ベビーベッドって必要?レンタルのメリット・料金・期間の目安とおすすめショップ5選

コラム 公開日:2018/03/12
ベビーベッドって必要?レンタルのメリット・料金・期間の目安とおすすめショップ5選

ベビーベッドを準備した方がいいのか悩んでいるプレママもいるのではないでしょうか。そんな人におすすめなのがレンタルする方法です。赤ちゃんが成長すれば返却できるので、処分にも困ることなくスペースを有効活用できます。レンタルする期間によっては、ベビーベッドを購入するよりもお得!ベビーベッドがレンタルできるおすすめのサイトも紹介します。

実際にベビーベッドをレンタルしたママの体験談

「上の子どもが2歳とまだ小さいので、ベビーベッドをレンタルして正解でした。柵で赤ちゃんが守られていて、安心して家事をすることができましたよ。ハイハイできるようになったら、上の子も一緒に遊んでくれるようになったので、返却しました。」

「添い寝は赤ちゃんの突然死の可能性があると聞き、ベビーベッドをレンタルで準備しました。赤ちゃんの安全のために用意しておいてよかったと思います。小型タイプを選んだので、せまい寝室にも置けました。」

「ズリバイをしはじめたときに、寝かせるのに安全で助かりました。大人のベッドでは昼寝時など目を離したすきに落ちる心配がありますが、ベビーベッドのおかげで安心でした。必要がなくなったら返却できるのも、赤ちゃんのスペースを確保するのに助かりました。」

ベビーベッドがあることで安心できたママが多いようですね。上の子どもやペットがいる場合は、ベビーベッドを用意しておいた方がよいかもしれません。赤ちゃんの成長に合わせて返却できるのが、レンタルの魅力です。はじめから長い期間レンタルせずに短い期間にしておいて、赤ちゃんがベッドでよく眠ってくれるようなら延長するのが、賢いレンタル方法かもしれませんね。

ベビーベッドはレンタルした方がいいの?

赤ちゃんを迎えるにあたって準備する物のうち、一番大きいアイテムがベビーベッド。本当に必要なのか、悩む人も多いようです。購入したもののやっぱり使わなかった場合、収納場所にも困りますよね。ベビーベッドを使うか使わないか判断に困っているなら、レンタルしてみるのがおすすめ。里帰り出産での帰省先で使用する場合にも、ベビーベッドのレンタルは人気があります。

ベビーベッドレンタルのメリットは?

ベビーベッドをレンタルするメリットは、主に3つあります。

返却できる

赤ちゃんがベビーベッドで寝てくれない、大きくなったので添い寝に変更するなど、ベビーベッドを使用しなくなったときに返却することができます。意外と場所をとるベビーベッドは、たたんでも収納に困りますが、レンタルならその心配がありません。

コストを抑えられる

ベビーベッドを購入しようと思うと、1万円~4万円ほどかかります。中には、10万円を超える商品も!金額のわりに、数ヵ月しか使わなかったという先輩ママの声もありました。レンタルなら使いたい期間だけ使用でき、コストを抑えられます。

家庭に合ったサイズ・タイプが選べる

ベビーベッドには、90×60㎝のミニサイズや120×170㎝の標準サイズなどがあり、ベビーベッドの高さなどもそれぞれ異なります。主に扉が手前に開くタイプとスライド式で開閉するものとがあり、柵がネット状になっているものやコンパクトにたためるベビーベッドも人気。レンタルなら、赤ちゃんがまだ小さく、おむつ替えが頻回なうちはハイタイプのミニサイズを選び、大きくなってきたら標準サイズベッドに変更するなど、使い分けることができるのも魅力です。

ベビーベッドのレンタルってどこで出来るの?

ベビーベッドのレンタルは、店舗で直接、またはインターネットサイトで行うことができます。「直接製品を確認したい」「宅配の送料を抑えたい」という場合は、店舗でのレンタルがおすすめです。一方、「自宅まで運んでほしい」「たくさんの製品から選びたい」という場合は、サイトを利用するとよいでしょう。

店舗が近くにあるのか、レンタルしたいサイトの対象エリアなのか、といったことの確認も大切です。

ベビーベッドのレンタル期間は?いつからいつまで?

