【妊娠21週6日/予定日まで127日】体が大きくなり超音波で全身が映らなくなってきます

【妊娠21週6日/予定日まで127日】体が大きくなり超音波で全身が映らなくなってきます

連載 2人で読む【妊娠中期】 安心マタニティ

超音波写真で全身が映らなくなるほど、赤ちゃんの体は肉づきがよくなり、大きくなってきました。ママは「むくみ」対策していますか? 体が冷えて血行が悪くなったり、血管が圧迫されることなどで、むくみが起こります。長時間同じ姿勢でいることは避け、筋力に自信がない人は、歩いてふくらはぎの筋肉もつけましょう。


【赤ちゃん】肉づきもよくなり、体が大きくなってきました

だんだん肉づきもよくなって、体が大きくなってきました。健診で楽しみな超音波写真ですが、とうとう全身が映らなくなってきます。上半身、下半身を分けて見ることになるでしょう。

【ママ】同じ姿勢で長時間いることもむくみの原因に

足がむくんでいませんか? 寒い季節はもちろんですが、暑い季節も冷房で冷えると血行が悪くなり、下半身に行った血流が上半身にうまく戻れずむくみとなります。特にこれからおなかが大きくなると、血管が圧迫されることでもむくみは起こります。寝るときに少しだけ足を高くして寝たり、着圧ソックスを使うこともいいですが、立ちっぱなし・座りっぱなしといった、同じ姿勢で長時間いることも避けましょう。ふくらはぎの筋力に自信がない人は、歩いて筋肉もつけていきましょう。そのかわり、たくさん運動したらしっかり体を休める「メリハリ」もとても大切です。

【これってホント!?】妊娠中に通夜、葬儀に列席するとき

妊娠中に葬儀に列席するとき、昔の人は、悪いものをはね返すお守りとして腹帯に鏡を入れる習慣がありました。もちろんこれは大事なおなかを守るための気づかいからの迷信。現代は、通夜や葬儀に列席する際は、寒いときにはできるだけ足元を温かくする服装にして、冷えないように気をつけましょう。喪服ではなくても、できるだけ黒い服で装飾のないものを選べば大丈夫です。あまりにも暑いとき・寒いときは、妊娠中ということで欠席しても失礼にあたることではありません。


この連載について

安定期に入る妊娠中期の週ごとのアドバイス。1つずつ読むごとに、そのときの赤ちゃんの様子、ママの生活上の注意点などが少しずつ理解できます。赤ちゃんの成長を実感して、自然とママになる心の準備も整うはず。35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイス!

最新の記事

【妊娠23週6日/予定日まで113日】そろそろ出産と育児グッズの準備を始めましょう

【妊娠23週5日/予定日まで114日】ママがリラックスすると赤ちゃんもゆったりします

【妊娠23週4日/予定日まで115日】心配ご無用! 暴れているような激しい胎動は「元気」の証し

監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

出典 :First Pre-mo(ファーストプレモ)2017年春夏号 ※情報は掲載時のものです

クリップ

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で二名様に当たる!エルゴベビー「ベビーキャリア ADAPT(アダプト)」プレゼント 9月30日まで 詳細はこちら
注目コラム