コンセントカバーで赤ちゃんのいたずら対策!人気おすすめ商品10選

コラム
公開日:2018/01/29
更新日:2019/02/15
コンセントカバーで赤ちゃんのいたずら対策!人気おすすめ商品10選

好奇心旺盛な赤ちゃんは、日常生活に潜む危険とも隣り合わせ。赤ちゃんが自分で思い通りに体を動かせる頃になると、思わぬ事故でケガをしてしまうこともあります。室内での赤ちゃんのいたずら防止対策として、引き出しやドアの開閉をロックする各種ストッパーと並んで人気なのが「コンセントカバー」。コンセントカバーとは、一体どのようなアイテムなのでしょうか?今回は、コンセントカバーの種類や選び方、人気おすすめ商品も含めて詳しくご紹介します。

先輩ママたちにアンケート!

出産後コンセントカバーを購入しましたか?

出産後コンセントカバーを購入しましたか?のグラフ

出産後にコンセントカバーを購入した人の割合は56%で、購入しなかった人よりもやや多いという結果になりました。家庭によって、必須アイテムかどうかは異なるようです。

コンセントカバーをいつ頃購入しましたか?

コンセントカバーをいつ頃購入しましたか?のグラフ

コンセントカバーを購入した時期は、「ハイハイをするようになってから」が全体の約7割ともっとも多かったです。次いで「寝返り」「つかまり立ち」「ひとり歩き」「離乳食」の開始頃から始めた家庭が多いようでした。

そもそもコンセントカバーってなに?

コンセントカバーとは、電気コンセントに装着して、乳幼児の感電事故や火災を防ぐことを目的としたアイテムです。医療機関から消費者庁や国民生活センターに寄せられた、コンセント周りで起きた赤ちゃんの事故をご紹介します。

コンセントカバーがない場合起きうる事故

消費者庁によると、赤ちゃんが細く小さい金属を電気コンセントに差し込み、感電した事故が2017年2月までのおよそ6年間で約30件報告されています。5歳児がコンセントの両穴に鍵を同時に2本差し込み、感電して両手指にやけどを負った事例も。言葉がまだ十分に理解できない赤ちゃんは、コンセントが危険であることを伝え続けると同時に、いたずらができないよう、コンセントカバーを使うことも重要になります。

コンセントカバーの使用は国も推奨

死亡例はまだありませんが、専門家によると「家庭用の100V電圧でも、子どもが感電して心臓まひを起こす危険もある」との指摘があり、場合によっては最悪の事態を招く恐れも。したがって、消費者庁は保護者に対して、コンセントへ専用キャップをして対策するよう呼び掛けています。先輩ママだけでなく、コンセントカバーは国も勧めるアイテムなのです。

コンセントカバーってどんな種類があるの?

コンセントカバーには、大別して2種類あります。

フルカバータイプのコンセントカバー

1つめは、室内の既存コンセントをすっぽり覆う、フルカバータイプのコンセントカバーです。

メリット

コンセントを差したまま使えるので、テレビまわりや空気清浄機など、常時電源を繋いでおきたい電化製品におすすめです。赤ちゃんが簡単に開けられないよう、コンセントカバーの開閉には力やコツが必要なつくりになっています。

注意点

粘着テープでコンセントに貼りつけている場合、カバーを力任せに開けようとすると、コンセントカバーが丸ごと取れてしまうこともあります。

キャップタイプのコンセントカバー

2つめは、既存コンセントや電源ケーブルのコンセント口に直接装着する、キャップタイプのコンセントカバーです。

メリット

脱着が簡単なため、頻繁に複数の電源を差し換えて使うコンセントに便利です。キャップは小さいので、場所も取りません。

注意点

キャップが小さいので、外したキャップを赤ちゃんが誤飲しないように気をつけましょう。また、赤ちゃんがキャップを外してしまわないか、観察することも大事です。

コンセントカバーの選び方が知りたい!

