抱っこ紐ケープで防寒・防雨対策!必要と感じた先輩ママのリアルな感想は?人気10選

コラム 公開日:2018/01/11
抱っこ紐ケープで防寒・防雨対策!必要と感じた先輩ママのリアルな感想は?人気10選

赤ちゃんの防寒対策ってどうすればいいの?暑すぎる?寒すぎる?まだしゃべることができない赤ちゃんの寒さ対策は、ママたちも悩みますよね。防寒用のアウターといっても、抱っこ紐ケープやママコート、カバーオール、ケープなど種類はたくさん。ここでは抱っこ紐ケープの魅力について、先輩ママの意見も参考にして詳しく紹介していきます。おすすめの抱っこ紐ケープも紹介するので、チェックしてみてください!

抱っこ紐ケープ(ウォーマー)を使用していますか?

ケープやウォーマーを使用したことがある人が、半数以上いました。抱っこ紐から出ている赤ちゃんの足が寒そうで、多くのママがケープの必要性を感じているようです。使用しているママからは、赤ちゃんを厚着させる必要がなくて便利という声も見られました。ベビーカーと併用して使っているママが多くいるようです。

愛用の抱っこ紐ケープはどんなタイプ?

「専用のブランケットタイプ」・「専用の足先まで包むタイプ」といった専用タイプのケープを使用しているママが66%いました。その中でも、足先まで包むタイプが人気のようです。ブランケットなどで代用したママは、抱っこひもに挟んだり、紐と洗濯ばさみを活用したりしてズレ落ちないように工夫していました。専用ケープはかさばるので、真冬は専用のケープを利用して、真冬以外はおくるみなどで代用しているとの意見もありました。

抱っこ紐ケープの必要性って高いの?

体温調節がまだ上手にできない赤ちゃんは、大人に比べて外気温の影響を受けやすく、すぐに体温が上がったり下がったりしてしまいます。真冬の屋外に赤ちゃんを連れて出るときは、何かしらの防寒対策が必要です。数ある防寒対策アウターの中でも、抱っこ紐ケープは便利なアイテム!
各アイテムにメリットとデメリットがありますが、「寒さ避けに抱っこ紐をしてからママコートをはおると、ファッションに合わせてコートを変えられなくてつまらない」、「赤ちゃんが着用して防寒するカバーオールタイプは、抱っこ紐の中が窮屈になる」、「赤ちゃんのアウターとしてのケープは、丈が短いのですき間風が入ってくる」といった悩みがないのが抱っこ紐ケープの魅力です。もちろん赤ちゃんもぬくぬく! 外気に体温が奪われる心配もありません。
そして、寒い季節だけでなく、紫外線がきつい夏場も薄手の抱っこ紐ケープは活躍します。抱っこ紐の中で、ぐっすりと寝ている赤ちゃんを抱っこ紐ケープが紫外線と直射日光から守ってくれますよ。

抱っこ紐ケープの用途と種類は?

抱っこ紐ケープの用途は大きく3つに分けられます。「防寒用・防雨用・紫外線対策用」です。さらに花粉症対策として使用することもあります。それぞれの用途にあった素材のものを選ぶのが大切といえるでしょう。

防寒用

外側の素材がナイロンのものを選ぶと風が通らず寒くありません。中綿があるダウンタイプだとより温かく、軽量タイプがおすすめです。

防雨用

防水加工されているものなら、おでかけ中の急な雨や雪で赤ちゃんが濡れる心配もありません。汚れがつくのも抑えるところもうれしいポイント。

紫外線対策用

夏場に使うことが多いので、薄手のものを選ぶといいでしょう。授乳ケープとしても使える便利なタイプもあります。

上記の3タイプのほかに、抱っこ紐用だけでなくベビーカーにも使えたり、授乳ケープやおくるみとしても使えたりする2way、3wayのケープもあります。

抱っこ紐ケープの代用品や手作りの方法もチェック!

