ママのレインシューズで人気のおすすめ&おしゃれな“パンプス”タイプ11選

コラム 公開日:2017/12/05
  ママのレインシューズで人気のおすすめ&おしゃれな“パンプス”タイプ11選

子どもの送迎に買い物と、あいにくのお天気でもママはすることがてんこ盛り。そんな中でも気持ちよくアクティブに動くために、足元は雨から完璧にガードしたいもの。一見レインシューズだとわからないくらいおしゃれなタイプを持っていれば、雨の日も楽しくなりますね。ママたちの意見も調査しながら、人気のレインシューズをピックアップしました!

ママ100人に聞きました

機能性…42%/デザイン性やブランド…38%/価格…17%
「ちょっとした水たまりなどにはまり、靴底からじわーっと水がしみてくるのが気持ち悪い。レインシューズはしっかりとしたものがいい」「見た目ばかりで機能性に欠けるのはダメ。濡れてしまっては意味がないから」など、やはり防水機能が第一という声がいちばん多く聞かれました。
それと同じ割合で「デザイン性やブランド」をあげるママも。「雨の日でも楽しく外出できるようにデザイン性やブランド基準で選びました」というように、天候の悪いときでも「お気に入りのレインシューズを履いていこう!」と外出が楽しみになるくらいのものがあるといいですよね。
一方「あまり履かないし、お手ごろ価格のものがいい」という声も。履く頻度などコスパを考えるのは当然。総合すると「お手頃な価格で防水性が高く、見た目にもかわいいレインシューズ」が理想的なようです。

レインシューズとは?

雨の日に欠かせない防水性の高い靴。長靴タイプでオシャレなデザイン性も兼ね備えた「レインブーツ」に対し、レインシューズはフラットシューズやパンプスタイプのものが主流。レインブーツよりも軽くてラク、雨がやんだあとも違和感なく履ける点などが人気です。

レインシューズの選び方は?

オシャレが最優先というママがいる一方、「北陸地方在住です。冬は雪が多く足元が悪いので、機能性で選びます。車で移動することが多く、運転の邪魔をしないことも重要」「地元では雪の日はオシャレなブーツではなく、実用的な長靴を履いて普通にスーパーに行く30~40代女性も多いです」という声も聞かれました。
機能性も欠かせないアイテムですから、住んでいる場所の気象条件・移動手段・働いているかどうかか・どんな職種かなど、状況によってレインシューズを選ぶポイントが異なってくることがわかります。それを踏まえた上で、一般的なセレクトポイントを挙げてみましょう。

①足が濡れないこと

「デザインが気に入って安くて買ったけれど、靴底から水がしみてきた」と、商品に対する満足度は、使用中に足が濡れないかどうかに大きく影響されます。使用後しばらくしてからの劣化などは購入時点ではわからないので、材質などを考慮して選ぶのが大切です。

②脱ぎ履きがしやすい、履き心地がいいこと

子どもの送迎などで頻繁に脱ぎ履きする、忙しい朝は家の出入りをスムーズしたい、というママの日常を考えると、ショートブーツやパンプスタイプなど、着脱がラクなタイプがおすすめ。
車を運転する場合は、足首の動きを妨げないことも重要です。そもそも雨で不快指数が高いなか、靴ずれができるような履きごこちが悪いものではストレスを感じてしまうことも。できれば試着してフィット感も確認したいところです。

③見た目がかわいい、レインシューズだとわかりにくいこと

「履いた時のフォルムが重要です。どうしてもボテっと大きくなるのが嫌いで、ブーツのように細身なのが好ましい」「送迎時にレインシューズはマスト。履かなければいけないのでれあれば、おしゃれなデザインのものを選ぼうと思いました」という意見も。外出中に天候が変わるのはよくあること。途中で晴れてしまったときに、長靴感たっぷりだと恥ずかしいと感じることもあり、レインシューズっぽくないデザインもポイントになります。見た目がかわいいものや、ふつうの靴に見えるタイプを愛用しているママからは「雨が降りそうなときにも一応履いていけるのでいい」という声も。そんな活用法もふつうの靴に見えるタイプならではですね。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で一名様に当たる!東芝「TORNEO V cordless(トルネオ ヴィ コードレス)」プレゼント 9月2日まで 詳細はこちら
注目コラム