ママコートおすすめ12選!おんぶも抱っこもできるダッカー付きが人気

コラム 公開日:2017/12/18
ママコートおすすめ12選!おんぶも抱っこもできるダッカー付きが人気

寒さ対策のためのグッズや衣類など、とにかく荷物が多い赤ちゃんとの冬のお出かけ。荷物のほかにも、ママが着ているコートの脱ぎ着や授乳のしやすさも、快適なお出かけを左右するポイントに。おなかが大きくなった妊娠後期や、出産後に抱っこひもを使って外出するときは、どんなコートを着ればいいのか悩んでしまうこともありますよね。ここではママたちの声をもとに、どのようなコートを使っているのかをリサーチ。おすすめのママコートとあわせて紹介します!

ママコートとは?ふつうのコートとはどこが違う?

赤ちゃんを抱っこやおんぶしたまま羽織れるアウターを総称し「ママコート」と呼んでいます。多くのものは産前、産後まで通して着られるようにゆったりしたデザインのものが多いようです。とくに自転車に乗ったり、家事中におんぶをする必要性がある場合には、ママコートがあると便利です。

ママコートを使っているママたちの口コミをチェック

①ママコートを使うメリットは?

「ママも赤ちゃんも一緒にあたたまることができる」
「おんぶをするとすぐ泣き止むので、おんぶ対応のママコートがあると外出時に助かります」
「赤ちゃんも自分もぬくぬくで、ママコートを着ているときはあまりぐずらなかったような気がします」
と、ママと赤ちゃんがいっしょにあったまることができる、一体感があっていいという声が。
寒さから赤ちゃんを守るのはもちろん、包まれている安心感からママコートの中だとぐずらないという意見がいくつも。これはママコートならではの効果かもしれません。

②ママコートのデメリットってある?

「ただでさえ着ぶくれする冬に、ママコートを着てかなり動きづらかったことがある」
「ダウンタイプのママコートは暑すぎて失敗」
などの声が。
赤ちゃんがぐずったときに、ダッカーがあることで脱ぎ着に手間取ったりなど、使い勝手での不満も聞かれました。

ママコートについている「ダッカー」とは?

ママコートには、赤ちゃんを覆うための別布が付いているタイプがあります。ダッカーは、ジッパーやボタンで取り外し可能なことが多く、外すとふつうのコートと同じように着られる2Wayタイプも。またダッカーにクリップがついていて、ベビーカーのフットマフやブランケットとして使うことができたり、ダッカ―単体で抱っこひもカバーとして使えるなど、2Way~4Way仕様になっているママコートもあり、便利なものが続々登場しています。

ママコートの選び方を知りたい!ダッカー付き、なしどちらがいい?

ママたち100人に聞いてみました!

今使っているママコートはダッカー(赤ちゃんを覆う布)付きを選びましたか?

いいえ…76%  はい…24% 

アンケートに答えてくれたママの8割近くが、ダッカーのついていないコートを選んでいる結果に。そのほとんどが、「使うのは一時的」「いずれ使わなくなる」と短い間しか使わないのでもったいない、という理由から。「普段のコートで代用できた」「ほとんど車移動なので必要なかった」「抱っこがあまりなくベビーカーが多いから」など、移動手段や、抱っこかベビーカーかという点も「ダッカー付きママコート」が必要か否かを決める大きな要素であることがわかりました。

一方、「ダッカー付きママコート」を買った人たちは、「歩き移動が多いので寒さ対策で」「子どもといっしょにコートに入れるから暖かい」「ママひとりのときはダッカーを取りはずしてふつうのコートとして着ている」など、その利便性の高さを挙げています。「おんぶをしたときに、赤ちゃんを覆え、私も赤ちゃんもあたたかい」というおんぶ派の意見も見逃せません。使う期間が限られているとしても、ふつうのコートではやはりカバーできない利点があるのがダッカ―付きママコート。赤ちゃんが小さいころはとくに、使いやすいと感じる面が多々ありそうです。

ママコートについてのアンケートをまとめるうちに見えてきたことは、まず「ママコートを必要とする場面があるかないか」を考えた上で購入を検討するのが大切だということ。そこで、ママコートがあると便利な、ママの行動タイプをまとめてみました。

□上の子がいる。下の子を抱っこ・おんぶするシーンが多い。上の子の外遊びにつきあう、送迎につきあう。
□ふだんから歩いて行動することが多い。
□ベビーカーよりも、抱っこひも派。
□両手を使えるようにしていたい。

さらに、下記にあてはまる人は、ダッカー付きがおすすめ!

□子育て中は、デザイン性だけじゃなく実用性も兼ね備えたものが欲しい。
□赤ちゃんは前抱っこしてお出かけがほとんど。
□ダッカーの着脱が面倒ではない。

ダッカー付きママコートの特色は、状況に応じて数通りの着方ができること。ただダッカー付きでなくても、身頃にゆとりがあり、前抱っこの赤ちゃんごとすっぽり覆えるタイプも。いずれにしても、軽さや動きやすさ、デザインなど、愛用できるポイントをよく踏まえて選びたいですね。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で二名様に当たる!エルゴベビー「ベビーキャリア ADAPT(アダプト)」プレゼント 9月30日まで 詳細はこちら
注目コラム