アンケートでも、約3割のママがブランケットなどで代用していましたね。実際には、どういったもので代用や手作りしているのでしょうか。

代用品

ベビーカーなどにブランケットがずり落ちないようにつけるクリップを抱っこ紐につけて、クリップでブランケットなどを止めるという方法があります。気温に合わせてブランケットの素材や厚さを選べるのは便利です。春夏はエイデンアンドアネイのおくるみで冷房よけに使用したり、秋冬はユニクロなどのダウンベストを抱っこ紐の肩紐部分に通して、抱っこ紐ケープ代わりにするという先輩ママも!軽量なものを選ぶのがポイントです。いずれの場合も、専用のものではないので赤ちゃんの安全性が十分確保できているか注意が必要です。

手作り

フリース生地と風を通さないナイロン素材の生地を重ねて縫いましょう。これで、肌触りもよく温かい生地ができます。紐つきクリップを取り付けるか、一辺を輪の形にしてそこにママが首を通す方法で、抱っこ紐ケープとして使いましょう。

これから購入するママにおすすめ!人気の抱っこ紐ケープ8選

ネットで検索したらたくさんある抱っこ紐ケープ。その中でも先輩ママたちから人気がある商品を紹介していきます。これから購入する参考にしてくださいね。

B-PING ベビーカー用 防寒カバー キッズ 冬暖かい ケープ マントブランケット 抱っこひも ベビーカーカバー べビーブランケット 快適 防寒 出産祝い

肌触りのよいフリース生地が気持ちいい「B-PING」の抱っこ紐ケープです。赤ちゃんを寒さと風から守ってくれるのはもちろん、ママの冷える手を温めてくれるポケットも付いています。肩ベルトにしっかり固定でき、ズレ落ちる心配もありません。プチプラなので、抱っこ紐ケープの購入に悩んでいる人におすすめです。

1,889円(税込)

本体サイズ:頭側の幅42cm、足元側の幅65cm、長さ57cm

Amazonで詳しく見る

【ベビーアムール 】Bebamour 抱っこひもカバー ケープ ベビーフード付きパーカー コート 防寒 マント出かける用 出産祝い パープル

ナイロン素材がしっかりと風雨を防ぎ、内側のフリース素材は肌触りが良い抱っこ紐ケープです。赤ちゃんをすっぽりくるんでおくるみとして使用することもできます。外側についているポケットには、スマートフォンやカギなどの小物を収納できて便利。パープル・ピンク・紅からカラーを選べます。

5,678円(税込)

重さ:0.35KG

素材:【表地】ナイロン100% 【裏地】フリース

Amazonで詳しく見る

Sweet Mommy オーガニックコットン100% リバーシブル マルチケープ 接結キルティング コットンレースフリル 授乳ケープ ベビーカー対応ブランケット だっこ紐カバー だっこ紐カバー兼収納ポーチ付き/F/グリーン

抱っこ紐ケープ・授乳ケープ・ベビーカー用カバーと3WAYの使い方ができる「Sweet Mommy」のマルチケープ。フリルが優しい印象でかわいいアイテムです。オーガニックコットン100%なので安心して使えます。専用の収納カバーが付いているのも便利。一年中使えるキルト素材で、夏場の冷房や紫外線から赤ちゃんを守るのに活躍します。

9,504円(税込)

本体サイズ:縦71、横112、ボタン付きバンド15、カバー横幅42、カバー長さ50㎝

素材:コットン100%(別布:コットン100%、カバー:ポリエステル93%・ナイロン7%)

Amazonで詳しく見る

wipcream ウィップクリーム フットマフ 2way ベビーウォーマー 抱っこ紐 ベビーカー WC-BW0015 (black star dot)

抱っこ紐ケープとしても、ベビーカーカバーとしても使える2WAYフットマフです。耐水性・撥水性に優れているので、雨の日も安心して使えます。被せるタイプで、取り外しが簡単にできるのも魅力的。内側はフリース素材で、赤ちゃんに触れる面はやわらか。カラーも7種類あって、好みのデザインを選べます。

10,220円(税込)

本体サイズ:幅48×長さ75㎝

重さ:450G

素材:ポリエステル100%

Amazonで詳しく見る

日本エイテックス ユグノー FTケープ+はっ水 ブラック 01-104

抱っこ紐とベビーカー両方でつかえる2wayタイプのケープです。発熱効果と蓄熱効果があるフィールサーモ®を採用し、赤ちゃん自身の温もりでさらにぽかぽか効果があります。クリップで簡単に装着できるので、おでかけの準備ももたつきません。手洗いできるので、衛生的に使えて安心です。

4,536円(税込)

本体サイズ:着丈64cm、身幅73㎝

素材:【表】ポリエステル(フィールサーモ®)100%、【裏】ポリエステル(フリース)100%

Amazonで詳しく見る

(Newox) 防寒カバー 抱っこひも ベビーキャリア 裏ボア 極暖  小物入れポケット付き

耳付きの帽子がキュートな抱っこ紐ケープです。内側のフリース生地もかわいらしいデザイン。防寒・防風性に優れたポリエステル素材を表面に、保温性の高い綿を中綿に使うことで、赤ちゃんを寒さと風から守ってくれます。外側についているポケットは小物入れやママの手を温めるのに便利です。

