子どもが箱に戻したら、あとは私がカラーボックスに箱を入れていくだけ。ここは重たいので、私がやっています。どの箱にどのおもちゃが入っているのか子どもも分かっているので、ひとり遊びもしやすいようです」(32歳/2歳男児のママ)

「プレイマットになる収納バッグを購入しました。新幹線のような散らばりやすいおもちゃは、なるべくそのマットのうえで遊んでもらうように。マットの隅についているヒモをきゅっと縛るだけでおもちゃが包まれ、バッグのようになるのでそのままポールにかけておくことができます」(29歳/1歳半男児のママ)

「車両が増えてきて、子どもが今遊びたい車両を探すのが難しくなってきました。毎回『緑のやつ!』とか『黄色のやつ!ママ探して!』と言われ、私も少しイライラ。そこで、見せる収納に切り替えることに。100均ですのこを買ってきて、陳列棚をDIYしました。どの車両がどこにあるかひと目で分かるので、気分に合わせて選んでいるようです」(34歳/6歳男児と3歳男児のママ)

新幹線のおもちゃの選び方が知りたい

新幹線のおもちゃといっても、バリエーションはかなり豊富。シールやぬいぐるみのような低年齢から遊べるものや、パズルやブロックのような4~5歳でも遊べるものなどさまざまです。新幹線が好きかな?と感じたら、年齢に合ったものから少しずつ増やしていくといいかもしれません。新幹線おもちゃの定番といえば、レールトイ。木製とプラスチックがありますが、どちらも比較的長い年月に渡り使い続けることができるでしょう。最初は自走する新幹線を見たり少し手で動かしてみたり。次第に自分で自走スイッチのオンオフを切り替えられるようになり、レールも好きなレイアウトに組み直せるようになります。同じレールでも組み方は何通りもあるので、知育にもなりそうです。踏切やトンネル・橋などのアイテムを買い足していけば、どんどん可能性が広がります。同じプラスチックのレールでもレール幅が違うことがあるので「このシリーズを集める!」と決めて、ひとつのシリーズを買い足していくほうが遊びやすいかもしれません。プラスチックトイで人気のプラレールと、木製トイで人気のBRIOは、レール幅が同じようです。レールは木製で、上の新幹線はプラスチックという遊び方もできますね。IKEAのLILLABOとBRIOも互換性があり、まれにある連結できないもの以外は組み合わせて遊べるようです。

あなたにおすすめ

注目コラム