『かいけつゾロリ』ってどんな本?人気の秘訣とおすすめ10冊

コラム 公開日:2018/01/09
『かいけつゾロリ』ってどんな本?人気の秘訣とおすすめ10冊

『かいけつゾロリ』とは、コミカルな物語と個性豊かなキャラクターにより、小学生前後の子どもたちの心をグッと掴んでいる児童書です。ワクワクする話の展開と適度な文字数のおかげで、普段本を読まない子どもたちも自ら手に取ってしまう『かいけつゾロリ』シリーズ。今回はその魅力について、販売元のポプラ社さんにお話を伺いました。おすすめ10冊とともにご紹介します。

先輩ママに『かいけつゾロリ』について聞いてみました! 

お子さんは『かいけつゾロリ』の本が好きですか? 

現在進行形で『かいけつゾロリ』にハマっているお子さんを持つママの割合は、全体の3割ほど。お子さんがハマる理由をママに聞いてみると
「子どものおもしろがるポイントを分かっているなぁと思います。」
「絵本のように多くのページに絵が描かれていて読みやすく、でも絵本とはまた違って読み応えがあり、読み終わると達成感があるようです。」
「ゾロリの性格や行動、発言がおもしろいから。」
との意見が挙げられました。

『かいけつゾロリ』ってどんな本? 

そもそも『かいけつゾロリ』とは、どんな物語なのでしょうか? 出てくるキャラクターにも興味が惹かれますよね。詳しく見ていきましょう。

『かいけつゾロリ』とは

『かいけつゾロリ』とは、ポプラ社から発刊されている児童書で、2017年に30周年を迎えるほど、実は歴史の長いお話です。主人公であるキツネのゾロリと、そのゾロリを尊敬しているイノシシの双子イシシとノシシが冒険を繰り広げる物語になっています。作者は、原ゆたかさん。いつも「前作よりおもしろい物語を! 」と考えながら物語を書いているそうです。多くのファンに愛される作品になっても、おもしろさを追求し続ける原さんの姿勢が、『かいけつゾロリ』の人気に繋がっているのかもしれません。

『かいけつゾロリ』に出てくる人気キャラクターを紹介

『かいけつゾロリ』のキャラクターについて、ポプラ社さんに教えてもらいました。

ゾロリ

いたずらの王者をめざし、修行の旅をつづけるキツネ。失敗してもいつも前向きで変装と発明が得意です。

イシシとノシシ

ゾロリを尊敬してやまないゾロリの弟子。一緒に旅をしているイノシシの双子です。イシシがお兄ちゃんでノシシが弟だと知っていましたか?

ゾロリママ

ゾロリが小さいころ、天国にいってしまったやさしいママ。残念ながらゾロリにはみえませんが、実はいつもそばにいるのです。2017年11月公開された映画では、ゾロリが若き日のママと出会うようです。

個性豊かなキャラクターが繰り広げる物語から、目が離せませんね。

『かいけつゾロリ』の本にはどんな種類があるの? 

長く愛されている『かいけつゾロリ』には、物語シリーズ以外の本もたくさんあります。たとえば名場面を集めた『かいけつゾロリ アニメ大百科』シリーズや、なぞなぞばかりを集めた『なぞなぞ』シリーズ、ゾロリの世界をマンガで楽しめる『4コマ』シリーズなど、テイストもさまざま。2017年11月時点で販売中の『かいけつゾロリ』シリーズは、なんと100冊ほどにのぼります。人気の様子がよく分かりますよね。

『かいけつゾロリ』を読破した子どもたちにおすすめしたい本とは

読書が苦手な子たちの入口としても人気を集めている『かいけつゾロリ』。せっかく身についた読書への好奇心が、『かいけつゾロリ』だけで終わってしまったらもったいないと思いませんか? そこで、販売元であるポプラ社さんに、『かいけつゾロリ』を読破した子どもたちへ次におすすめしたい児童書について聞いてみました。

『イシシとノシシのスッポコペッポコへんてこ話 オーボラーラ男爵の大冒険』/『イシシとノシシのスッポコペッポコへんてこ話 へいきのヘイタ』

『かいけつゾロリ』シリーズでもお馴染みの「イシシ」と「ノシシ」が語り手として登場するので、ゾロリの読者には親しみを持ってもらいやすいのではないでしょうか。お話は、イシシとノシシの語るヘンテコでおもしろい短編が収録されています。長いお話を読めない子でも、飽きずに読み切れそうです。
価格:1,080円(税込)

Amazonで詳しく見る

『名門フライドチキン小学校』シリーズ

ゾロリの原ゆたか先生が絵を描いているため、馴染みやすいシリーズです。「こんな学校があったらいいな…」と子どもたちが思うような、おもしろい人がたくさん登場する『フライドチキン小学校』のハチャメチャ話。ゾロリよりも少し多めの文字量になっているものの、子どもの爆笑を誘うような内容が連続しているため、夢中になって読み切れます。『かいけつゾロリ』で読書に慣れてきた子どもたちにピッタリです。
価格:670円(税込)

Amazonで詳しく見る

子どもに人気の『かいけつゾロリ』、おすすめ単行本10冊

『かいけつゾロリ』シリーズがはじめての人には、まずこの5冊

かいけつゾロリのドラゴンたいじ

シリーズの始まりとなる「かいけつゾロリのドラゴンたいじ」。最初のお話では、修行の旅に出たゾロリが、お姫さまの花婿になるために何か作戦を考えるようです。イシシとノシシとの出会いも書かれているので、シリーズの第一巻はぜひ読んでおきましょう。
いたずらをしてはいつも失敗してしまう、愛らしいゾロリたちの冒険が今始まります! 
価格:972円(税込)

