音の出るおもちゃは赤ちゃんにも人気!おすすめアイテム12選 

コラム 公開日:2017/12/08
音の出るおもちゃは赤ちゃんにも人気!おすすめアイテム12選 

赤ちゃんだって、楽しいリズムや面白い音の出るおもちゃが大好き!メロディに合わせて小さな手をたたいたり、身振り手振りでおもちゃから出る音を楽しむ様子は、見る人をなんとも幸せな気持ちにさせてくれます。ただ、いざ購入しようと思っても、赤ちゃんむけの音の出るおもちゃは星の数ほど。どれを選べば良いか迷ってしまうパパやママも多いでしょう。今回は、赤ちゃんにおすすめな音の出るおもちゃについて、選び方や人気の商品を詳しくご紹介します。

先輩ママにアンケート!

音の出るおもちゃをもっていますか?

音の出るおもちゃをもっている人は、全体の約9割にも上りました。多くの家庭で選ばれているようです。

音の出るおもちゃの選び方

音の出るおもちゃの選び方は、赤ちゃんが興味や関心を示すアイテムを選ぶことが大事でしょう。音の出方や種類などはさまざまなので、児童館やテスターがあるおもちゃ売り場などで、実際に触らせて反応を見ると良いかもしれません。また、子どもの発育や発達に合わせて選ぶこともおすすめです。聴力の発育や発達を、月齢・年齢別にまとめました。

幼児期における聴力の成長過程

赤ちゃんはママのお腹にいるときから音を感じていると言われています。赤ちゃんの聴力は、生まれた後どのように変化するのでしょうか?

生後0~2ヶ月頃

赤ちゃんは、大人に比べて聴力は未熟です。新生児期には突然の音にビクッとする「モロー反射」が見られたり、生後1~2ヶ月頃にはくしゃみ・掃除機・時計の音・子どもの騒ぐ声などに、眠っていても反応して目を覚ましたりします。音を認識でき始めると、徐々に反射は消えていくようです。大きな音の出るおもちゃは避けた方が良いかもしれません。

生後3~4ヶ月頃

生後3ヶ月を過ぎれば、大人と同じように音へ反応できるようになってきます。ママやパパの声やテレビの方へ、顔や目を向けようとするかもしれません。音に好き嫌いが出る時期とも言われているので、購入前には赤ちゃんの表情や反応をよく観察すると良いでしょう。

生後5~7ヶ月頃

生後5ヶ月を過ぎると、音を聞き分けられるようになるようです。親しみのある音への反応は次第に減り、逆に新しい音は敏感に察知するようになるでしょう。話しかけたり、歌いかけたりすると、声で応える赤ちゃんもいるようなので、いろいろなメロディが流れるおもちゃを楽しめる頃かもしれません。

生後8~11ヶ月頃

生後8ヶ月になると、動物の鳴きまねに喜んだり、いろいろな音に反応を示したりすると言われています。大人の言葉をまねしたり、簡単な言葉を理解したりと、耳からの情報を処理する力がつくようです。メロディだけでなく、おしゃべり機能があるおもちゃも良いかもしれません。

1歳以上

1歳を過ぎると、大人が話す言葉を聞いて理解できるようになると言われています。おうむ返しでなく、自分の言葉として使い始める子どももいるでしょう。大人が出す簡単な指示や説明に応じて行動できるようです。想像力や好奇心をさらに高める手助けとなるような、知育玩具や簡単な楽器も良いかもしれません。

年齢別おすすめ12選!音の出るおもちゃが知りたい!

0歳・1歳・2歳の3つに分けて、それぞれの時期におすすめの音の出るおもちゃを、全部で12個ご紹介します。対象年齢はあくまで目安なので、使用にあたって危険がないかしっかり検討してください。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で一名様に当たる!アイロボット社の拭き掃除ロボブラーバジェット240プレゼント 詳細はこちら
注目コラム