人気&おすすめの音の出る絵本14選!英語や電車、たいこなど

コラム
公開日:2018/03/05
更新日:2019/03/27
人気&おすすめの音の出る絵本14選!英語や電車、たいこなど

書店の児童書コーナーなどには、音の出る絵本のデモ機がずらりと並べられた一角があります。うっかり立ち寄ってしまうと、子どもがなかなかその場を離れなかったりして、連れて帰るのに苦労した人も多いのではないでしょうか?絵本というだけでも子どもにとっては楽しいものですが、音の出る機能がプラスされたものであれば、子どもが興味をひかれるのは当然のことかもしれませんね。ただ、音の出る絵本の種類は多いので、「ぜひ家庭に1冊買って帰りたいな」と思っても、どれを選べばよいのか迷うもの。音が出る分、一般的な絵本より少々価格が上がるので、子どもが気に入って使ってくれるものを選びたいですよね。そこで、今回は、音の出る絵本の遊び方・種類・効果・選び方などの基礎知識を取り上げます。さらに、おすすめの人気商品を全部で14冊ご紹介!先輩ママの体験談もあるので、ぜひ参考にしてください。

ママたちにインタビュー!音の出る絵本のよさを教えてください

音の出る絵本は親子の宝物!

第二子妊娠中に切迫早産になって、出産まで約3ヶ月間入院していました。通常、産院の中へは予防接種の済んでいない子どもは入れません。寂しさをこらえて、会えない3歳の長女とはスマホで撮影したビデオレターでやりとり。ある日、長女からのお便りで、「じいじとばあばに音の出る絵本を買ってもらったよ!」と嬉しそうな様子が届きました。入院中、娘の面倒を見てくれたのは夫の両親。2人に感謝しながら、目を細めて動画を見ていると「ママのためにお歌を歌います!」と、娘が音の出る絵本の伴奏に合わせて童謡を歌う姿が……!自分の寂しさをこらえ、ママを励まそうと気丈にふるまう娘の姿に号泣して、私も頑張ろうと思えました。無事に出産し、数年経った今でも音の出る絵本を見ると心がじんわりとあたたかくなります。この先、絵本が壊れたとしても、親子の宝物なので手放せません。

音の出る絵本で「初めて」の準備!

ほかの子どもより少し慎重派な息子は、初めてのこと・ものが苦手。慣れない事柄には不安感がつきまとうようで、事前準備をするなど工夫が必要ですが、音の出る絵本が役立っています。たとえば、幼稚園の遠足で動物園に行く前には、ボタンを押すと動物の鳴き声がする音の出る絵本を。また、田舎への帰省で新幹線や電車に乗る場合は、運転手になりきって電車ごっこ遊びができる音の出る絵本で乗り切りました。「持ってる絵本といっしょだ!」と目を輝かせながら初めての体験を楽しむ息子を見ると、「うまく興味をもってくれてよかった」と安心します。リアルな映像や音が流れるテレビやDVDもいいのでしょうが、聞きたい音を子どもが自由に、何度でも手軽に再生できる点は、音の出る絵本のメリットです。

音の出る絵本から楽器に興味!

音楽講師をしている知人が、娘と息子に楽器の機能がついた音の出る絵本をプレゼントしてくれました。最初は、絵本から流れるメロディなんて無視で、思い思いにピアノの鍵盤や太鼓のボタンを押していた子どもたち。知人が「音楽に合わせたら楽しいよ」と、演奏の仕方を教えてくれたとき、これまでにないくらい2人が集中していたのを見逃しませんでした。2人とも熱しやすく冷めやすいタイプ。これまでいくつか習い事をすぐやめていて、私から注意を受けていたので、なかなか「音楽が習いたい」とは言ってきませんでした。今回は、姿勢で示そうと思ったのか、毎日熱心に音の出る絵本で遊んでいたので、「音楽習いたいの?」と聞くと、待ってましたと言わんばかりに2人して「うん!」と合唱。先生のレッスンは厳しいようですが、長く続けられています。子どもを変えてくれたので、音の出る絵本には感謝です。

音の出る絵本とは?

その名のとおり、音の出ることに特化した絵本です。ストーリーがシンプルな絵本が多く、ストーリー自体がない歌の絵本などもあります。

音の出る絵本の遊び方は?

ストーリーがある絵本であれば、効果音として音を楽しむ場合が多いでしょう。最初は親が見本を示してあげ、子どもに遊び方を教えてあげることが大切です。また、音をメインに楽しむ絵本であれば、ボタンを押して、収録されたメロディや音を聞きながら遊びます。

音の出る絵本の知育効果は?

音の出る絵本は、聴覚を刺激するため知育効果があるようです。人間の脳は2つに分かれていて、左脳は主に言葉をつかさどる脳、右脳は音楽・芸術にかかわる脳と言われています。しかし、西洋人と比べると日本人の脳は少し変わっていて、右脳で西洋音楽・機械音・雑音を、左脳で邦楽楽器・動物や虫の鳴き声などと、音によって使う脳を分けているようなのです。したがって、子どもの発達を促したいのは左右どちらの脳かを考えて、目的に見合った音の出る絵本を選ぶことが重要になるでしょう。
(出典:株式会社小野測器「身近な計測-音と脳」https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/nakaniwa/keisoku/brain.htm)

▼「考える力」を育むおすすめの通信教育はこちら

【こどもちゃれんじ】の通信教育

音の出る絵本の種類が知りたい

電池式かどうか

音の出る絵本の大半が電池式で、ボタンを押すと内蔵されている音やメロディが鳴るしかけになっているようです。音量調節ができたり、ランダムに再生したりできる機能がついた音の出る絵本も選べます。電池式でないものは、しかけ絵本のようになっていて、絵本自体に鈴など音の出るものがついているようです。

ジャンル

さまざまなジャンルがありますが、代表的な4種類をご紹介します。

童謡や英語の歌

音の出る絵本でラインナップが多いのが、童謡が流れるタイプでしょう。長時間のドライブや、子どものご機嫌が悪いときにも使えて便利。英語の歌が流れるものもあるようです。

ピアノなどの楽器

押したり叩いたりすると楽器の音が出て、内蔵されたメロディと合わせられる絵本があります。おもちゃではありますが、子どもが初めて接する楽器として購入する人もいるようです。

電車や乗りもの

電車など、乗りものの音が流れる絵本も豊富です。また、絵本を開くと操縦席のようになっていて運転士の気分を味わえたり、給油口にノズルを差し込んでガソリンを補給できたりするようなつくりになっているものもあります。

動物や虫など

いろいろな動物の鳴き声を収録した音の出る絵本もあります。また、海の生きものや虫の声に特化した絵本など、さまざまなタイプを選ぶことが可能です。

音の出る絵本の選び方は?

まずは、子どもが興味をもちそうなジャンルを考え、ほかの絵本と同じように対象年齢を見て選ぶとよいでしょう。書店員さんやインターネットの口コミを見たり、デモ機がある場合は子どもに触らせてみて反応をうかがったりする方法もあります。

あなたにおすすめ

注目コラム