子どもも大人も楽しく遊べる!人生ゲームやその他のボードゲーム人気おすすめ8選

コラム 公開日:2018/04/12
子どもも大人も楽しく遊べる!人生ゲームやその他のボードゲーム人気おすすめ8選

数あるボードゲームの中でも、日本におけるパイオニア的存在と言えば「人生ゲーム」。発売から半世紀を迎えるロングラン商品です。子どもの頃、家族や友達と人生ゲームで楽しく遊んだ記憶のあるママも多いのでは?今回は、そんな人生ゲームについて、販売元のタカラトミーに詳しく取材しました。

ママたちに人生ゲームについてインタビュー!

人生ゲームや、そのほかのボードゲームを実際に使ってみた感想を聞きました。

人生ゲームでコミュニケーション!

「実家が遠方なため、帰省はお盆やお正月などの年に数回しかありません。人見知りな子どもたちは、たまにしか会わない祖父母に毎回戸惑うのですが、そんなとき役立つのが人生ゲーム!みんなで顔をつき合わせてワイワイ盛り上がるうちに、すっかり打ち解けています」(30代後半ママ)

人生ゲームで社会勉強!

「地域の児童館で子どもが遊んでハマったらしく、クリスマスプレゼントにおねだりしてきました。楽しむだけのおもちゃではなく、お金を稼ぐ楽しさを知ったり、未知の職業に出会ったりして、人生ゲームのおかげで子どもが社会に興味を持った様子です」(30代前半ママ)

ボードゲームで成長!

「おもちゃの取り合いで兄弟ゲンカが絶えなかったので、いっしょに遊べるボードゲームを買いました。ゴールの早さでなく過程が大事であり、運次第で結果が決まる公平なルールであることがポイント。ゲームのおかげで、兄弟で遊ぶ楽しさや我慢することを知ったようです」(20代後半ママ)

人生ゲームとは?~コンセプト、歴史、開発秘話、展望~

人生ゲームとは、国民的に人気のあるボードゲームのこと。ルーレットで出た数のマス目を進みながら、人生におけるイベントを疑似体験し、資金を増やしながらゴールを目指します。今回は発売元のタカラトミー・ ゲーム事業部 トイゲーム企画課の池田さんに取材をしました。

人生ゲームのコンセプトは?

人生ゲームは、「勝ち負けではなく、どう生きたかという過程に楽しさがある」をコンセプトにしたゲームです。コマとマス目があるので一見すごろくのようですが、サイコロではなくルーレットを回してゲームを進めます。また、ゴールした順番ではなく、最終的にいくらお金を稼げたかや、どれくらい充実した人生を送れたかで勝負が付くゲームです。変化を続ける人生ゲームの変わらないことは、「大人と子どもが対等に遊べること。みんなで集まってワイワイ楽しんでもらいたい」という思い。ここに、ロングラン商品たるゆえんがあるのかもしれません。

人生ゲームの歴史が知りたい!

人生ゲームは、1968年に国内で初めて発売されました。アメリカで生まれた「The Game of Life」のマス目をそのまま日本語に直訳して作られています。これまでに発表されたシリーズは全61作品で、累計販売は1,500万個以上!ファミリー層を中心に何世代にもわたって愛され、人生ゲームは2018年で発売50周年を迎えています。

記念イベントとして、2018年3月に東京で「人生ゲーム50周年事業発表会」が開かれました。会場には人生ゲーム全作品のほか、歴代の販促物も展示。豪華な蒔絵をほどこした50周年シンボル作品の「輪島塗人生ゲーム(非売品)」、盲学校と共同で研究・開発した「ユニバーサルデザイン人生ゲーム」なども、来場者の注目を集めました。

人生ゲームの開発秘話と展望を教えて!

開発するうえで気を付けているのは「今だけの瞬間風速的なトレンドを入れないこと」。つまり、人生ゲームで長く遊んでもらえるよう、1年後に忘れられそうな内容は入れないようにしているのです。今はトレンドでも、今後はそれがスタンダードになっていくような内容を選りすぐっています。

今後の展開としても、大きくルールを変える予定はないとのこと。大人になっても、子どもの頃遊んだものと基本的に違和感がないようにすることで、人生ゲームの楽しさがまた次の世代に伝わり、結果ロングセラーとして人気を集めているのです。

人生ゲームの遊び方は?