コンセントカバーは、使用する場所や頻度、デザインで選ぶことがおすすめです。

使用する場所で選ぶ

普段赤ちゃんが過ごすスペースで、遠くからでは大人の目が届きにくい場所にコンセントがある場合は、フルカバータイプのコンセントカバーがおすすめです。手がうまく使える月齢に達したとき、赤ちゃんが自分でキャップタイプを外してしまう恐れもありません。

使用する頻度で選ぶ

既設のコンセントであれば、フルカバータイプもキャップタイプも使えます。電源コードを差し替えることが頻繁かどうかで、2タイプのうちどちらを使うか判断しましょう。延長コードや電源タップであれば、使っていないコンセント口にキャップタイプをつけることになります。

色やデザインで選ぶ

どんなお部屋にもなじみやすい白や茶色のベーシックなカラーや、赤ちゃんのいる家庭らしいポップなカラーもあります。デザインも、ナチュラルテイストが好きな人におすすめのシンプルなデザインから、赤ちゃんらしい可愛らしいデザインや有名なキャラクターが施されたものまであり、ラインナップも豊富です。

いたずら防止におすすめのコンセントカバー人気10選

コンセントフルカバー

コンセントフルカバー

フルカバータイプで、1口~3口のコンセントに対応します。コンセント部分にネジが見えていない場合は、化粧板とプレート側のネジを外してから取りつけ、ネジが見えている場合は粘着シートで装着しましょう。安全確保のため、取りつけ作業前にブレーカーを落としてください。

コンセントフルカバー赤ちゃん本舗 あぶなくナイナイシリーズ Amazonで詳しく見る

サイズ:縦12×横7cm

リッチェル Richell ベビーガード コンセントフルカバー2連

リッチェル Richell ベビーガード コンセントフルカバー2連

フルカバータイプで、2連のコンセントと簡易耐火コンセントプレートにも対応。コンセントプレートの化粧板とネジを外してから取りつけます。ネジが見えているコンセントには使用不可なので、注意してください。同じシリーズで、3連のコンセントに対応したタイプもあります。

リッチェル Richell ベビーガード コンセントフルカバー2連リッチェル ¥ 482 ※2019/12/12 16:52 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

サイズ:縦12×横11.6×奥行6.7cm

イマージ ママ・パパ安心 コンセントキャップ

イマージ ママ・パパ安心 コンセントキャップ

シンプルなデザインとカラーで、子どもの興味を引かず、どんなお部屋の雰囲気にも合わせやすいような設計です。取りつけるときはコンセントの奥までしっかりと差し込み、取り外すときはゆっくりと手前に引き抜きます。

イマージ ママ・パパ安心 コンセントキャップイマージ Amazonで詳しく見る

Gogogu 30個セット コンセント安全キャップ コンセント ほこり カバー 赤ちゃんのいたずら 感電 防止 2P3P対応 ホワイト

Gogogu 30個セット コンセント安全キャップ コンセント ほこり カバー 赤ちゃんのいたずら 感電 防止 2P3P対応 ホワイト

差し込むプラグの形状によって使い分けられる2種類のキャップタイプが入っています。30個の大容量なので、1セットで家中至るところを対策OK。キャップには凸部分があり、大人には外しやすいような形状です。

Gogogu 30個セット 安全キャップ コンセント ほこり カバー 赤ちゃんのいたずら 感電 防止 ホワイトGogogu Amazonで詳しく見る

Seliyi 可愛い 動物 アニマル コンセントキャップ 12個セット コンセントカバー いたずら防止 感電防止

Seliyi 可愛い 動物 アニマル コンセントキャップ 12個セット コンセントカバー いたずら防止 感電防止

象・猫・羊のかわいいアニマル型コンセントキャップが各4個入っています。使わないときは、ちょっとしたお部屋を彩る小物にもなりそうなアイテム。グリーン・グレー・ブルー・イエローの落ち着いた色味で、どんなお部屋にもマッチしそうです。

Seliyi 可愛い 動物 アニマル コンセントキャップ 12個セット コンセントカバー いたずら防止 感電防止Seliyi Amazonで詳しく見る

サイズ:縦3×横4×奥行2㎝


コンセントガード ブラウン

コンセントガード ブラウン

フルタイプのコンセントカバーです。お部屋に馴染みやすい茶色で、プーさんとピグレットの絵柄がほどこされています。ワンプッシュで簡単にロック可能です。同じシリーズに、絵柄がベビーミッキーの白いコンセントカバーがあります。