ベビーベッドの使用期間は一般的に2歳までとなっていますが、2歳まで使うママは少ないようです。実際には、産院を退院してから、赤ちゃんがつかまり立ちをできるようになるころまで。つかまり立ちの目安は生後8~11ヶ月頃ですが、もちろん個人差はあります。

レンタル開始はいつからがよいかというと、予定日の1~2週間前からがよいでしょう。予定日より早く産まれることも考えられるので、前もって準備しておくと安心です。予定日前の期間は、レンタル料が無料というサービスがあるところもありますよ。早期返却しても返金はなく、延長対応はしてくれるレンタルサイトがほとんどなので、まずは1~2ヶ月間レンタルして後で延長するのがおすすめです。

ベビーベッドレンタルの料金の目安が知りたい

レンタルの方がお得って聞くけど、実際どれくらいの費用がかかるのか気になりますよね。最後にレンタルのおすすめサイトを紹介しますが、1ヶ月のレンタル料金は、2,000円~15,000円くらいとさまざまです。およそ5~7千円はかかると考えておくとよいでしょう。荷受けは、店舗に取りに行く・自宅や実家まで配送してもらうなどを選べることが多いようです。すでに送料込みの価格のところ、別途送料がかかるところ、直接持ってきてくれ組立設置もしてくれるところなどがあり、送料を含めて検討することが大切です。

レンタルする方法が知りたい

レンタルする方法は次のようにするといいでしょう。

1.気になるサイトからレンタルしたいベビーベッドを1つリストアップ

2.配送料も含めて価格などを複数のサイトで比較

安さだけでなく、性能やサイズもしっかりチェックしましょう。

3.商品が決定したら、予約

受付方法は、電話の場合とネットの場合があります。

4.受取方法を選択・支払い

店舗に直接受取にいく場合や、お店独自の配送手段、宅配便などがあります。

5.使用しなくなったら、返却

返却しなければ自動的に延長されるところもあります。レンタル期間をチェックして、期日までに連絡するのを忘れないように!

ベビーベッドをレンタルするときの注意点はなに?

レンタルするときの注意点を知っておけば、ベビーベッドが届いたらすぐ、安全に使用することができます。

設置場所のサイズを測る

実際にベビーベッドを置こうと考えている場所のサイズを測定しておきましょう。スペースがあるなら大きいサイズのベビーベッドでもよいのですが、狭ければ小型のベビーベッドを探さなければなりません。「いざ届いたら入らなかった」では、出産前に大慌てすることになってしまいますよ。

使用前に、損傷などを確認する

使う前に、損傷などを必ず確認しましょう。汚れがひどかったり、赤ちゃんを寝かせるには不安なほどの損傷があったりする場合は、すぐに連絡して交換してもらわなければなりませんよね。使用後は返金してもらえないこともあるので、はじめにチェックすることが大切です。

その他レンタルでおすすめのベビー用品は?

使用期間が限られるベビー用品の中には、ベビーベッド以外にもレンタルする方がおすすめのものがいくつかあります。

チャイルドシート

里帰り先で使用するのに、レンタルするママが多いようです。出産後すぐの退院時に必要になることが多いので、早めにレンタルしておきましょう。

ベビースケール

新生児のうちは授乳が十分できているかどうか知るためにも、赤ちゃんの体重測定がかかせません。細かいスケールで測れるベビースケールは、使用期間も短いのでレンタルが人気です。

お宮参り衣装

最近は、写真屋さんで撮影すればお宮参りの衣装もレンタルできることが多くなりました。しかし「返却時間のために家族でゆっくりできない」「写真撮影の日にそのままお参りになって、午前参拝ができない」なんてことも。少し余裕をみてレンタルしておけば、ゆっくりお参りができて赤ちゃんの負担も少なくてすみますよ。

ベビーベッドをレンタルしたときに起きやすいトラブルは?