人生ゲームの基本的なゲームの流れをご説明します。いろいろな種類があり、それぞれの内容は若干異なるようです。

ゲームの流れ

順番にルーレットを回しながら出た目だけマスを進みます。自動車型のコマに人型のピンを刺して使いますが、結婚や出産によってピンが増えることも。スタート地点で各プレイヤーへ均等に配られる資金を元手に、各マスの指示に従ったりイベントに挑戦したりしながら、資金を増やすように励みます。マスの指示やイベント内容には、就職・ランクアップ・転職・結婚・マイホーム購入などがあり、運次第で良くも悪くも大きく形勢が逆転するようです。最終的に、資金をもっとも多く持っている人が勝者となり、2番目以降の順位も所持金額で決まります。

子どもはいつから人生ゲームで遊べるの?

人生ゲームの対象年齢は6歳以上が多いようです。タカラトミーによると「人生ゲームの対象年齢は社内の基準に従っていて、ゲーム内容やマス目の文言は子どもでもわかりやすいように常に心がけています」とのこと。

また、小さな子どもでも読めるよう、人生ゲームではマス目を含むすべての文字にルビが振られています。文字は読めなくても言葉やゲームのルールが理解できるのであれば、大人や年上の子どもが補助に付いてあげるといっしょに遊べるかもしれませんね。

加えて、大人と子どもで対等にゲームができるよう、ルーレットの運だけでゲームが進む仕組みで、複雑なルールや戦略性をあえて入れないようにしています。勝敗よりも、ゲーム途中のコミュニケーションを楽しんでもらう事を重視したゲーム作りが行われているのです。

人生ゲームの子どもへの知育効果ってあるの?

人生ゲームの知育効果として、「疑似体験」を通して子どもが実際の社会で必要な素地を養えることが挙げられます。たとえば、お金のやり取りをすることで経済観念を、ルールや順番を守ってゲームをすることで正しい行いや我慢することを学べるでしょう。新しい言葉や未知の職業を知る機会もあるので、子どもの知的好奇心をかき立てる仕組みもあるようです。

子どもでも楽しめる人気おすすめ人生ゲーム4選

人生ゲームでおすすめの4商品をご紹介します。

人生ゲームタイムスリップ

画像提供:タカラトミー

公式オンラインサイトはこちら

日本発売50周年を記念して企画された人生ゲーム。“ニッポンの50年”を人生ゲームで振り返りながら、家族3世代みんなでワイワイ楽しめる内容です。“未来ステージ”を接続するとさらに未来の50年が追加され、合わせて100年を旅する壮大な人生ゲームへと変化。また、それぞれの時代を象徴する建物が実名で立体になって盤面に置かれています。なんと建設中(2018年3月現在)の新国立競技場がどこよりも早く完成した姿で登場!すべての人が楽しめる、まさに50周年の集大成的な人生ゲームです。
パッケージサイズ:W504×H297×D55mm
対象年齢:6歳~

人生ゲーム(7代目)

画像提供:タカラトミー

公式オンラインサイトはこちら

初代から数えて7代目となる、スタンダード版の人生ゲーム。4つの追加エリアを組み合わせることで、16通りの人生を楽しむことができます。スタンダード版の後継ということで、歴代の人生ゲームをプレイしていた人も違和感なく楽しめる、全世代の方に向けた内容になっています。
パッケージサイズ:W504×H297×D75mm
対象年齢:6歳~

人生ゲームMOVE!(ムーブ)

画像提供:タカラトミー

公式オンラインサイトはこちら

ルーレットで初の“歯車(ギヤ)”を搭載した人生ゲーム。連動した4つの歯車は、ほかのプレイヤーが回したときにも結婚・就職・マス目へ影響します。他人に人生を変えられたり自分が他人の人生を変えたり、ちょっとしたことで人生が様変わりする……という世の中でリアルに起こりうることを、ギヤという新ギミックを使い、人生ゲームで再現しています。
パッケージサイズ:W504×H297×D75mm
対象年齢:6歳~

人生ゲームDD(ダイナミックドリーム)

画像提供:タカラトミー

公式オンラインサイトはこちら

「超ウハウハ!」状態になるような、夢山盛りの人生ゲーム。盤のサイズが1.5倍で、超ビックなマウンテンコースが付属するなど、とにかくボリュームのある内容です。「せめてゲームの中だけでもゴージャスな体験をしてほしい」というメーカーの思いが伝わるような、見た目も内容もボリューミーでゴージャスな仕様です。
パッケージサイズ:W504×H297×D75mm
対象年齢:6歳~

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
注目コラム