『かいけつゾロリ』ってどんな本?人気の秘訣とおすすめ10冊

コラム 公開日:2018/01/09
『かいけつゾロリ』ってどんな本?人気の秘訣とおすすめ10冊

『かいけつゾロリ』とは、コミカルな物語と個性豊かなキャラクターにより、小学生前後の子どもたちの心をグッと掴んでいる児童書です。ワクワクする話の展開と適度な文字数のおかげで、普段本を読まない子どもたちも自ら手に取ってしまう『かいけつゾロリ』シリーズ。今回はその魅力について、販売元のポプラ社さんにお話を伺いました。おすすめ10冊とともにご紹介します。

先輩ママに『かいけつゾロリ』について聞いてみました! 

お子さんは『かいけつゾロリ』の本が好きですか? 

現在進行形で『かいけつゾロリ』にハマっているお子さんを持つママの割合は、全体の3割ほど。お子さんがハマる理由をママに聞いてみると
「子どものおもしろがるポイントを分かっているなぁと思います。」
「絵本のように多くのページに絵が描かれていて読みやすく、でも絵本とはまた違って読み応えがあり、読み終わると達成感があるようです。」
「ゾロリの性格や行動、発言がおもしろいから。」
との意見が挙げられました。

『かいけつゾロリ』ってどんな本? 

そもそも『かいけつゾロリ』とは、どんな物語なのでしょうか? 出てくるキャラクターにも興味が惹かれますよね。詳しく見ていきましょう。

『かいけつゾロリ』とは

『かいけつゾロリ』とは、ポプラ社から発刊されている児童書で、2017年に30周年を迎えるほど、実は歴史の長いお話です。主人公であるキツネのゾロリと、そのゾロリを尊敬しているイノシシの双子イシシとノシシが冒険を繰り広げる物語になっています。作者は、原ゆたかさん。いつも「前作よりおもしろい物語を! 」と考えながら物語を書いているそうです。多くのファンに愛される作品になっても、おもしろさを追求し続ける原さんの姿勢が、『かいけつゾロリ』の人気に繋がっているのかもしれません。

『かいけつゾロリ』に出てくる人気キャラクターを紹介

『かいけつゾロリ』のキャラクターについて、ポプラ社さんに教えてもらいました。

ゾロリ

いたずらの王者をめざし、修行の旅をつづけるキツネ。失敗してもいつも前向きで変装と発明が得意です。

イシシとノシシ

ゾロリを尊敬してやまないゾロリの弟子。一緒に旅をしているイノシシの双子です。イシシがお兄ちゃんでノシシが弟だと知っていましたか?

ゾロリママ

ゾロリが小さいころ、天国にいってしまったやさしいママ。残念ながらゾロリにはみえませんが、実はいつもそばにいるのです。2017年11月公開された映画では、ゾロリが若き日のママと出会うようです。

個性豊かなキャラクターが繰り広げる物語から、目が離せませんね。

『かいけつゾロリ』の本にはどんな種類があるの? 

長く愛されている『かいけつゾロリ』には、物語シリーズ以外の本もたくさんあります。たとえば名場面を集めた『かいけつゾロリ アニメ大百科』シリーズや、なぞなぞばかりを集めた『なぞなぞ』シリーズ、ゾロリの世界をマンガで楽しめる『4コマ』シリーズなど、テイストもさまざま。2017年11月時点で販売中の『かいけつゾロリ』シリーズは、なんと100冊ほどにのぼります。人気の様子がよく分かりますよね。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で二名様に当たる!エルゴベビー「ベビーキャリア ADAPT(アダプト)」プレゼント 9月30日まで 詳細はこちら
注目コラム