新生児の沐浴のやり方・手順を写真で解説!準備・温度と期間はいつからいつまで?

 専門家監修
公開日:2018/03/06
更新日:2019/09/06
新生児の沐浴のやり方・手順を写真で解説!準備・温度と期間はいつからいつまで?
監修
五十嵐 隆
国立成育医療研究センター 理事長・総長

産院から退院した日から、すぐに赤ちゃんのお世話が始まります。その中でも、育児初心者のママ・パパにとって難易度が高いのが、沐浴でしょう。慣れないうちは、赤ちゃんが動くと落としそうになるなど、こわごわかもしれませんが、何回も行うことでだんだん上手になっていきます。入れ方の手順やコツを覚えて、あせらずに入れてあげましょう。

赤ちゃんの沐浴・お風呂で必要な準備

生後1ケ月くらいまでの赤ちゃんは、体温調節がまだ自分ではうまくできません。そのため、沐浴も、浴後の着替えも手早くできるようにしておくことが必要です。沐浴に必要なものは何があって、どんな準備をしておけばいいのか、しっかり確認しておきましょう。

沐浴・お風呂に必要なもの

赤ちゃんを疲れさせたり、湯冷めさせたりしないよう、沐浴はとにかくスムーズに手早くすることが大切です。沐浴の途中で「あれがなかった!」などと慌てなくてもいいように、まずは沐浴に必要なものを、すべて用意しましょう。

用意しておきたい、必須沐浴グッズ

・ベビーバス
・湯温計
・ガーゼハンカチ
・沐浴布
・ベビー石けん
・上がり湯を入れた洗面器

沐浴・お風呂前の準備と方法

お風呂上がりには急に冷えたりしないように、すぐに水分をふいて、洋服を着せられるような準備をしておくことが必要です。しっかり準備をしておけば、ママもあせらずに入れられますね。

沐浴準備その1:着替えなどはすべて重ねておく

赤ちゃんの肌着やガーゼ、タオル

おふろ上がりにスムーズに着せられるよう、バスタオルを広げ、肌着と洋服をあらかじめ重ねてそでを通し、おむつもその上に広げておきます。

沐浴準備その2:ベビーバスにお湯を張り、別の洗面器に上がり湯を準備

ベビーバスにお湯を入れるだけでなく、最後にかける上がり湯も手桶などにくんでおきましょう。

沐浴準備その3:石けんや沐浴剤、ガーゼ、沐浴布、洗面器を用意

慌てずにすむよう、沐浴中に使うものはベビーバスの近く、ママの利き手側に置いておきます。

沐浴準備その4:湯冷め防止に、室温を少し高めにしておく

湯冷めが心配な冬は、室温を20度くらいに。温度を保てるなら、洗面所やキッチンなど入れやすい場所でかまいません。

監修
五十嵐 隆
国立成育医療研究センター 理事長・総長
東京大学医学部卒業後、都立清瀬小児病院、東大附属病院小児科助手、ハーバード大学ボストン小児病院研究員、東大附属病院分院小児科講師などをへて、2000年に東京大学医学部小児医学講座教授に。2012年より現職。日本小児科学会会長などの要職も務める。私生活では3人の男子の父。

あなたにおすすめ

注目コラム