2,380円(税込)

本体サイズ:幅63×奥行81㎝

重さ:約0.5KG

Amazonで詳しく見る

あったか4wayベビーケープ(ジェムジェム)zemzem ベビーカー装着可能・男女兼用zem01新品 (ブラック)

リバーシブルで使えて、抱っこ・おんぶ・おくるみ・ベビーカーカバーとして4WAYの使い方ができるマルチなベビーケープです。赤ちゃんが動いたり風がふいたりしたときに、ずれることが多いフード部分にもクリップが付いています。パパでも使いやすいデザインが人気の秘密です。

21,543円(税込)

本体サイズ:60×60㎝

素材:【表】ポリエステル100% 【裏】ポリエステル90%、レーヨン10% 【詰物】ダウン70%、フェザー30%

Amazonで詳しく見る

子ども 赤ちゃん ベビー 防寒フリース 抱っこ カバー ベビーカー ケープ 男の子 女の子 ナイロン だっこ紐 ジャンパー (ピンク)

かわいいデザインが多数揃うフリース素材の抱っこ紐ケープです。柄物が大好きなママにおすすめ。迷彩柄やチェックなども揃います。フリースの間にはナイロンが挟んであるので、防風効果にも優れてポカポカ。クリップは抱っこ紐の太い部分にもしっかりと装着できるので、ズレ落ちる心配もありません。

8,640円(税込)

本体サイズ:縦60×幅66㎝

素材:フリース&ナイロン

Amazonで詳しく見る

ブランド抱っこ紐専用のケープ2選

ベビービョルン【日本正規品保証付】ベビーキャリアカバー ブラック 028056

「ベビービョルン」のすべての抱っこ紐に対応しているベビーキャリアカバー。柔らかいフリース生地のカバーが赤ちゃんを風雨から守ってくれます。寒い冬の日はもちろん、メッシュ素材の抱っこ紐に使うなら夏場の冷房の効いた場所でも活躍。自宅の洗濯機で洗えるのも衛生的で安心です。

6,264円(税込)

本体サイズ:約45×奥行0.3×高さ90cm

素材:ポリエステル100%

Amazonで詳しく見る

Babyhopper(ベビーホッパー) ウインター・マルチプルカバー (Sassy Bitatto ビタット 付)

エルゴの抱っこひものためにデザインされた専用の抱っこ紐ケープです。エルゴに入った赤ちゃんをすっぽり包み込んでくれます。中空糸を採用することで、軽いのに暖かいを実現。リバーシブルになっているので、天候や気分に合わせて選べるのも魅力です。色は、ブラックとネイビーから選ぶことができます。

8,532円(税込)

本体サイズ:W74×H90cm

素材:【表側】ポリエステル100% 【中綿】ポリエステル100% 【裏側】ポリエステル90%、レーヨン10%

Amazonで詳しく見る

抱っこ紐ケープ、使ってみてどうだった?

実際に使ったママたちから、選んだポイントや使ってみた感想を聞いてみました。リアルな声を参考にして、抱っこ紐ケープ購入の参考にしてくださいね。

抱っこ紐ケープを選ぶときのポイントや注意点を教えて!

素材

「防寒のために、ダウン生地で上質のものを購入しました。」

「寒い時期には、外はナイロン素材・中はフリース素材のものを使用していました。」

足まですっぽり

「子どもの足が冷えないか心配だったので、足先まですっぽり包めるタイプを購入しました。おかげで、赤ちゃんの足先が冷えることはありませんでした。」

「足を包み込むタイプのものを使用。専用のものは、足をバタバタさせてもズレ落ちないので便利。」

ベビーカーと併用

「スナップボタン式で、ベビーカーにも抱っこ紐にもつけられて便利でした。」

「ぐずったら抱っこ紐で、寝たらベビーカーで…と、どちらでも利用できるものを選んで正解でした。」

抱っこ紐ケープを使ってよかった点を教えて!

「カバーオールタイプのダウンスーツを着せる必要がなく、おでかけ準備がすぐできました。室内に入ったときやチャイルドシートに乗せるときもすぐに外すことができるので、便利でしたよ。」

「頭から足先まですっぽりと覆えて防水加工がしてあったので、雪や雨が降った時も赤ちゃんが濡れませんでした。フードもついているので安心です。」

「外では防寒用ケープとして、お店の中ではソファーなどに敷いて敷きマット代用として使えました。」

文/大関杏奈

あなたにおすすめ

ママとしての毎日を楽しく
注目コラム