壊してしまった・汚してしまった

ベビーベッドは赤ちゃんを寝かせるものなので、乱暴に扱うことは少なく壊れることはほとんどないようですが、起こりうることではあります。また、上の子が落書きしてしまったりはがれにくいシールを貼ってしまった等で、汚れてしまうことも。損傷したり汚してしまったときにどのような対応になるのか、事前に確認しておくと安心です。

やっぱりキャンセルしたい

ベビーベッドの予約は、レンタル日の1週間~1ヶ月前からできることがほとんどです。予約をしたあとに、おさがりがもらえることになったなどの理由で、キャンセルすることも考えられます。キャンセル料が必要か、必要ならいつからどれくらいかかるのかを確認しておきましょう。

ベビーベッドレンタルのおすすめサイト5選

ベビーベッドレンタルを検索してもたくさんのサイトがヒットして、どこにすればいいのか悩みますよね。ここではおすすめのレンタルサービスを5つ厳選して紹介します。地域によっては自社便でのお得な配送を利用できることもあるので、配送方法もチェックしましょう。

1.かしてネッと

かしてネッと ホームページ

「かしてネッと」は、ダスキンが運営しているレンタルサービスです。24時間いつでも好きなときに、商品を検索してレンタルの申し込みができます。ベビー用品のレンタルは、オゾンの霧を使い悪臭を分解・脱臭。除菌もして清潔な状態で次の使用者へ貸し出されます。徹底的にクリーンなレンタルシステムは、さすがダスキンですね。(※商品によってはオゾン処理ができないものがあります。)

人気の「サークルベッド・ベーシック」では、基本料金(1ヶ月分)が1,836円となっています。(※4/10以降の予約分より2,052円に変更されます。)
9泊10日までなら10%OFF、3ヶ月以上の契約なら契約期間に合わせて最大で40%の割引もあり、お得にレンタル可能。受け取り方法は店舗受取や宅配、店舗スタッフによる配達が可能ですが、各店舗で異なるので事前に確認しておきましょう。

2.ナイスベビー

ナイスベビー ホームページ

国産のレンタルベビーベッドを多数揃えている「ナイスベビー」。無印良品のベビーベッドのレンタルを取り扱っているのもうれしいポイントですね。レンタルと購入を組み合わせる「借りて」+「買って」プランがあり、ベビーベッドを3ヶ月以上レンタルすると、ベビー布団セットをお得に購入できるという特典も。

写真の「すやすや ナチュラル(小型)」は、1ヶ月7,560円でレンタル可能です。5,400円で利用できる新品指定のオプションも。配送には、ナイスベビー便と佐川急便を選ぶことができます。千葉・東京・神奈川・埼玉の各地域で決まった曜日に、営業スタッフが組立設置まで行ってくれるナイスベビー便は、妊婦さんにはうれしいサービス。配達日時を指定したい場合は、佐川急便を選択しましょう。

3.べびーあいらんど

べびーあいらんど ホームページ

ベビー用品のクリーニング業務も行なっている「べびーあいらんど」なら、プロの技術で清潔に保たれたベビーベッドをレンタルできます。最短15日からレンタルできるのも魅力的。特別な工具が必要なく、簡単に組み立てられるベッドを揃えているところもうれしいポイントです。

人気の「ツーオープン・ミニ ナチュラル」は、1ヶ月7,800円でレンタル可能です。べびーあいらんどでは、レンタル料に送料と回収料が含まれているのでお得(一部地域を除く)。赤ちゃんがベビーベッドですやすや寝てくれてもっと使いたくなったら、1ヶ月1,500円で延長できるのも助かります。配送は、ヤマト運輸または佐川急便です。

