妊婦ローションとは?いつから使う?選び方は?人気&おすすめアイテム10選

コラム
公開日:2018/06/01
更新日:2018/10/24
妊婦ローションとは?いつから使う?選び方は?人気&おすすめアイテム10選

妊娠した母体というのは、初期のころにはつわりや、抗えないほどの眠気に襲われたり、メンタルも不安定になるなど、心身ともに目まぐるしく変化していきます。なかでも、見た目に変化が著しいのはおなか周り。赤ちゃんの成長とともにおなかが大きくなってくると、人によっては「肉割れ」とも言われる「妊娠線」が出現することも。できてしまうと消えない、「妊娠線」のできるメカニズムや、予防法、妊娠線予防ローションも合わせてご紹介します。

妊娠線とはどういうもの?どうしてできる?

妊娠しておなかが大きくなるにつれ、おなかまわりの皮膚はどんどん引き伸ばされていきます。皮膚はいちばん外側から表皮、真皮、皮下組織と層状になっていて、表皮は伸びやすい反面、その下にある真皮や皮下組織は伸びにくい性質があります。したがって、おなかが急激に大きくなって、その伸びについていけなくなると、内側で亀裂が生じ、表面から見ると避けたような筋ができてしまうのです。それが「妊娠線」と呼ばれるものです。でき始めは赤っぽい色をしていますが、時間が経過するにつれ白っぽく変化していきます。

妊娠線はいつごろから?できる場所は?

妊娠線のできやすい時期は、体重が増え始める妊娠5ヶ月ごろ、おなかの赤ちゃんがぐんと成長する妊娠8か月ごろだと言われています。できやすい場所は、おなかまわりはもちろんですが、皮下脂肪が増えやすい太ももや二の腕、ヒップ、バストなども可能性が高く、太ももやヒップなどはとくに見えにくい場所でもあるため、油断は禁物です。

妊娠線の予防方法は?

この妊娠線、時間がたてば目立たなくなるのですが、実は完全に消えることはないという代物。できれば妊娠線、肉割れをつくらないようにしたいものです。妊娠線ができる2大要因は「乾燥」「皮下脂肪が多く皮膚が伸びにくい」こと。皮膚をしなやかに保ち、伸びやすくするためには「保湿」がまず大事です。そのためには妊娠線予防のクリームやオイル、ローションなどを使用して保湿ケアをすることと、急激に皮下脂肪をつけすぎないよう、体重コントロールにも気を配ることの2点が妊娠線予防の最大のポイントとなります。

あなたにおすすめ

注目コラム