【妊娠20週4日/予定日まで136日】病院や自治体で開催される両親学級は仲間づくりの場所

【妊娠20週4日/予定日まで136日】病院や自治体で開催される両親学級は仲間づくりの場所

連載 2人で読む【妊娠中期】 安心マタニティ

この時期、両親学級がスタートします。出産予定の病院や自治体などで開催されます。両親学級に参加することで大事なのは、「育児」をする仲間をつくること。悩みや問題が起きたとき、相談できる心強い仲間となります。


【赤ちゃん】人間らしい感じになってきました

髪の毛もだんだんに濃くなってきて、人間らしくなってきました。皮脂の分泌がとても盛んになって、胎脂が皮膚の上にいっぱいついています。

【ママ】大事なのは、育児する「仲間」をつくること

両親学級がスタートしますね。開催される場所は出産予定の病院、自治体などさまざま。できればたくさん参加してみましょう。両親学級に参加することで大事なのは、お産のことや赤ちゃんのこと、自分の体のことを勉強するだけではありません。これらはテキストがあればわかります。大事なのは、育児する「仲間」をつくること。自分以外のママたちは、自分で解決できない悩みや問題が起きたときに、相談できる心強い仲間となります。仕事をしている人も、土日に開催される両親学級もあるので、できるだけ参加しましょう。里帰り出産の人は、これから子育てをするエリアである地元の両親学級に、できるだけ参加しておくといいですね。

【ドクターより】赤ちゃんに何を話したらいいの? 内容よりも、声のトーンが重要

何を話したらいいの? と迷う人もいるようですが、なんでもいいと思いますよ。思い浮かばないのであれば、「お天気がいいね」「今日はよく動くね」「ご飯、おいしいよ」など、あなた自身が見ているもの、感じていることなどをそのまま実況するように話しかけるのでもいいでしょう。私の友人で「早期教育だ」と言って英語で語りかけていた人もいました。話しかける中身は好みでなんでもいいと思います。赤ちゃんにとっては、話している内容よりも、声のトーンが重要なのだそうです。ママがリラックスしてやさしい声を出していると、赤ちゃんもゆったりできるのです。怒っているとき、ケンカしているときの声のトーンには、赤ちゃんはぎゅっと縮こまったり、突然暴れたりもします。 生まれたばかりの赤ちゃんにママの声を聞かせると、ほかの女性の声とは明らかに違う反応を示します。自由に動けないおなかの中で、毎日毎日その声を頼りにしてきたからです。あなたの声はそんな存在なのだということを、どうぞ知っておいてください。


この連載について

安定期に入る妊娠中期の週ごとのアドバイス。1つずつ読むごとに、そのときの赤ちゃんの様子、ママの生活上の注意点などが少しずつ理解できます。赤ちゃんの成長を実感して、自然とママになる心の準備も整うはず。35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイス!

最新の記事

【妊娠26週1日/予定日まで97日】目や耳の光や音を感じる器官が成長し表情も豊かに

【妊娠26週0日/予定日まで98日】大きめの赤ちゃんは1kg近くに! その分羊水も増量中

【妊娠25週6日/予定日まで99日】里帰り出産を考えている人はそろそろ準備を始めるころ

監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

出典 :First Pre-mo(ファーストプレモ)2017年春夏号 ※情報は掲載時のものです

クリップ

あなたにおすすめ

お子さんを持つママの実績に!詳しくはこちら
注目コラム