おきあがりこぼしとはどのようなおもちゃ?赤ちゃんにおすすめしたい人気商品15選

コラム 公開日:2017/12/21
おきあがりこぼしとはどのようなおもちゃ?赤ちゃんにおすすめしたい人気商品15選

昔から赤ちゃんのおもちゃとして親しまれてきたのが、おきあがりこぼし。そのルーツは中国の人形にあるとされ、新生児期から与えることができるおもちゃとして、今でのその人気は高いようです。ただ、実際に購入するとなると、「どんな風に赤ちゃんが遊んでくれるの?」「長く使える?」「可愛いデザインってある?」など気になることはイロイロ。ここでは実際に買った人の意見やアンケート結果をもとに、おきあがりこぼしについて解説します。さらにその仕組みや赤ちゃんとの遊び方、人気のおすすめ商品などもご紹介します。

おきあがりこぼしについてママ100人に聞きました!

赤ちゃんのおきあがりこぼしを買った人・持っている人は買ってよかった?

おきあがりこぼしを買った、または持っているというママは買って(持っていて)よかった人が76%という結果に。買った人や持っている人の多くは、“あって良かった!”という感じているようです。それでは、実際に買ってよかったという意見と、必要なかったかもという意見の両方の具体的なコメントをみてみましょう。

おきあがりこぼしを買って良かったという意見

・はじめに一緒に遊んであげると、子供自身興味を持つようになって、何度も遊んでいたから

・単純なのに飽きずに遊べるし、一人でも遊べるところが良い

などの意見が多く聞かれました。おきあがりこぼしには難しい操作がないので、1度遊び方を教えると、赤ちゃん自身で遊べるようになります。また0歳から対象になっているものもあるので、長く使えるのもママにとっては魅力です。

おきあがりこぼしは必要なかったという意見

・確かに喜んではくれますが、遊んでくれるのがほんの一時期だけなので、買う必要はなかったかなと思います。

・音がなるタイプで、意外とうるさかったです。音が小さい物なら良いと思います。

おきあがりこぼしを買ったママの中で必要なかったかもという理由は、上のようなものが多かったです。赤ちゃんによってはあまり遊んでくれなかったり、すぐに飽きてしまったりすることもあるようです。音が鳴るタイプのものは、意外と大人がうるさいと感じるものもあります。

おきあがりこぼしの原理や起き上がる仕組みとは?

おきあがりこぼしとは主にたまご型やダルマ型をしており、どんなに倒しても、元通りに起き上がるおもちゃです。おきあがりこぼしは重りを中心の下方に置くことによって、どこから力を加えても重力に重心が引かれて起き上がるという原理を利用しています。つまり、赤ちゃんがどんな方向に倒しても元通りに起き上がる仕組みになっているのです。

おきあがりこぼしに知育効果はあるの?

おきあがりこぼしは、赤ちゃんがどこからどのように力を加えても元通りに戻ります。「どうして起き上がるの?」「こちらから押してみたらどう?」など赤ちゃんも好奇心をくすぐられて、自然と試行錯誤を繰り返します。そのように遊ぶことで、赤ちゃんは生活の中で刺激を受け、大脳の神経線維回路を発達させていきます。遊びの中で試行錯誤を繰り返すことで脳に刺激を与えることができるので、おきあがりこぼしで遊ぶことにも知育効果があるといえるでしょう。

おきあがりこぼしの遊び方とは?

まずは大人がやり方を見せる

おきあがりこぼしの仕組みを赤ちゃんに知ってもらうためにも、まずは大人が遊んで見せます。赤ちゃんに伝わるように転がすときには「ころーん」、起き上がるときには「起きた!」などの声を掛けながら遊ぶと良いでしょう。

赤ちゃんと一緒に遊ぶ

赤ちゃんがおきあがりこぼしに興味を見せたら赤ちゃんの手を取って一緒におきあがりこぼしを倒して見せます。指で突いたり何秒か倒したまま手を止めてパッと離したりして、さまざまなパターンの押し方を教える遊び方がおすすめです。倒し方や倒す力によって、おきあがりこぼしの揺れ方や反応が違うことを赤ちゃんも学ぶことができます。

おきあがりこぼしの選び方はどうしたら良い?

おきあがりこぼしにはたくさんの種類があります。選び方の目安としては以下のとおりです。

おきあがりこぼしの素材

布製、ビニール製、プラスチック製などおきあがりこぼしの素材にはいくつかの種類があり、素材によってお手入れ方法も変わってきます。布製でカバーの取り外しができるおきあがりこぼしなら、手洗いが可能です。ビニール製やプラスチック製の場合は、除菌ティッシュなどできれいにふくとよいでしょう。

音の有無を確認しよう

おきあがりこぼしには、音が鳴るタイプのものと鳴らないタイプのものがあります。音が鳴るものは赤ちゃんの興味を引きやすいですが、大人にはうるさいと感じることもあるため、選び方には注意が必要です。音の種類も鈴の音やチャイム音などさまざまな種類があるので、大人が気にならない音かを確かめて購入することをおすすめします。

興味を持つかわからないときは遊ばせてみる

おきあがりこぼしに興味を示さない赤ちゃんもいます。お友達の家におきあがりこぼしがあるなら、遊びに行ったときに借りて遊ばせてみるのも良いでしょう。おもちゃ屋さんなどで、おきあがりこぼしを見せて興味を持つようであれば、購入するという選び方もおすすめです。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で二名様に当たる!エルゴベビー「ベビーキャリア ADAPT(アダプト)」プレゼント 9月30日まで 詳細はこちら
注目コラム