おしりよければ産後ヨシ!★連載 第2回「安産しやすい体つくりは自分でできる!」

 専門家監修 公開日:2018/04/30
おしりよければ産後ヨシ!★連載 第2回「安産しやすい体つくりは自分でできる!」
監修
Naoko
骨盤矯正パーソナルトレーナー

気になる産後のボディメイクは、妊娠中から準備を始めませんか? 妊娠中に筋力トレーニングすることは、産後のスタイルアップとともに安産にもつながります。特に骨盤周り、つまり「おしり」の筋力を鍛えることで、体は確実に変わるのです! 

安産のためにも、おなかの赤ちゃんを元気に育てるためにも、そして産後のスムーズな回復のためにも、体力づくりをしましょう。そのためには、まず下半身。特に土台となるおしりから強化するのが近道。今回は、その理由からお伝えしていきます。

★「おしりリセットダイエット」ここがすごい!★
「おしりリセットダイエット」は、おしりの筋力をアップすることでスルッとやせることを提唱し、8000人以上の女性が経験。1日3つのエクササイズを続けるだけで4週間後には確実に成果を出していくトレーニング方法です。単に体形をスッキリ変えるだけでなく、気持ちも前向きに明るくなる秘訣が詰まっています。

下半身を強化しよう!まずは、お尻の筋力アップから

女性の体の機能は、妊娠するとすべてがおなかの赤ちゃんを優先するようにと大きく変化します。でも、それとは別に、安産できる体は、自分で作っていかないと、自然に変化していくわけではありません。これはむずかいしことではなくて、ママ自身の努力次第でどうにでもできる、ということでもあるのです。

体力づくりとは、筋力をきたえること。そのなかでも、おしりの筋肉をきたえることは、とても効率がよく、理にかなっていると言えます。おしりから太ももにかけてのの筋肉は、体の中でも特に大きい筋肉だからなのです。

大きい筋肉を鍛えると、血行がよくなり、基礎代謝が上がります。妊娠中と出産直後は、赤ちゃんの健康のためにいわゆるダイエットはNGですが、この部分を鍛えることは、太りすぎないことや健康維持につながります。そして、産後の体形戻しには大活躍するのです。

おしりから足全体を動かす大殿筋(だいでんきん)、背骨と腸骨をつなぐ腸腰筋(ちょうようきん)、体幹を下から支える骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)といった下半身の筋肉たちは、赤ちゃんが入っている子宮を外側から支えて守る筋肉でもあります。この部分を鍛えることで、「安産筋」も同時に獲得していきましょう。

こうしたおしり周りの筋肉がしっかりすると、足の動きが安定し、少しの力でしなやかに大きく動かすことができるようになります。少しの力で大きく動かせる体は、疲れにくい体ということ。あまり疲れずにたくさん歩けるということは、行動できる範囲が広くなるということでもあります。お産の時には、しっかり赤ちゃんを娩出する力を使っても、体力を消耗しすぎない体でもあり、産後元気に育児をスタートできるのです。

妊娠中のおしり筋アップには、こんなメリットがある!

おしり筋を鍛えることは、産後の体形戻しだけがメリットではありません。妊娠中から、産後直後も、体を楽に動かせることでの「いいこと」がいっぱいです。

・体重が急激に増えすぎることを予防して、健康な妊娠生活をキープできる

・血圧が上がりやすい妊娠中の心肺機能を向上させる

・手足のむくみ改善、予防

・便秘予防

・気分転換して、メンタルストレスを軽くし、前向きな気持ちになる

・腰痛や肩こりといった筋肉のこわばりを軽減

・いい陣痛を呼び込むことで分娩時間を短縮する

・筋力と柔軟性を同時に着けることで、産後の体を早回復できる

出典 :おしりリセットダイエット※情報は掲載時のものです

監修
Naoko
骨盤矯正パーソナルトレーナー
整体トレーニングルーム&スクール・ナオコボディワークス主宰。6年間で累計8000人以上のママたちをきれいな体に導いてきた、産後ケアのスペシャリスト。独身時代から自分自身の体のさまざまなトラブルに悩んできたが、第1子出産後、自身のメンテナンスのためにヨガ・整体・ピラティスを始めた。いまや「予約のとれないパーソナルトレーナー」として大活躍中。
http://www.naokobodyworks.com/

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
注目コラム