Amazonで詳しく見る

かいけつゾロリのチョコレートじょう

シリーズ6冊目となる、「かいけつゾロリのチョコレートじょう」。子ども達の夢でもあるチョコレートでできたお城が、冒険の舞台となっています。くじで当たったチョコレートのお城は、無事ゾロリの手に入るのでしょうか? 物語の途中で、ゾロリが見せるチョコレートの食べ方にも注目。ママとしては「やめてー! 」と言いたくなるかもしれませんが、きっと子どもたちは真似したくなりますね。
価格:972円(税込)
Amazonで詳しく見る

かいけつゾロリのママだーいすき

シリーズ第9巻は、ゾロリのママが登場します。ゾロリには見えていませんが、実はいつもそばでゾロリのことを見守っているママ。普段はいたずらばかり考えて、悪党を目指しているゾロリですが、第9巻はまるでヒーローのようです。実はとても優しくてママが大好きなゾロリ。親子で読んでもほっこりとさせられます。
価格:972円(税込)

Amazonで詳しく見る

かいけつゾロリの大かいじゅう

シリーズ第10巻の「かいけつゾロリの大かいじゅう」は、子ども達の大好きな怪獣が登場します。大切なゾロリのお城を壊してしまった大きな怪獣。ゾロリはどう立ち向かっていくのでしょうか? ストーリーがリンクしている部分もあるため、第9巻を先に読んでおくとよりおもしろく感じられそうです。
価格:972円(税込)

Amazonで詳しく見る

かいけつゾロリのおばけ大さくせん

第17話となる「かいけつゾロリのおばけ大さくせん」は、日本のおばけがたくさん出てくる物語。昔から語り継がれてきたおばけたちについて、紹介もされています。「おばけが出てくるから怖いのかな? 」と不安に思わなくて大丈夫。今回のお話に出てくるおばけたちは、子どもたちに怖がってもらえないと悩んでいるのです。ゾロリはおばけに、怖がらせる方法を教えてみますが、上手くいくのでしょうか? 
価格:972円(税込)

Amazonで詳しく見る

『かいけつゾロリ』をもっと読みたくなったときのおすすめ5冊

かいけつゾロリつかまる! !

第15巻では、好き放題いたずらしてきたゾロリがついに捕まってしまいます! 人気シリーズもついに終了?!…ではありません。読者たちの思いもよらない方法で、ゾロリは脱出作戦を決行します。牢屋に入れられてしまったゾロリたちは、無事脱出できるのでしょうか? そして気になる脱出方法とは? 
価格:972円(税込)

Amazonで詳しく見る

かいけつゾロリ まもるぜ! きょうりゅうのたまご

人気のあまり、映画化もされた第40巻「かいけつゾロリ まもるぜ! きょうりゅうのたまご」。ゾロリたちと仲の良い恐竜ママに卵が生まれました。大切に育てていましたが、なんと台風で大事な卵が海に流されてしまいます。大切な仲間のため、迷わず卵を助けに行くゾロリたちの発想力に注目です。原作を読んだ後に映画を観ても良さそうですね。
価格:972円(税込)

Amazonで詳しく見る

かいけつゾロリ たべるぜ! 大ぐいせんしゅけん

シリーズ第41巻のテーマは「大食い」。有名な大食いタレントたちも、モチーフとしてたくさん登場しています。実はこの次のお話は「ダイエット」がテーマになっていて、第41巻からきちんと繋がっているのです。子ども達の大好きな“おなら”ネタもたくさん出てきますよ! ゲラゲラ笑っているうちに、あっという間に読み切れそうですね。
価格:972円(税込)

Amazonで詳しく見る

かいけつゾロリのかいていたんけん

2017年に販売された61巻では、ゾロリたちが竜宮城へ冒険の旅に出かけます。目的はお宝のたくさん詰まった玉手箱と、かわいい乙姫さま。海の底へもぐっていきますが、なぜかそこには変な魚たちばかりが泳いでいます。ゾロリたちの目的が果たされるのか、今回も目が離せない展開です。
価格:972円(税込)

Amazonで詳しく見る

かいけつゾロリのちていたんけん

2017年11月に販売されたばかりの第62巻では、舞台を前作の海底から地底へと移して大冒険が繰り広げられます。地上に戻りたい3人ですが、地底人に邪魔をされたり熱いマグマに襲われたりと、行く手をはばまれてばかり。今回の3人はどんな冒険を見せてくれるのか、楽しみですね。
価格:972円(税込)

Amazonで詳しく見る

『かいけつゾロリ』の本に関する体験談を聞きました! 

『かいけつゾロリ』の本に関するエピソードを教えてください。

「友だちの間でも流行っているようで、図書館で競い合うように借りて読んでいるそうです。私も子どものときに親に買ってもらって、何度も読み返したことを覚えています。」

「本だけでなく映画もあるので、分かりやすいのだろうなと思います!」

「4歳の息子を連れて『かいけつゾロリ展』へ行きました。まだ早いかもと思いましたが、思っていたよりも楽しめたようです。もう少し大きくなったら本を買ってあげたいと思っています。」

取材協力/ポプラ社 
取材&文/蓼愛実

あなたにおすすめ