4.ベビーベッド レンタル専門店

ベビーベッド レンタル専門店 ホームページ

オリジナルのワンタッチベビーベッドをレンタルできるのが「ベビーベッド レンタル専門店」の魅力です。組み立てはわずか60秒と驚きの速さ!早期返却すると返金してくれるのも、もし使わなくなったときにうれしいですね。ベビーベッドの清掃には、99.9%水の強アルカリイオン電解水で除菌と消臭を行うので、安全・安心に使えます。

写真の「エルフ(標準サイズ・高さ標準)」は、1ヶ月15,010円(送料込)でレンタルできます。1泊2日の基本料金12,800円に、3~7日目まで1日につき250円、8日目以降は40円の追加料金といった計算方法になっているので、使いたい日数だけレンタルが可能!15時までの注文で1~2日後には届くのも、「やっぱりベビーベッドが必要!」となったときに助かりますよね。

5.ホクソンベビー

ホクソンベビー ホームページ

うれしい3つのサービスが魅力的な「ホクソンベビー」。サービス内容は、出産予定日前に商品を届けてくれて、その期間はレンタル料がかからないことと、1週間お試し使用ができることです。そしてベビーベッドレンタルで一番うれしいサービスが、組立設置をしてくれる(ホクソン便エリア)ことでしょう。

90×60㎝の「ツーオープンコンパクト」は、1ヶ月5,600円でレンタル可能です。コンパクトサイズは、里帰り出産の期間に使用するのにぴったりのサイズ。関東地域で利用できるホクソン便なら配送料をお得に利用できるので、対象エリアかどうかを確認しましょう。もう少し使いたいという場合は、1ヶ月1,200円で延長可能なのもうれしいですね。

文/大関杏奈

あわせて読みたい記事はこちら

ベビーベッドの選び方とおすすめ商品12選!人気の折りたたみ式やミニサイズも紹介
ベビーベッドの選び方とおすすめ商品12選!人気の折りたたみ式やミニサイズも紹介
1日の中でほとんどを寝て過ごす赤ちゃん。そんな赤ちゃんのために快適な空間を作ってあげたいですよね。そこで悩むのがベビーベッドの必要性です。ベビーベッドは出産準備品としても迷うもののひとつともいわれています。ベビーベッドは場所を取るため、購入する場合はどのタイミングで購入すれば良いのか、またどんな種類のものが人気なのでしょうか?今回はベビーベッドにまつわる基礎知識を徹底解説!さらにベビーベッドを機能別・種類別にまとめて紹介します。
記事を読む
ミニベビーベッドの人気おすすめ10選&サイズの選び方
ミニベビーベッドの人気おすすめ10選&サイズの選び方
赤ちゃんを迎えるにあたり、準備する育児用品の一つである「ベビーベッド」。 育児グッズの中でも大型サイズなので、実際に必要かどうか悩みますよね。先輩ママの意見は、必要と不要、半々でした。こうなると余計にどうしたら良いか考えてしまいませんか? そこで、通常のベビーベッドよりサイズが小さい「ミニベビーベッド」について詳しくご紹介します。
記事を読む
ベビーベッドガードは必要?種類と選び方&タイプ別の人気おすすめ13選
ベビーベッドガードは必要?種類と選び方&タイプ別の人気おすすめ13選
ねんねの時期はおとなしくベッドで寝ていた赤ちゃんも、成長にしたがって、グルンと寝返りをうったり、ベッドの中でずりばいを始めるようになってきます。眠っていると思って家事をしていたら、頭を打って泣き出すこともあり、ママは気が気ではありません。ベビーベッドガードは、ベッドの柵をカバーすることで、赤ちゃんのケガを予防するお役立ちアイテム。ここでは、ベビーベッドガードの種類や選び方のポイント、タイプ別のおすすめ商品を紹介します。我が家にベビーベッドガードが必要かどうかを見極めた上で、ぴったりのグッズを選んでくださいね。
記事を読む

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で二名様に当たる!エルゴベビー「ベビーキャリア ADAPT(アダプト)」プレゼント 9月30日まで 詳細はこちら
注目コラム