コンセントガード ブラウントミー ¥ 1,221 ※2019/12/12 16:51 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

W-ShiG パステル コンセント キャップ カバー ホワイト(1 2 個セット)

W-ShiG パステル コンセント キャップ カバー ホワイト(1 2 個セット)

猫・カエル・熊の顔がデザインされた、かわいらしいコンセントキャップです。色はホワイトとピンクの2色。コンセントにしっかりと密着するので、外すときはくぼみ部分にコンセントプラグなどを差し込み、ゆっくりと引き抜きます。

W-ShiG パステル コンセント キャップ カバー ホワイト 12個セットW-ShiG Amazonで詳しく見る

サイズ:幅2.7cm、キャップの深さ2.1cm

ローヤル Rody ロディ コンセントキャップ

ローヤル Rody ロディ コンセントキャップ

赤ちゃんに人気のおもちゃ、ロディ形のコンセントキャップ。セット内のカラーバリエーションも6色と豊富で、ポップな色とキュートな形でお部屋が明るくなりそうです。赤ちゃんには外しにくい固さになっています。

ローヤル Rody ロディ コンセントキャップローヤル ¥ 580 ※2019/12/12 14:55 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

サイズ:縦3.3×横3.2×奥行2.3cm

【plum forest】 パステル コンセント キャップ カバー グリーン 12個セット

【plum forest】 パステル コンセント キャップ カバー グリーン 12個セット

キャップタイプのコンセントカバーで、取り外しやすい持ち手は普段たたんで収納しておけます。カラーはグリーン・ピンク・ホワイトの3色から選択可能。お得な大容量の24個セットもあります。

【plum forest】 パステル コンセント キャップ カバー グリーン 12個セットplum forest ¥ 1,080 ※2019/12/12 16:51 時点のAmazon価格Amazonで詳しく見る

サイズ:縦2×横3.5×奥行2cm

Cunina コンセントキャップカバー ベビーガード いたずら ほこり 感電 火災 防止 2連 6pack

Cunina コンセントキャップカバー ベビーガード いたずら ほこり 感電 火災 防止 2連 6pack

少し変わったフルカバータイプのコンセントカバー。使用するときはカバーの差し込み口部分をスライドし、コンセントの穴を露出させてから使います。コンセント周辺にコンセントキャップを安全に置いておけるスペースがないところにおすすめ。

Cunina コンセントキャップカバー ベビーガード いたずら ほこり 感電 火災 防止 2連 6packCunina Amazonで詳しく見る

サイズ:縦12×横7.5×奥行1cm

ママたちに聞きました!コンセントカバーを使ってみてどうですか?

家事や所用でちょっとの間目を離すときでも安心!

育児書や自治体から配布される資料で、子どもの感電事故が多いことを知り、すぐに購入して取りつけました。赤ちゃんが居ても、洗い物・洗濯・掃除などの日常的な家事や、トイレ・電話・来客対応などの所用で、少しの間そばを離れるとき安心です。まだ生後6ヶ月なので、大人の言いつけをしっかり理解できるようになるまでは、事故につながるものは極力排除して安全対策する方が良いと考えています。コンセントカバーを使いながら、コンセントに近づく度に触っては危険なことも伝えて続けるつもりです。

兄妹で違うタイプのコンセントカバーを使用!

大人しめの息子が赤ちゃんのときは、キャップタイプのコンセントカバーだけでいたずら対策は十分でした。しかし、5歳差で生まれた娘は、思い通りに体が動かせるようになると、使っていたコンセントカバーを嬉々として外しにかかるように。キャップを抜く感覚も楽しく、カラフルでポップなおもちゃだと思っていたようです。コンセントへの興味を断つために、白無地でシンプルなフルカバータイプをすぐに購入。最初は怒っていた娘でしたが、娘の手が届く場所には全てコンセントカバーをつけると次第に興味を失ったようで、いたずらしなくなりました。

コンセントカバー+家具の組み合わせでも使える!

