可愛くておしゃれな子供部屋カーテン16選と選び方!【男女別】

コラム
公開日:2018/03/06
更新日:2019/02/14
可愛くておしゃれな子供部屋カーテン16選と選び方!【男女別】

子供部屋を作るときに、頭を悩ませることのひとつがカーテン選び。カーテンは面積も大きいため、選ぶ色や柄によって部屋の雰囲気や印象を大きく左右します。「一体何を基準に選べばいい?」「子供部屋用カーテンにはどんなものがあるの?」本記事では、そんな悩みを持つママたちに役立つ情報をお届けします。

先輩ママたちにインタビュー!

子供部屋のカーテン選びにまつわるエピソードを教えてください!

「引っ越しをした際、全部屋のカーテンを新調することにしたため、カーテンの専門店に行きました。そのとき子供はまだ1歳と小さかったため、私が子供部屋のカーテンも選ぶことに。店員さんにおすすめのものを尋ねたところ、遮光等級の高いものは、小さな子供のいる部屋には向かないとのことでした。理由を聞くと、遮光等級の高いカーテンを使うと、朝の日差しが部屋に入らなくなり体内時計を乱したり、生活リズムを崩してしまったりすることもあるかもしれないとのこと。そのため、他の部屋は遮光性の高いものにして、子供部屋のみ遮光等級の低いカーテンを選びました。また子供が大きくなるまで数年ありますし、そのタイミングで希望があれば遮光等級の高いカーテンに買い替えればいいかなと思っています。」(2歳女の子ママ)

「現在、うちには来年小学生になる息子がいます。それを機に新居を構え、子供部屋をつくることに。子供にもどんなお部屋がいいのか好みを聞いたのですが、ママが選ぶものならなんでもいいよと言われてしまい、壁紙やカーテン選びには本当に悩みました。壁紙も、ストライプのものやドット柄などかわいらしいものから、おしゃれなものやシンプルなものまで種類もさまざま。でもどうしても将来のことを考えると壁紙は柄物を選べず、結果シンプルなオフホワイトに。そこでカーテンなら必要があればまた買い換えることもできると思い、かわいい水色ベースに星が描かれたカーテンを選びました。淡いカラーが子供部屋らしく、息子も私もとっても気に入っています。将来もう一人子供を考えていますが、女の子が生まれたとしてもこのカーテンなら男女関係なく使い続けられそうでこれにして良かったと思っています。」(6歳男の子ママ)

うちは10帖ちょっとほどの大きさの部屋を、息子と娘の2人の子供部屋として現在使っています。二人ともまだ小学生なので共同で使っていますが、将来上の長男が中学生に上がるタイミングでリフォームして部屋を分割する予定です。部屋には2つの窓があるので、今の状態の子ども部屋にするにあたってカーテン選びには随分と悩みました。そこで思いついたのが、同じ柄のカーテンにして色は二人の好きなものを選んでもらう方法です。そのことで、部屋にも統一性が出てインテリアとしても良くなりました。また、洗濯機で洗えるものを選んだので、手入れも楽で助かっています。この先部屋を分割しても、このまま今のカーテンを使えたらいいなと考えています。(10歳男の子と8歳女の子のママ)

子供部屋のカーテンに必要な機能性って?

子供部屋のカーテンを選ぶ際、デザインも大切ですが機能性も重視したいポイントです。では、子供部屋にはどんな機能が備わったカーテンが好ましいのかをみてみましょう。

・UVカット

子供は大人に比べて肌が弱いため、子供部屋に日があたりやすい場合、紫外線対策としてUVカット効果のあるものを選ぶようにするとよいようです。

・防音カーテン

主に子どもの遊ぶ場所となる子供部屋は、子供の声などで騒がしくなりがちです。そのため防音性のあるものを選ぶと安心でしょう。またピアノなど習い事や趣味で、楽器を使うお子さんがいる場合にもおすすめです。

・ウォッシャブルカーテン

カーテンには目には見えなくても、空気中のほこりがたくさん付着しています。子供の健康を守るためにも、簡単に洗濯機で洗えるものを選んでおくとママの負担も軽減できるでしょう。また子供がうっかり汚してしまっても、心に余裕を持って対応することができますね。

・ミラーレスカーテン

ミラーレスカーテンは、部屋の中の様子を外から見えにくくしてくれる効果があります。子供を狙う犯罪が増加傾向にある昨今、防犯対策のひとつとして取り入れるのもよいでしょう。

・防災カーテン

子供の安全を考えて、燃えにくい性質を備えた防災カーテンを選ぶ人も多いようです。また、10階以上のマンションに住む場合、防災カーテンの使用が勧められています。

子供部屋のカーテンの選び方は?

子供部屋のカーテン選びにおけるポイントは、人によってさまざまです。上述したように、子供の安全を守るためや子供部屋を快適な空間とするため、機能性を一番に重視する人もいます。この他にも、子供の年齢に合わせて選ぶのもひとつの方法です。自分の好みの色や柄などがはっきり出てくる年齢であれば、いっしょに選んでみるのもよいでしょう。自分好みの空間に仕上がって愛着が湧き、部屋をより大切にしてくれるようになるかもしれませんね。

ただ、派手な色や柄を選んでしまうと、目にもうるさく部屋で勉強するときや睡眠の際に気を散らせてしまう心配もでてきます。月齢の低い時期は、感受性を育むため明るい色やポップな柄に、学生になると落ち着いた淡い色のものを選ぶなどにするとよいでしょう。

また、カーテンを長く使い続けたいという人の場合は、キャラクターものなどは避けて選ぶ方が無難かもしれません。キャラクターの人気は移り変わりが早く、子供の年齢と共に好みも変化していきます。短期的に使うのか、もしくは長期的に使いたいのかを購入前にしっかり考えておくことも、カーテンを選ぶ際の重要なポイントとなるでしょう。

あなたにおすすめ

お子さんを持つママの実績に!詳しくはこちら
注目コラム