【妊娠23週1日/予定日まで118日】胎動が強く感じられ、毎日赤ちゃんを実感できます

【妊娠23週1日/予定日まで118日】胎動が強く感じられ、毎日赤ちゃんを実感できます

連載 2人で読む【妊娠中期】 安心マタニティ

赤ちゃんが成長し、ママの子宮の中が狭くなってきました。そのためいつも体のどこかが卵膜に密着しているので、それがママに伝わり力強い胎動を感じられるでしょう。特に活動的に過ごしている日中より、静かにしている夜のほうが胎動を感じやすいようです。


【赤ちゃん】いつも体のどこかが卵膜に密着

だいぶ子宮の中が狭くなってきました。羊水もまだふえ続けていますが、もうそんなにクルクルと自在に動き回るにはすき間がなくなってきます。こうなってくると、体のどこかがいつも、卵膜に密着している状態になります。その感じがママに伝わって、胎動も力強いものになってきます。

【ママ】胎動に気づいたら、声をかけ、おなかをなでてあげましょう

ほんとうにおなかに赤ちゃんがいるのかどうか、不安だった妊娠初期のころがうそのように、今はきっと、毎日赤ちゃんといっしょ!ということを、胎動で感じることができますね。ときどき静かになるのは眠っている時間かもしれません。夜のほうが赤ちゃんの動きをたくさん感じるというママも多いでしょう。日中はママ自身が活動的に過ごしているため、小さい胎動にはあまり気づかなくて、静かにしている夜のほうが感じるということもあるからです。胎動に気づいたら、声をかけながら、おなかをなでてあげましょう。


この連載について

安定期に入る妊娠中期の週ごとのアドバイス。1つずつ読むごとに、そのときの赤ちゃんの様子、ママの生活上の注意点などが少しずつ理解できます。赤ちゃんの成長を実感して、自然とママになる心の準備も整うはず。35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイス!

最新の記事

【妊娠27週6日/予定日まで85日】影響します! ママの「夜ふかし」と「生活リズム」

【妊娠27週5日/予定日まで86日】大脳がますます複雑化、完成に近づいています

【妊娠27週4日/予定日まで87日】誕生までのお楽しみ? 性別を見せてくれないことも

監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

出典 :First Pre-mo(ファーストプレモ)2017年春夏号 ※情報は掲載時のものです

クリップ

あなたにおすすめ

注目コラム