おむつ替えシートは必要?選び方と人気おすすめ13選

コラム 公開日:2018/02/12
おむつ替えシートは必要?選び方と人気おすすめ13選

プレママは、おむつ替えシートを出産準備でそろえるべきか悩みませんか? 新米ママは、友人宅に訪れたときや外出時に必要性を感じていませんか? いざという時に携帯していると便利なアイテム。先輩ママたちに人気のおしゃれなおむつ替えシートをご紹介します。

おむつ替えシートとは?

おむつ替えの際に、床などを汚さないように寝かせた赤ちゃんの下に敷くシートのことです。
畳やカーペットを汚してしまうと、洗うのが大変ですよね。また、硬い床でおむつを替えなければいけないときには、赤ちゃんの体にかかる負担を軽減することができ、布製のものや防水加工されたもの、使い捨てタイプのものなど、さまざまな種類があります。機能面はもちろんですが、ファッションや雑貨のブランドもおむつ替えシートを出していますので、自分の好きなブランドからお気に入りのものをみつけてみてください。

おむつ替えシートって必要なの?

先輩ママにアンケートを取りました! 

おむつ替えシートを使っていましたか?

そもそもおむつ替えシートは必要ですか?と聞かれると絶対に必要なものではありません。しかしながら、アンケートの結果からもわかるとおり、おむつ替えシートを利用していたことがあると答えた先輩ママは7割以上に!

どこでおむつシートを使用していましたか?

使用していたと答えた方の多くが、自宅よりも友人宅や外出時に活用していました。友人の家や公共のおむつ替え台では、万が一汚してしまった場合の処理に気をつかわなくてはなりません。「外出の際にあると便利」との声が多く寄せられ、エチケットとして持ち歩いている様子もうかがえました。バスタオルなどで代替することも可能ですが、おむつ替えシートは用途別に使い分けることができるので、好みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

おむつ替えシートのメリットとは?

床にそのまま寝かせてしまうと、冷たかったり、硬かったりと、赤ちゃんにとっては不快なことがあります。また、新生児はおむつを外す時、開放感でおしっこをしてしまったり、ゆるいうんちで床を汚してしまうことも少なくありません。
おむつ替えシートは、車の中や外出先で、おむつを取り換える際に、周りを汚してしまうのを予防。また、ショッピングセンターなど公共の場では、おむつ交換台で、替えることが多くなると思いますが、その台が常に衛生的であるとは限りません。シートを敷くことで、赤ちゃんが直接寝たり、ふれる部分は清潔な状態にできるのです。

おむつ替えシートはいつからいつまで使えるの?

おむつが外れるまで使用できます。使用頻度が高い時期は、新生児~1歳前後。しかし、ハイハイできるようになり動きが活発になっていくと、じっと横になったままでいることができず、寝かせておむつを交換することが難しくなります。赤ちゃんを立たせたまま、おむつを交換する場合も、床を汚してしまうことが多々あるので、トイレトレーニングが終わるまで重宝します。

おむつ替えシートの選び方が知りたい

おむつ替えシートは、デザインだけでなく用途別の種類が豊富にあります。

①使い捨てタイプ

使い捨てタイプは一度使ったら処分するので、コストはかかりますが、とても衛生的です。拭き取ったり洗濯したりする必要がないので、余計な手間もかかりません。

②赤ちゃんの肌に優しい素材

表面が手触りの良いパイル地やコットンで作られているものは、敏感肌の赤ちゃんにおすすめです。裏面は水分を通しませんが、表面のパイル地やコットンは水分を吸収してしまうので、一度汚れてしまったら洗濯をする必要があります。そのため、洗い替え用の予備があると安心です。

③防水加工

防水加工されているおむつ替えシートは、たとえ粗相をしてしまっても、拭くだけで簡単にお手入れできます。洗濯後、すぐに乾くのも魅力ですね。
他にも、クッション性がある厚いシートや赤ちゃんの体への負担を減らすマットタイプなどもありますが、外出時に持っていくにはかさばってしまい不向き。赤ちゃんの体格や使う場所に合わせて、用途別に用意しておくのもいいですね。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
注目コラム