授乳中は生理が始まらない?生理で母乳の量や味は?産後3ヶ月で再開する?

 専門家監修
公開日:2018/05/18
更新日:2018/06/18
授乳中は生理が始まらない?生理で母乳の量や味は?産後3ヶ月で再開する?
監修
天神尚子先生
三鷹レディースクリニック 院長

母乳育児をしているママは、生理の再開が遅いといわれています。また、生理が始まると母乳の味や量が変わるという声も……。授乳と排卵の関係と、生理の再開する時期、母乳への影響について、産婦人科の先生に教えてもらいました。

授乳をしていると生理はこないの?

産後の生理の再開する時期は個人差があり、さまざまな要因が関係しています。なかでも授乳は大きく関係していて、授乳中は母乳をつくるために必要なプロラクチンというホルモンの影響で、生理がこなかったり、再開が遅れたりすることがあります。

プロラクチンは乳腺を発育させる働きがあり、妊娠中から分泌していますが、産後、赤ちゃんが母乳を吸うことでさらに分泌されて母乳がつくられます。一方でプロラクチンには排卵を抑える働きがあるため、授乳中は生理が起こらなくなります。

授乳中でも生理が再開することはある?

生理の再開する時期は一般的に産後5~8ヶ月といわれていますが、母乳育児のママのほうが、ミルク育児のママと比べ再開の時期が遅い傾向があります。これは、先にも述べたとおり授乳中、大量に分泌されるプロラクチンに排卵を抑える働きがあるため。

ですが、産後2~3ヶ月を過ぎると、授乳時間以外はプロラクチンがあまり分泌されなくなり、卵巣が働きはじめます。卵巣の働きが完全に戻るまでは、排卵をともなわない生理が起こることもありますが、排卵のある生理が再開することもあります。授乳をしていても、生理が再開するケースも珍しいことではありません。産後2ヶ月で生理が再開し、「聞いていたより早くきた!!! 授乳していても普通にくるんだなと思った」「母乳育児だと生理はしばらくこないと聞いていたのにビックリした」というママも。

授乳中に生理が再開したら母乳の量や味はどうなるの?

母乳はママの血液からつくられるものですから、食べたものや体調によって変化することはあると思いますが、生理が再開したことで、母乳の味が変わるということは医学的根拠がなく、よくわかっていません。また、生理の再開によって母乳の量は減る傾向に。時期的に赤ちゃんの離乳食も始まるころと重なるため、徐々に授乳が減っていくというケースもあるでしょう。とはいえ、生理が始まっても授乳できるので、心配しすぎる必要はありません。

母乳育児をしなくなったら生理は始まる?再開しないときの対処法は?


産後の生理の再開は個人差が大きいもの。授乳が関係しているといっても、やめたらすぐに再開するというものでもありません。育児による疲れや、生活リズムの変化でホルモンバランスが崩れ、生理の再開が遅れる場合もあります。授乳をやめて3ヶ月以上過ぎても始まらない、再開の兆候がなく不安……というママは念のため産婦人科で相談してみましょう。なかには、「出産から1年たち、2人目を考えるなら長い期間生理が戻らないのはよくないため、卒乳を考えてみては?と医者から言われました。1歳3ヶ月で卒乳をしたタイミングで生理も戻りました」というママも。

産後の生理は妊娠前と違う?周期や量、痛さはどう?

産後、生理が再開したといっても、周期や量が安定しているわけではありません。また、生理前や生理中の症状や痛み、経血量が妊娠前とは変化していることも。産後は生理痛が軽くなるといわれますが、これもだれにでもあてはまることではなく、逆に生理痛が重くなるケースも。

「産後1年2ヶ月で再開。妊娠前よりも生理が重くなったので、それがショックでした」
「産後8ヶ月で生理が再開。産前はあまりなかったのですが、眠気、だるさがありました」
「産後4ヶ月で再開しましたが、規則正しくくるようになったのは産後8ヶ月から。頭がすごく痛くなりました。産前は胸が張る、下腹部が痛いといった症状だったので、大違い」
と妊娠前の生理と違うというママも。再開してしばらくは様子を見てみましょう。

ただし、日常生活に支障をきたすほど生理痛がひどい、出血量が多いなどの場合は産婦人科を受診しましょう。

授乳中は無理せず、生理の再開をあせらないで

妊娠、出産で大きく変化したママの体。元に戻るには時間がかかります。授乳をすると子宮の戻りはよくなりますが、なかなかゆっくりとできないもの。無理はせず、休めるときは少しでも体を休めることが大切です。次の妊娠を考えているママにとって、産後、生理が再開する時期は気になりますが、あまり気にし過ぎるとかえってストレスに。心も体もリラックスして授乳期間を過ごしましょう。

取材・文/ムトウハルコ

監修
天神尚子先生
三鷹レディースクリニック 院長
日本医科大学付属病院、同大学産婦人科を経て、2004年に現クリニックを開院。年齢によって異なる女性のライフステージを考慮した治療を行っています。2人の子育てをした経験からくるアドバイスは頼りになると評判です。

あなたにおすすめ

注目コラム