人気のおばけ絵本おすすめ16選【絵本専門店「クレヨンハウス」監修】

コラム 公開日:2018/02/12
人気のおばけ絵本おすすめ16選【絵本専門店「クレヨンハウス」監修】

「きゃー、こわい!」などと言いながらも、子どもたちって意外とおばけの話をしたり聞いたりするのが大好きですよね。目に見えないおばけの世界は、子どもたちの想像力をかきたてるのにもってこい!そんなおばけたちが登場する絵本は、古くから世界各国で出版されてきました。今回は、絵本・おもちゃ・オーガニック商品を扱い、40年以上の歴史のある老舗「クレヨンハウス」の子どもの本売り場でサブチーフをつとめる馬場里菜さんに、おすすめのおばけの絵本を聞いてきました。赤ちゃん期から小学校低学年くらいまで読めるものを幅広く選んでいただきましたので、普段の読み聞かせの参考にしてくださいね。

先輩ママ100人に聞きました!

おばけが登場する絵本を持っていますか?

先輩ママ100人にリサーチしてみたところ、「持っている」と答えたママが43%と、じつに半数近く。持っていないけれど「今後欲しい」と回答したママが15%という結果でした。 また、「持っている」というママの答えで一番多かったのは、せなけいこさんの「ねないこだれだ」でした。

ねないこだれだ

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本)

クレヨンハウス Web shop

Amazonで詳しく見る

756円(税込)
作・絵:せなけいこ
出版社:福音館書店

ママたちからは、 「夜、寝てくれないときにこれを読むと、必死で目を閉じて寝ようとしていました。ずいぶん、助けられました!」 「1歳半あたりで寝かしつけのために購入しましたが、おばけがかわいいと言い出してしまい、あまり効果がありませんでした」 「特にこわがるわけではなく、楽しく読んでいました」 「こわい本だと思うのですが、うちの子は楽しいようで何度も何度も読んでとせがまれます」 「娘が2歳ぐらいの頃から読み聞かせていますが、3歳ぐらいまでは夜早く寝ないでいつまでも遊んでいる時、『おばけにされておばけの世界に連れて行かれちゃうよー』と声をかけると、こわがって早く寝ようとしていました」 「大人が見るとかわいいだけで全然こわくないですが、早く寝ないとおばけになっちゃうというのは、小さい子には本当にこわいようで、寝かしつけ絵本としても活躍しました」 「子どもが一目見て欲しいと言ったので購入したのですが、おばけ嫌いなのに喜んで読んでいました」 などという声が聞かれ、子どもたちの反応もさまざまのようです。

おばけ絵本の選び方は?

さてそんなおばけ絵本ですが、今回は、絵本・おもちゃ・オーガニック食材を扱い、40年以上の歴史のある老舗「クレヨンハウス」で絵本売り場のサブチーフをつとめる馬場里菜さんに、おすすめや選び方を聞いてきました。 「おばけと言っても、全部のおばけがこわいわけではありません。お友だちのような存在だったり、一見こわい顔をしているのに意外と泣き虫だったり、いろんな性格のおばけが登場する絵本がありますよ」と話すクレヨンハウスの馬場さん。 おばけ絵本のおすすめを教えてくれた、クレヨンハウスの馬場さん。 「おばけ=こわい」という考えは、頭が固くなってしまった大人の固定観念であり、想像力を膨らませれば、目には見えないおばけの世界がもっと楽しいものになりそうです。 「今回は日本古来のおばけ、ということで妖怪の絵本も選んでみました。妖怪は種類がたくさんいるので、ハマる子も多いようです。おばけという枠組みを広げて、お子さんといっしょに楽しく選んでみてくださいね」と馬場さんは続けます。 たしかに「こわいもの見たさ」なのか、こわいおばけに食いつく子どもがいるのも事実。またイラストのテイストによって、「おばけ」への親しみやすさも変わりそうです。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で一名様に当たる!東芝「TORNEO V cordless(トルネオ ヴィ コードレス)」プレゼント 9月2日まで 詳細はこちら
注目コラム