大人気インスタグラマー「おさよさん」に学ぶ!収納上手になるコツ

コラム 公開日:2017/12/12
大人気インスタグラマー「おさよさん」に学ぶ!収納上手になるコツ

収納上手で暮らしを楽しんでいる、人気インスタグラマーのおさよさん。でも、以前は詰め込み収納で何がどこにあるのかわからない、物を持っていることすら忘れてしまうような状態だったと言います。そんなおさよさんが収納上手になるために行ったしまい方、捨て方の工夫を教えてもらいました!

「何がどこにあるのかわかる暮らしはスムーズで心地いいです」

人気インスタグラマー おさよさん

(家族構成:夫・息子6歳・娘3歳、住まい:戸建て)

物を持っていることすら忘れてしまうような詰め込み収納が、以前の私でした。掃除のしやすさも考慮して収納を変え、普段から物をため込みにくい環境に変えていきました。家族の性格もバラバラなので、使っている様子や不満も覚えておいて、その都度変えていけばいいかなぁと思っています。

しまい方はどうしてる?

以前はギチギチの詰め込み収納だったので、今は見づらく、取り出しにくい場所は潔く空白にしておくか、使用頻度の低い物を収納しています。ラベリングし、何がどこにあるか家族全員がわかる収納は、暮らしがスムーズで、心地いいですね。

捨て方はどうしてる?

物を手放すときは、趣味の似ているお友達にお譲りしたり、オークションに出したりしています。普段から「物を大切にしなさい!」と子どもに言っている手前、ただポイポイ捨てるのではなく、物の大切さも知ってほしいから。

◎物を増やさないようにするコツ

「見直しボックスを設置し、必要ないと思えば手放します」

収納や活用法に悩んだ物は、とりあえず見直しボックスに移動させ、それがない状態にして暮らしてみます。そして「今の暮らしに必要だな」と思ったら戻し、必要ない場合は手放すことに。そんな見直しボックスが我が家にはキッチンとクローゼットと子ども部屋に。おもちゃ類は子どもが納得したら処分します。

◎配布物をためないコツ

「保管期間によって3カ所に分けて管理」
今週予定のあるものはダイソーのマグネットボードに挟み、扉裏に貼りつけています。予定が過ぎた週末には処分するのが流れ。

学校や園から本当にたくさんの配布物が配られますよね。我が家ではその配布物を、保管する期間によって3つに分けて収納します。
1週間以内に必要となるプリントは、普段から目につくリビング収納の扉裏に。もう少し期間が長いものは収納内の一時保管用トレーに。そして連絡網など長期保管が必要なものはインデックスをつけ、バインダーに挟んで。健康診断や保険関係、歯科検診などの書類も一緒に保管しています。

「一時保存」には半年に一度学校に持たせるもの、来月の行事案内など今週より先のプリントを入れています。

連絡網や園に提出する薬の依頼書、治癒証明書など、「1年間は保存しておきたい書類」はファイルで保管します。


※ 本記事は『すっきりくらすための収納のコツ』より出典。

出典 :おさよさんの無理なくつづく家事ぐせ※情報は掲載時のものです

Profile
おさよさん
SNS「インスタグラム」でフォロワー数151,000人超えを誇るインスタグラマー。毎日続けられる簡単な掃除テクや、部屋がスッキリ片づく収納術が特に人気。6才男の子と4才女の子のママ。
Instagram

あなたにおすすめ

抽選で一名様に当たる!アップリカの新ベビーカープレゼント 詳細はこちら
注目コラム