おくるみっていつからいつまで?巻き方とおすすめ商品15選を紹介

コラム
公開日:2018/03/07
更新日:2019/03/15
おくるみっていつからいつまで?巻き方とおすすめ商品15選を紹介

この記事では、おくるみについて先輩ママの体験談とともに、巻き方やいつからいつまで必要かといった情報、おすすめを厳選して15商品紹介します。はじめての赤ちゃん、産まれてきてくれるのが待ち遠しいですよね!出産までには、おむつやベビー服、ベビーカーなど準備しておかなければならない物がたくさんありますが、必要なのかどうか悩む物もたくさんあります。おくるみもそのひとつではないでしょうか。毎日のお世話が楽しくなるような1枚を見つけてくださいね。

実際におくるみを使った先輩ママの体験談を聞いてみよう!

おくるみを使って良かった点を教えてください!

「生まれたての赤ちゃんは、本当に柔らかく抱っこが安定しなかったのですが、おくるみを使えば、安定して抱っこしやすかったです。」

「出産した病院から退院時におくるみをもらいました。病院の玄関での記念撮影にも使えましたし、純白のおくるみは赤ちゃんを寝かせたまま写真撮影するときにも重宝しました。」

「夏場には日よけや冷房対策として、大判のおくるみが大活躍。わざわざ授乳ケープを持ち歩かなくても、おくるみで代用できて便利でした。」

「赤ちゃんをおくるみにくるんだまま布団に置き、寝かしつけによく使いました。おくるみを使う前は、置くときの振動で赤ちゃんが起きてしまっていたので、二人目からは最初から使おうと思います。」

「3ヶ月くらいまで、正方形のシンプルなおくるみを使いました。そのあとは、ひざ掛けや敷物として活用。首が座ったあとはおでかけが増えたので、ベビーカーに乗せやすいように足元が分かれているタイプを再度購入しました。」

どのようなタイプのおくるみを購入しましたか?

「6月生まれなので、ガーゼタイプのおくるみを購入しました。洗い替え用に2枚買って正解でした。外に出ると紫外線が強い時期だったので、日よけとしても重宝しました。」

「冬生まれだったので、室内用に厚めコットン素材のおくるみと、外出用のボア素材のおくるみを購入しました。寝返りをするようになった春以降は使用しなくなったので、薄手の物を買い足す必要はありませんでした。」

おくるみとは?

 おくるみとは、赤ちゃんを包む布のことです。主に、生まれて間もないふにゃふにゃの時期に使いますが、その時期を過ぎてもおくるみ以外の用途で利用するママも多くいます。

おくるみって必要なの?効果は?

 おくるみがなくても赤ちゃんを抱くことはできるから必要ないんじゃない?と思う人もいるかもしれませんが、おくるみのありなしでは抱っこのしやすさが全然違います。おくるみに包むことで、手足のばたつきを抑えることができ、首が座る前のふにゃっとした赤ちゃんも安定して抱っこすることできるようになりますよ。

また、無意識にビクッと両手が動く「モロー反射」でうまく寝付けない赤ちゃんは多いもの。おくるみで少し手足の動きを制限してあげることで、すんなり寝付きやすくなるようですよ。

あなたにおすすめ

注目コラム