「3時間用」 「12時間用」 使い分けのWhito(ホワイト)で いつもサラサラ! 夜はぐっすり!

PR 公開日:2017/12/15
「3時間用」 「12時間用」 使い分けのWhito(ホワイト)で いつもサラサラ! 夜はぐっすり!

毎日、赤ちゃんのおむつ替えを何回くらいしているか、意識したことはありますか? ママたちを対象にしたアンケート調査によると*、1才までは約6割のママが、日中は3時間以内とわりと頻繁におむつを替えているのだそうです。そんなママたちの実態に基づいて開発されたのが、王子ネピアの新しい紙おむつ「Whito(ホ ワイト)」です。

シチュエーションに合わせて、使い分けができるおむつが登場!

Whitoの一番の特徴は、こまめに交換したい日中に最適な〝3時間用〞と、夜間やお出かけにも安心な〝12時間用〞の2種類があること。どちらもおむつの吸収体に独自のキルティングテクノロジーを採用し、〝3時間用〞と〝12時間用〞とではキルティングの形状を変えて、それぞれの時間に応じた吸収力をしっかり保っています。 〝3時間用〞は細かめのキルティングなので薄くて軽く、赤ちゃんの動きやすさや快適さを最大限に考慮。〝12時間用〞のほうは大きめのキルティングでたっぷり吸収するので、夜間などの長時間の使用でも安心です。どちらも高い吸収性があるのに、通気性やフィット感が抜群なところもうれしいかぎり。赤ちゃんの快適にこだわった、時間で選べる新発想のおむつ、ぜひ試してみて!

*王子ネピア(株)調べ

キルティングテクノロジーはいままでの紙おむつとどう違うの?

吸収性が違います

おむつの吸収体の表面がプレスされたキルト状になっています。このキルトの溝部分がおしっこをすばやく引き込むので、吸収力が大幅アップしました。引き込まれたおしっこは、吸収体全体にさっと拡散するので、たっぷりの量を吸収することが可能です。

通気性が違います

キルト状の溝部分は空気を通すので、おむつにこもりがちな湿気をすばやく逃がします。また、吸収体の表面が平らではなくキルト状になっているため、肌に当たる部分が立体的に。おむつがおしりにペタッと張りつかず、ふんわりタッチの感覚が実現しました。

フィット感が違います

赤ちゃんが動くとキルト状の溝に沿って吸収体が折れ曲がり、おしりの動きにジャストフィット。活発に足を動かす低月齢の赤ちゃんから、はいはいで動き回る赤ちゃん、あんよの赤ちゃんまで、それぞれの時期の赤ちゃんの動きにしっかり合わせてくれます。

こまめに替えるなら3時間用


びっくりするほど薄くて軽いから、荷物もかさばりません

頻繁な日中のおむつ替えや近所へのお出かけに便利!

一瞬不安になるくらい薄くて軽いのに、吸収力バツグンの“3時間用”。日中のおむつ替えはもちろん、短時間の外出にも便利です。2才半と6カ月の2人の男の子のママのTさんも「2人分のおむつに着替えにおもちゃ……と、外出のたびに大荷物。“Whito”のおむつは軽くて薄いので、本当に助かります!」

長時間でもしっかり吸収なら12時間用


夜中のおむつ替えなしでも朝までサラサラキープ

夜中はママだって眠い(笑)。長時間吸収に頼りっぱなし

夜中も授乳で何回か起こされるママは多いもの。「授乳+夜中のおむつ替えは、正直しんどい。“Whito”はたっぷり吸収してくれるので、朝まで替えなくても安心。寝ぼけまなこで授乳したら、ソッコーで眠りに戻ります(笑)」とTさん。電車での外出など、おむつ替えが頻繁にできないシーンでも活躍します。

新生児からおむつ卒業まで充実のラインナップ


ネピア Whitoテープ Sサイズ3時間タイプ66枚

ネピア Whitoテープ Sサイズ12時間タイプ60枚

ネピア Whitoパンツ Lサイズ12時間タイプ44枚

サイズによって動物が変わるのが楽しい!

新生児用はウサギ、Sサイズはクマ、テープのMサイズはシカ、パンツのMサイズはサル……。サイズアップするたびに動物アイコンが変化します。ママが赤ちゃんの成長を実感する目安にもなりますよね!

 

第10回 ペアレンディングアワード受賞

育児雑誌が集結し、2017年に最も話題となった「ヒト」「モノ」「コト」を表彰するペアレンティングアワード。ネピア Whitoは「モノ」部門で受賞!


お問い合わせ
ネピア Whito
ネピアお客様相談室  電話0120-201-301 ( 受付時間9:30 ~ 17:00 土・日・祝日を除く)

撮影/近藤 誠

出典 :Baby-mo2017-2018年冬春号※情報は掲載時のものです

あなたにおすすめ

ママとしての毎日を楽しく
注目コラム