赤ちゃんの肌着にベビーロンパースがおすすめ!人気14選&選び方!

コラム
公開日:2018/04/23
更新日:2019/03/07
赤ちゃんの肌着にベビーロンパースがおすすめ!人気14選&選び方!

短肌着やコンビ肌着を卒業した後、どのような肌着を赤ちゃんに着せたらいいのか悩んでいませんか。おすすめのアイテムは、ベビーロンパース。肌着としてだけではなく、夏場は1枚で着せたり、肌寒ければカーディガンを重ねて調節したりと、ウエアとしても活躍してくれる優秀なアイテムです。ここでは、そんなベビーロンパースの選び方のポイントや先輩ママの体験談を紹介。おすすめの人気商品14選も、参考にしてみてくださいね。

ベビーロンパースを使ったママの体験談を聞いてみよう

「2wayオールを卒業してからは、肌着をロンパースに。2歳頃まで使いました。2歳を過ぎてからは、パジャマの下の肌着としてロンパースを着せています。寝ているときもよく動きパジャマがめくれますが、おなかが出ないのはロンパースのおかげ。サイズが合ううちは、寝るときはロンパースの予定です。」

「コンビ肌着とは違い、ひもがほどけることもなく使い勝手がいいので、前開きのロンパースを3ヶ月頃から使っていました。おむつ替えも、股下のスナップを外すだけでいいので楽でした。」

「夏にロンパースが大活躍しました。部屋で過ごすときは、半袖ロンパースだけ。外出するときは、半袖ロンパースにズボンやスカートを合わせました。汗をかいても、ロンパースを着替えさせるだけでいいので、荷物も洗濯も少なくて助かりました。」

「肌着として着せるときは、無地のロンパースを選ぶようにしていました。無地ならTシャツなど薄い素材のトップスでも、柄が透けることがありません。洋服として着せるロンパースは、重ね着風になっているものや、柄がついたものを。ズボンを合わせるだけでコーデが完成するので、とても便利でしたよ。」

「2歳まではロンパースを着せていました。トイトレを始めると、ロンパースの下が便器の中に入って濡れるように。肌着だけ着替えさせるのが大変になり、ロンパースを卒業しました。」

「3歳前から一人で着替えができるようになってきました。赤ちゃんの頃は愛用していたロンパースですが、股下スナップが自分では留めにくく、普通の肌着に変更。たまにおなかが出てますが、自分で肌着をしまえるようになったので問題ありません。」

肌着として使っているママも、洋服として使っているママもいるようですね。ロンパースは、2~3歳頃まで愛用できるようです。おなかが出ないロンパースは、よく動く赤ちゃんにぴったりのアイテム。無地や柄があるもの、シンプルなものやフリルがついたものなど、ロンパースの種類は豊富なので、いろいろなシーンで活躍しそうですね。

海外セレブも注目!オシャレなベビーグッズのセレクトショップはこちら

ベビー&キッズのセレクトショップ

ベビーロンパースについて知りたい!

ロンパースって何?

ベビーロンパースとは、上下が繋がった赤ちゃん用の服のことで、足全体が出るデザインになっています。股下でスナップボタンを留める仕様のものが多く、ボディースーツと記載されている場合も。オーバーオールのように胸当てがついているもの、肩紐がついているボトムで足が出るタイプもロンパースに含まれます。

ベビーロンパースとカバーオールの違いって何?

ベビーロンパースと似た服にカバーオールがありますが、違いは明確には定義されていません。一般的に、ベビーロンパースはズボンの丈がないもの、カバーオールは丈があるものを指します。ロンパースは肌着に使われていることも多く、カバーオールは洋服として着るものがほとんどです。

カバーオールについては以下の記事も参考にしてみてくださいね。

カバーオールの選び方とおすすめ人気商品

ベビーロンパースって必要なの?