長男が1歳未満の頃は、よだれで濡れた指でコンセントに触ろうとしたり、綿棒や割りばしなどをコンセントの穴に差し込もうとしたりと危険だったため、すぐ購入しました。だんだん知恵がついてくると、フルカバータイプのコンセントカバーを「てこの原理」でこじ開けようと、巧妙な手口を使うことも。日中子どもが過ごすスペースにはコンセントは1つだけで、テレビやDVD用の電源だったこともあり、フルカバータイプのコンセントカバーの前にソファを置き、触れないようにしました。電源に家具が直接当たらないので、火災の心配もなく使えています。

どんなにいい子でも、コンセント対策はした方が◎!

おままごとが好きな生後10ヶ月の娘は、ママや大人のやることを真似するのも大好き。おもちゃのコンセントを実際にコンセントへ差そうとしたり、使い終わった電化製品の電源コードをコンセントから抜こうとしたり……。ある日、「危ないから、コンセントのお手伝いはいらないよ」と言うと、知らない間にコンセントにセロテープを貼っていました。大人の注意を受けて、「コンセントは使用不可」ということを娘は表したかったのかもしれませんが、あわや感電事故となりかねない事態。大人しくても、聞き分けがよくても、子どものやることを過信してはいけないと感じ、以来コンセントカバーを使っています。

こちらの記事もおすすめ

ベビーゲートの選び方とおすすめ13選!人気の種類と注意点は?
ベビーゲートの選び方とおすすめ13選!人気の種類と注意点は?
赤ちゃんの成長が感じられるハイハイやあんよの始まりは、親にとってうれしいもの。しかし、赤ちゃんが自由に動き回れるようになる頃は、室内の安全対策に力を入れねばならない時期ともいえます。赤ちゃんに立ち入ってほしくないエリアの前には、人気の安全グッズである「ベビーゲート」を設けておくと安心。今回は、ベビーゲートについての基礎知識とおすすめ商品を13個ご紹介!ぜひ参考にして、赤ちゃんを室内の危険から守ってあげてくださいね。
記事を読む
赤ちゃんの安全対策に人気のドアストッパーおすすめ12選!
赤ちゃんの安全対策に人気のドアストッパーおすすめ12選!
赤ちゃんにとって、毎日見聞きしたり、体験したりすることすべてが新しく、珍しいことばかり。家の中をハイハイで移動できるようになると、すぐそばで遊んでいたはずの赤ちゃんがドアの隙間に指を挟んでしまう…なんてことも。 そんなときに活躍してくれるのが、ドアストッパーです。こちらでは、ドアに指を挟むなどの事故から赤ちゃんを守るドアストッパーの選び方や、ドアストッパーの作り方、おすすめ商品を12個ご紹介します。
記事を読む
ベビーモニターの人気おすすめ11選!選び方と必要な機能は?
ベビーモニターの人気おすすめ11選!選び方と必要な機能は?
赤ちゃん用品の「ベビーモニター」を知っていますか?ベビーモニターとは、別々の部屋にいても、赤ちゃんの様子が音や映像でわかる、子育て中の安心グッズのこと。最近、ベビーモニターを使う家庭が、どんどん増えてきています。今回は、そんなベビーモニターの基礎知識とおすすめの11商品をご紹介!赤ちゃんをひとり寝させたり、少しの時間そばから離れる際にも不安を感じるパパ&ママは、必見です。
記事を読む
赤ちゃんの安全対策グッズの人気おすすめ15選!
赤ちゃんの安全対策グッズの人気おすすめ15選!
ある日突然ハイハイを始めたり、伝い歩きができるようになったり…。赤ちゃんの日々の成長には驚かされますよね。そうなると行動範囲がグッと広がって、いろいろなことに興味を持ち始め、知らないうちに引き出しを開けたり、意外なところでケガをしてしまうことも。そこで、赤ちゃんを危険から守る安全対策グッズ、おすすめの15アイテムをご紹介。これから準備する人も、もう準備した人もぜひ参考にして赤ちゃんが快適に暮らせる空間作りに役立ててください!
記事を読む

文/いけだひとみ

あなたにおすすめ

注目コラム