可愛いキャラ弁・デコ弁を簡単に作れるのりパンチ!おすすめ&人気のりパンチ・カットのり10選

コラム 公開日:2018/05/09
可愛いキャラ弁・デコ弁を簡単に作れるのりパンチ!おすすめ&人気のりパンチ・カットのり10選

子どもがとても喜ぶキャラ弁やデコ弁。作るときには大変ですが、それでも子どもが喜んでお弁当を食べてくれたらママも嬉しいですよね。今回は、そんなお弁当作りに使えるのりパンチやカットのりをご紹介します。先輩ママたちから、キャラ弁・デコ弁の作り方やコツも聞いてきました。

他のママはキャラ弁・デコ弁って作ってるの?作ったほうが良いのかな?

ママ達に聞いてみました。キャラ弁・デコ弁って作ってる?

「我が家の娘が通う幼稚園では、週に1度お弁当の日があります。そのときに簡単にできるキャラ弁を持たせています。女の子なので、キティちゃんやミニーちゃんなどのキャラクター弁当だと大喜び。作るのは、毎回大変です……」(4歳女の子ママ)

「幼稚園で毎日お弁当を作っていますが、うちの園はキャラ弁・デコ弁を禁止されています。一人が持ってくると、周囲のお友だちも羨ましがって収集が付かなくなるからだそう。正直、嫌いなものを“かわいい!”という気持ちで食べてくれるのであれば、キャラ弁・デコ弁は賛成ですが、確かにお弁当作りは大変なので、助かっている部分もあります」(2歳と5歳の男の子ママ)

「休日にお弁当を持ってピクニックに行くときなど、特別な日は楽しい気分を盛り上げるためにキャラ弁を頑張って作っています!毎日作るとなると大変だけど、この日だけと決めると作るのも苦ではありません。普段は偏食が激しい子どもたちも、キャラ弁を作った日だけは完食してくれますよ」(5歳男女双子ママ)

キャラ弁・デコ弁を作るママ、どうやって作ってるの?

「子どもがデコ弁を希望しますが、私はとても不器用なので、おにぎりにのりで作った顔のパーツをくっつけて、なんちゃってデコ弁を作っています。うさぎさんやぞうさんなどの動物なら作ることができるのですが、そのうちプリキュアなどの凝ったキャラ弁を作って!と言われると思うので、戦々恐々としています」(1歳と4歳女の子ママ)

「ごはんをラップに包み、硬めにおにぎりを作って形作り、のりや卵、ケチャップなどで顔のパーツを作ってキャラ弁を作ります。のりは以前全てはさみで自作していましたが、今はのりパンチを使っています。のりパンチは時短になるので、忙しいお弁当作りのシーンで大活躍しています!」(5歳と7歳の男の子ママ)

「共働き家庭なので、毎日お弁当をキャラ弁・デコ弁にすることはできません。子どもには、『あまり凝ったものはできないよ!』と断っておき、すでにカットされたのりを使用してキャラ弁を作っています。普通にお弁当を作り、キャラクターカットのりをおにぎりに使うだけ!楽にキャラ弁を作ることができますよ」(6歳の女の子ママ)

キャラ弁・デコ弁を簡単に作りたい!作る方法・グッズが知りたい!

キャラ弁やデコ弁は、その見た目のかわいさから子どもがとても喜んでくれますが、作るママのほうは大変!と思うことも多いですよね。

キャラ弁・デコ弁を簡単に作るには、便利グッズを上手に活用することがポイントです。お弁当作りに役立つ便利グッズをご紹介しましょう。

抜き型

離乳食作りや普段のご飯作り、クッキーなどのお菓子作りなど、活用する場面の多い抜き型。抜き型の中には、ハムやチーズを型抜きできるものもあるので、お弁当作りに使用することができます。

他にも、茹でたにんじんや薄焼き卵などにも、抜き型を使うことが可能です。簡単にかわいいお弁当ができるのでママから人気の便利グッズです。

モチーフピック

ピックは、茹でたうずらの卵やソーセージなどに挿すつまようじのようなもの。最近ではいろんなキャラクターやモチーフのついたピックが販売されているので、試してみてはいかがでしょうか。

ただ挿すだけなのにお弁当のかわいいデコレーションが叶うので、料理が苦手なママでも簡単に取り入れることができます。子どもがつまんで食べやすい、というメリットもあります。

のりパンチ、カットのりなど

お弁当をかわいくデコレーションしようと思ったときに、使いやすいのり。目や口などの顔のパーツや、お花や星といったモチーフの形にのりをカットできるのが「のりパンチ」です。すでにカットされているのりも便利に使うことができそうですよ。

のりパンチは、下記で詳しく紹介します!