赤ちゃんは動いているうちにおなかが出てくることがありますが、ロンパースを着せていればおなかが出てしまう心配がありません。赤ちゃんが寒い思いをしたり、冷えでおなかを下したりしないためにも、ベビーロンパースは必要なアイテム。上下分かれたセパレートの洋服を着られるようになっても、肌着はしばらくロンパースにしてあげると安心ですよ。

ベビーロンパースはいつからいつまで、何枚くらい必要?

短肌着やコンビ肌着を卒業したらベビーロンパースの出番。いつからいつまで使えるのか気になりますよね。ベビーロンパースのサイズ展開は、生後3ヶ月頃から2歳半頃まで。赤ちゃんの成長に合わせて、ロンパースの種類を変えるといいですよ。

ベビーロンパースを何枚くらい用意すればいいのかも悩みますよね。肌着として用意するロンパースなら、季節によって用意する枚数も違います。汗をよくかく夏場は、着替え用として多めに用意。5~6枚あると洗い替えも安心でしょう。春や秋冬は、こまめに洗濯すれば3~4枚くらいで十分ですよ。

ベビーロンパースの種類は何があるの?

ベビーロンパースの種類は、肌着用なのか洋服用なのかで分けることができます。また、袖の長さと前開きかどうかで分けることも。

肌着用or洋服用

肌着用に作られているベビーロンパースは、柔らかい素材など赤ちゃんの肌を配慮して作られています。生地の厚さも季節に合わせていろいろ。洋服用では、襟が付いていたり柄が華やかだったりするものなど、種類もたくさんあります。もちろん、肌着と洋服に兼用できるアイテムも多数あります。

袖の長さ

タンクトップ・半袖・長袖などのアイテムが揃っています。季節に合わせて選びましょう。

前開きor頭から被る

月齢が低い子向けの前開きタイプのものと、首がすわってきたら便利な頭から被るタイプのロンパースがあります。

ベビーロンパースの選び方が知りたい

赤ちゃんの肌に直接触れる肌着には、安全なものを使いたいですよね。ベビーロンパースの選び方のポイントは、生地の素材・季節・デザイン・首が座っているかどうかです。

生地の素材

月齢が低い赤ちゃんは肌がデリケートなため、コットン100%のものが多くなっています。より肌への優しさにこだわるのであれば、オーガニックコットンのロンパースもおすすめ。中には、ストレッチ性を重視してコットンにポリウレタンを混紡したもの、ポリエステル混紡で耐久性を増したロンパースなどもありますので、何を重視したいかで素材をチェックするとよいでしょう。

季節

夏には天竺素材やガーゼ、冬にはスムースなど厚手の生地がおすすめ。フライスやパイル地は、オールシーズン活躍してくれます。季節に合った素材を選ぶことで、赤ちゃんも快適に過ごせますよ。

季節にぴったりの素材については、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

赤ちゃん肌着のおすすめと選び方

デザイン

洋服として着せる場合は、デザインにもこだわりましょう。車などのかっこいい男の子のものや、フリルが付いた女の子向けのロンパースもありますよ。

首がすわっているか

首がすわる前の赤ちゃんには、前開きタイプを選びましょう。寝転んだまま着せられるので便利です。座れるようになったら、頭から被るタイプのものが重宝します。

その他にも、ボタンがおなかに当たって冷たくないように、前開きのボタンは金属などのものは避けてあげるといいですよ。

ベビーロンパースの着せ方が知りたい

前開きタイプと頭から被るタイプに分けて、ベビーロンパースの着せ方を紹介します。

前開きタイプ

前開きタイプは、はじめにボタンを外して下に敷いておきましょう。その上に赤ちゃんを寝かせてボタンを留めます。コンビ肌着などを着せるのと同じ要領ですね。

頭から被るタイプ

頭から被るタイプは、赤ちゃんを座らせた状態で着せるとラク。頭からすっぽり被せたら、寝かせるか立たせて股のボタンを留めましょう。



あなたにおすすめ

お子さんを持つママの実績に!詳しくはこちら
注目コラム