「睡眠の土台」を整えると、夜泣き&寝ぐずりする赤ちゃんが変わる!【連載第6回子どもの睡眠コンサルタント愛波文】

 専門家監修 公開日:2018/01/25
「睡眠の土台」を整えると、夜泣き&寝ぐずりする赤ちゃんが変わる!【連載第6回子どもの睡眠コンサルタント愛波文】
監修
愛波 文さん
子どもの睡眠コンサルタント

アメリカのIMPI公認、日本人初の子どもの睡眠コンサルタントとして活動する愛波 文さんの連載の第6回め。科学的根拠に基づいた睡眠のためのメソッドは、赤ちゃんの睡眠まわりの悩みをもつママが実行すると、今まで困っていた問題がすっきり改善すると評判です。今回は過去の連載でもふれてきた「睡眠の土台」について、より詳しくまとめて解説。

あなたのおうちは「睡眠の土台」、整っていますか?

今までの連載で何度もお伝えしている「睡眠の土台の確立」は、私が睡眠改善で一番大切にしているもの。今回はより詳しくお伝えしていきたいと思います。「睡眠の土台の確立」がなぜそこまで大切かというと、睡眠の土台を少し調整したり、改善するだけで、いま抱えている睡眠にまつわる問題が解決することがあるからです。多くのお母さんがたは、赤ちゃんの睡眠の悩みは“ねんねトレーニング”をしないと解決しないと思っているようですが、必ずしもそうではありません。私のメソッドでは、睡眠の土台を整えても悩みが改善されない場合のみ、“ねんねトレーニング”を一つの手段として取り入れていきます。睡眠の土台を整えるだけで、赤ちゃんの「泣き」に対しての理解や対応の仕方がかわってきます。お母さんが赤ちゃんの夜泣きに不安感や恐怖心を持つようなこともなくなります。

睡眠の土台は、
①身体的要因
②成長的要因
③睡眠環境
④社会的要因
⑤親子の幸福度

の5つの要素で構成されています。
「身体的要因」には眠い合図、各月齢にあったスケジュールや活動時間(起きていられる時間)、運動・遊び、習慣があります。「成長的要因」には各月齢にあった成長をしているか、分離不安(親と離れることに対して不安になること)、などがあります。「睡眠環境」には光、音、温度、安全性があります。「社会的要因」には保育園や幼稚園の環境や出来事、出産時の経験、家族構成、親や兄弟との関係、保育者へのサポート、などがあります。最後の「親子の幸福度」は親子(保育者)共にどれだけ心が満たされているかになります。
そんなことも影響してくるの?と思われがちですが、赤ちゃんや子どもも私たちと同じで一人の人間であり、いろんな感情を持っているため、様々なことが睡眠にかかわっているのです。

監修
愛波 文さん
子どもの睡眠コンサルタント
「ママと赤ちゃんのぐっすり本」(講談社)著者。 子どもの睡眠コンサルタント。APSCアジア/インド代表。IMPI日本代表。一般社団法人日本妊婦と乳幼児睡眠コンサルタント協会代表理事。Sleeping Smart®代表。慶應義塾大学卒業。2012年に長男出産。夜泣きや子育てに悩んだことから乳幼児の睡眠科学の勉強をはじめ、米国IMPI公認資格(国際認定資格)を日本人で初めて取得。2015年に次男を出産。現在、2人の男の子の子育てをしながら、子どもの睡眠に悩む保育者のコンサルティングや個別相談、日本人向けに子どもの睡眠教育プログラムを提供。IMPIと提携し、オンラインで妊婦と子どもの睡眠コンサルタント資格取得講座の講師も務めている。
 

ホームページFacebookLINE@

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で一名様に当たる!東芝「TORNEO V cordless(トルネオ ヴィ コードレス)」プレゼント 9月2日まで 詳細はこちら
注目コラム