次はママたちから聞いた、キャラ弁・デコ弁を簡単に作る方法、コツについて紹介します。

おにぎりはラップに包んでにぎるのが基本!

キャラ弁やデコ弁を作るとき、おにぎりを凝った形にすることが多いかもしれません。形を作るときは、ふんわりと握るよりもしっかり硬めに握って、形が崩れないようにしましょう。

たくさん手に触れると雑菌が増えやすくなるので、衛生面も考慮してラップに包んで握る方がよいそうです。

色を付けるとき組み合わせを考えて

キャラ弁で意図的に色を添えたいというときは、ピンクならでんぷん、黄色なら薄焼き卵などお弁当のおかずになりそうな食べ物をチョイスしましょう。

食材の組み合わせを考えず、見た目重視のキャラ弁・デコ弁を作ってしまうと風味を損なってしまいます。子どももおいしく食べられないので、気をつけておきましょう。

目と口をつけるだけで簡単に

どうしても不器用で、お弁当作りが苦手!というママは、お弁当のおかずになる食材に目と口をつけるだけのデコ弁を試してみましょう。例えばおにぎりにのりで作った顔のパーツを乗せるだけで、十分かわいいお弁当が目指せます。

のりパンチって何?

先ほどからお弁当の便利グッズとして登場している「のりパンチ」。

のりパンチは、のりに使えるパンチのことです。事務用のパンチと同様に、のりをパンチに挟んで押さえると、パチンと型抜きすることができます。

のりパンチには、文字や顔、動物の形や自動車、リボン、星など様々なモチーフのものがあります。自分で切るよりも素早くきれいに型抜きできるので、お弁当を作るママたちの強い味方になってくれます。

のりパンチの使い方が知りたい

のりパンチの使い方は簡単です。

パンチに食卓用のりや焼きのりなど、任意ののりをセットしましょう。そのあと、軽く押さえてのりをカットすればできあがりです。

のりはパリパリに乾いたものよりも、少ししっとりしていた方が切りやすいようです。使う前に空気になじませる時間を取ると、うまくカットできますよ。

のりパンチの種類は?

のりパンチには、どんな種類があるのでしょうか?

目や口など、顔のパーツ

のりパンチで顔のパーツを作ることができます。ハサミで切るとなると大変な小さな目や口なども、のりパンチを使って楽に作ってみましょう。

花や星、動物などのモチーフ

モチーフが作れるのりパンチもあります。型抜きしたあとののりもお弁当に使うことができるので、例えば花型ののりパンチを使うと、花柄のついたおにぎり、花型にくり抜かれたのり弁当を同時に作ることができるでしょう。

耳や足跡など、いろんなパーツ

動物の足跡や耳なども、のりパンチを使って作ることができますよ。

他にものりパンチには様々な種類のものがあります。商品によってのりの切れ味も異なり、便利に使えるようにおにぎり型とセットになっているタイプもあります。

のりパンチの選び方は?

のりパンチには、ひとつのパンチで様々なパーツを作ることができるものや、コンパクトなものなどがあります。収納場所に困っているママや手が小さいママは、このようなタイプののりパンチを選ぶと使いやすいかもしれません。

他にも、のりの種類を選ばず、比較的厚みのある焼きのりもすっきりと切ることができるのりパンチもあるようです。

ママが使いやすく、子どもが楽しくお弁当タイムをすごせるようなのりパンチを選んでみてくださいね。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で一名様に当たる!東芝「TORNEO V cordless(トルネオ ヴィ コードレス)」プレゼント 9月2日まで 詳細はこちら
注目コラム