抱っこ紐ケープの人気おすすめ10選!防寒・防雨対策に必要?口コミ体験談付

コラム
公開日:2018/01/11
更新日:2019/10/02
抱っこ紐ケープの人気おすすめ10選!防寒・防雨対策に必要?口コミ体験談付

赤ちゃんの防寒対策ってどうすればいいの?暑すぎる?寒すぎる?まだしゃべることができない赤ちゃんの寒さ対策は、ママたちも悩みますよね。防寒用のアウターといっても、抱っこ紐ケープやママコート、カバーオール、ケープなど種類はたくさん。ここでは抱っこ紐ケープの魅力について、先輩ママの意見も参考にして詳しく紹介していきます。おすすめの抱っこ紐ケープも紹介するので、チェックしてみてください!

抱っこ紐ケープ(ウォーマー)を使用していますか?

抱っこ紐ケープ(ウォーマー)を使用していますか?

ケープやウォーマーを使用したことがある人が、半数以上いました。抱っこ紐から出ている赤ちゃんの足が寒そうで、多くのママがケープの必要性を感じているようです。使用しているママからは、赤ちゃんを厚着させる必要がなくて便利という声も見られました。ベビーカーと併用して使っているママが多くいるようです。

愛用の抱っこ紐ケープはどんなタイプ?

愛用の抱っこ紐ケープはどんなタイプ?

「専用のブランケットタイプ」・「専用の足先まで包むタイプ」といった専用タイプのケープを使用しているママが66%いました。その中でも、足先まで包むタイプが人気のようです。ブランケットなどで代用したママは、抱っこひもに挟んだり、紐と洗濯ばさみを活用したりしてズレ落ちないように工夫していました。専用ケープはかさばるので、真冬は専用のケープを利用して、真冬以外はおくるみなどで代用しているとの意見もありました。

抱っこ紐ケープの必要性って高いの?

体温調節がまだ上手にできない赤ちゃんは、大人に比べて外気温の影響を受けやすく、すぐに体温が上がったり下がったりしてしまいます。真冬の屋外に赤ちゃんを連れて出るときは、何かしらの防寒対策が必要です。数ある防寒対策アウターの中でも、抱っこ紐ケープは便利なアイテム!
各アイテムにメリットとデメリットがありますが、「寒さ避けに抱っこ紐をしてからママコートをはおると、ファッションに合わせてコートを変えられなくてつまらない」、「赤ちゃんが着用して防寒するカバーオールタイプは、抱っこ紐の中が窮屈になる」、「赤ちゃんのアウターとしてのケープは、丈が短いのですき間風が入ってくる」といった悩みがないのが抱っこ紐ケープの魅力です。もちろん赤ちゃんもぬくぬく! 外気に体温が奪われる心配もありません。
そして、寒い季節だけでなく、紫外線がきつい夏場も薄手の抱っこ紐ケープは活躍します。抱っこ紐の中で、ぐっすりと寝ている赤ちゃんを抱っこ紐ケープが紫外線と直射日光から守ってくれますよ。

抱っこ紐ケープの用途と種類

抱っこ紐ケープの用途は大きく3つに分けられます。「防寒用・防雨用・紫外線対策用」です。さらに花粉症対策として使用することもあります。それぞれの用途にあった素材のものを選ぶのが大切といえるでしょう。

防寒用

外側の素材がナイロンのものを選ぶと風が通らず寒くありません。中綿があるダウンタイプだとより温かく、軽量タイプがおすすめです。

防雨用

防水加工されているものなら、おでかけ中の急な雨や雪で赤ちゃんが濡れる心配もありません。汚れがつくのも抑えるところもうれしいポイント。

紫外線対策用

夏場に使うことが多いので、薄手のものを選ぶといいでしょう。授乳ケープとしても使える便利なタイプもあります。

上記の3タイプのほかに、抱っこ紐用だけでなくベビーカーにも使えたり、授乳ケープやおくるみとしても使えたりする2way、3wayのケープもあります。

▼ママ想いの抱っこ紐が買える公式ショップはこちら

【napnap 抱っこひも】公式ショップ

抱っこ紐ケープの代用品や手作りの方法もチェック!

アンケートでも、約3割のママがブランケットなどで代用していましたね。実際には、どういったもので代用や手作りしているのでしょうか。

代用品

ベビーカーなどにブランケットがずり落ちないようにつけるクリップを抱っこ紐につけて、クリップでブランケットなどを止めるという方法があります。気温に合わせてブランケットの素材や厚さを選べるのは便利です。春夏はエイデンアンドアネイのおくるみで冷房よけに使用したり、秋冬はユニクロなどのダウンベストを抱っこ紐の肩紐部分に通して、抱っこ紐ケープ代わりにするという先輩ママも!軽量なものを選ぶのがポイントです。いずれの場合も、専用のものではないので赤ちゃんの安全性が十分確保できているか注意が必要です。

手作り

フリース生地と風を通さないナイロン素材の生地を重ねて縫いましょう。これで、肌触りもよく温かい生地ができます。紐つきクリップを取り付けるか、一辺を輪の形にしてそこにママが首を通す方法で、抱っこ紐ケープとして使いましょう。

▼こちらの記事もおすすめ!

赤ちゃんの抱っこ紐の防寒グッズ人気おすすめ13選
赤ちゃんの抱っこ紐の防寒グッズ人気おすすめ13選
どんなに寒くても、必要に迫られれば赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこして、お買い物・小児科・役所などに出かけねばならない日もありますよね。寒風が吹くお天気で心配なことは、やはり抱っこ紐の中にいる赤ちゃんです。そんな外出時のお悩みを解消するのは、便利な防寒グッズ!一般にたくさんの種類が出回っているので、しっかり保温してあげましょう。今回は、抱っこ紐装着時に使えるおすすめの防寒グッズについてご紹介します。
記事を読む
雨の日もベビーカーでお出かけ!おすすめの雨対策グッズ12選
雨の日もベビーカーでお出かけ!おすすめの雨対策グッズ12選
ベビーカーでお出かけしないといけないのに雨……。そんなとき、ママも赤ちゃんも濡れないように気をつかいますよね。また外出先で突然の雨に困ったことのあるママも多いのでは?そこで今回は、ベビーカーでお出かけするときにおすすめの雨対策グッズをご紹介します。雨の日のおでかけを少しでも快適にするための参考にしてみてください。
記事を読む
ベビーカーの暑さ対策は?夏のおでかけにおすすめ・人気14選
ベビーカーの暑さ対策は?夏のおでかけにおすすめ・人気14選
暑くなると、熱中症など日中のおでかけが心配になりますね。とはいっても、冷房の効いた室内にずっといるのも健康的とはいえず、外に出なければならない用事もあるもの。 ベビーカーの中の赤ちゃんを熱中症の危険から守り、安全に外出したいものです。そこで、ベビーカーの暑さ対策のヒントをご紹介します。
記事を読む

あなたにおすすめ

注目コラム