【妊娠23週3日/予定日まで116日】おなかの張りには敏感に 気温差がある場所への出入りには注意

【妊娠23週3日/予定日まで116日】おなかの張りには敏感に 気温差がある場所への出入りには注意

連載 2人で読む【妊娠中期】 安心マタニティ

ママのおなかが張っているとき、子宮が収縮して、酸素を届けている胎盤からの血流が減ってしまい、赤ちゃんは空気の薄い所にいるような感じで、少しだけ苦しいと感じています。気温差はおなかの張りを誘発します。冷房が効いた店内に入るとき、寒い屋外に出るときなど注意が必要です。


【赤ちゃん】おなかの張りは、空気が薄いところにいるような感じ

最近、ママのおなかがよく張るようになると、ときどき、少しだけ苦しいなと感じたりしています。おなかが張るのは子宮が収縮して、胎盤からの血流がその間減ってしまうこと。酸素が届かないと、空気が薄いところにいるような感じになっているはずです。

【ママ】気温差など、急な変化はおなかの張りを誘発

気温差は、おなかの張りを誘発します。急に寒いところに入ったり、逆に暑いところに入ったときには急激に子宮が収縮します。気温差が5度以上ある場所を出入りするときは特に、注意しましょう。冷房が効いた店内に入るとき、寒い屋外に出るとき、うまく重ね着したり、マフラーやストールなどの防寒具を使って、じょうずに体温コントロールしてください。妊娠中は、何かにつけ、急な変化がよくありません。急に冷えること・急に体重がふえること・急に生活を変えること、こうしたことに注意しましょう。


この連載について

安定期に入る妊娠中期の週ごとのアドバイス。1つずつ読むごとに、そのときの赤ちゃんの様子、ママの生活上の注意点などが少しずつ理解できます。赤ちゃんの成長を実感して、自然とママになる心の準備も整うはず。35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイス!

最新の記事

【妊娠27週6日/予定日まで85日】影響します! ママの「夜ふかし」と「生活リズム」

【妊娠27週5日/予定日まで86日】大脳がますます複雑化、完成に近づいています

【妊娠27週4日/予定日まで87日】誕生までのお楽しみ? 性別を見せてくれないことも

監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

出典 :First Pre-mo(ファーストプレモ)2017年春夏号 ※情報は掲載時のものです

クリップ

あなたにおすすめ

注目コラム