赤ちゃんの1ヶ月健診の内容は?平均体重や身長の目安と持ち物、服装【医師監修】

 専門家監修 公開日:2018/01/12
赤ちゃんの1ヶ月健診の内容は?平均体重や身長の目安と持ち物、服装【医師監修】
監修
木下智恵先生
成城木下病院

赤ちゃんを育てていると、健康にすくすくと大きくなってほしい…何よりもそう願いますね。そんな赤ちゃんの成長をチェックするのか、『健診』と呼ばれるものです。どんな目的でどんなことをするのかを知って、きちんと受けておきましょう。

そもそも1ヶ月『検診』でなく『健診』なの?

赤ちゃんの発育が順調かどうかを確認するために行います

赤ちゃんが生まれると、「キー・エイジ」といわれる発達の節目にあたる月齢に、定期健診が実施されます。これは、医師が赤ちゃんをよく観察して、赤ちゃんの発育状況が順調かをチェックしたり、発達の遅れや病気のサインを見逃さないために行います。

「けんしん」というと、よく「検診」と間違えられることが多いのですが、これは特定の病気があるかどうかを調べる検査のこと。「ガン検診」などのように使われます。

一方、赤ちゃんの発育・発達の状況を調べたり、大人の場合は健康かどうかを確認するために行うのは、「健康診断」または「健康診査」を略して「健診」と呼ばれます。

1ヶ月健診は、いつ受けるの?

生後1ヶ月前後に、出産した医療機関で受けることが多いでしょう

生まれたばかりの赤ちゃんが、ママのおなかを出てからの環境に適応しているかを確認し、発育・発達の状況をチェックする目的で行われるのが、1ヶ月健診です。受ける時期は、生まれて4週間から1ヶ月たったころが多いようです。ただし、地域や医療機関などによっても多少違いがあるので、受ける場合はよく確認しましょう。たいていは、出産した産院などの医療機関で行われ、産後の入院中に指定の日が知らされることが多いようです。

1ヶ月健診の内容は?どんなことをするの?

赤ちゃんの発育・発達をさまざまな面から確認します

1ヶ月健診では、赤ちゃんの発育・発達の状態を中心にチェックするため、身体測定のほか、医師が赤ちゃんの全身の様子を見たり、ママに問診をしたりします。

さらに、原始反射の反応をチェックして、中枢神経が発達しているかどうかも確認します。おへそを見てへその緒がどうなっているか、顔や体に湿疹があったり、おしりにかぶれができていないかなど、皮膚の状態も見ます。地域によっては、ビタミンK2シロップの投与も行います。

どの月齢でも行うこと

以下の項目は、健診で基本的に調べること。1ヶ月健診だけでなく、その後の定期健診でも行われます。

身長・体重測定

発育が順調かどうかを確認するため、一番重要なのが身長と体重の測定です。

頭囲・胸囲測定

脳の成長を見るために頭囲を、筋肉や脂肪がついてきているかどうかの確認のため胸囲を、それぞれ測ります。

聴診

呼吸器の異常や心雑音がないかどうかを、聴診器で調べます。もし心雑音があっても、成長とともに消えることが多いので、定期健診で様子を見ることがほとんどです。

皮膚状態のチェック

全身の皮膚を見たりさわったりしながら、湿疹やかぶれ、あざ、けががないかなどを確認します。

おなかの触診  

おなかをさわって、しこりがないか、肝臓や牌臓にはれがないかなどを見ます。吐かないよう、触診前30分間は授乳させないように注意を。

性器のチェック

男の子は陰嚢をチェックして、停留精巣や陰嚢水腫がないかを見ます、女の子は外陰部にかぶれなどがないかを確認します。

1ヶ月健診で行うこと

以下は、1ヶ月健診の赤ちゃんのみに行われるチェック項目です。大泉門、へその緒がとれたあと、原始反射など、この時期の赤ちゃんだけに重要なポイントをていねいにチェックします。

首にしこりがないか確認

首のまわりをさわって、しこりがないかを見ます。しこりがあると、斜頸の可能性がありますが、自然治癒することが多いので経過を見ていきます。

大泉門のふくらみをチェック

赤ちゃんの頭頂部にある大泉門は、赤ちゃん時代には開いた状態で、成長に従って閉じていきます。ふくらみ具合をチェックし、異常がないかを見ます。

へその緒がとれたあとを確認

へその緒がとれたあと、どの程度乾燥したかをチェックします。ジクジクしていたり出血があるなどの場合には、手当をして家でのケア方法を指導します。

うつぶせにして、首の上がり具合をチェック

うつぶせにしたときに、頭がどの程度上がるかを見ます。ただし1ヶ月健診では、写真の赤ちゃんほど頭が上がる子は少ないでしょう。

病気予防のためにK2シロップを投与

「新生児メレナ」という病気で頭蓋内出血や消化管出血を起こさないよう、予防の目的でビタミンK2シロップを投与します。

原始反射の様子をチェック

原始反射とは、赤ちゃんが生まれつき持っている、生きるために必要な反射のこと。これらの反射をチェックして、中枢神経の発達を見ます。

【モロー反射】

音や動きなどの刺激があったとき、ビクッとして手足を広げます。

【吸てつ反射】

口元をさわると、パクパクとおっぱいを吸うような動作をします。生まれたばかりの赤ちゃんは、口元にふれたものに吸いつこうとするこの反射により、母乳やミルクを飲みます。

【把握反射】

手のひらや足の指をつついたとき、指全体をギュッと曲げてつかむようにする反射です。外からの刺激に対して、無意識に指が動きます。

【原始歩行】

赤ちゃんを支えて足の裏を床につけると、左右の足を交互に出して、まるで歩いているような動きをします。この原始反射は、生後1ヶ月ごろまで見られます。

生後1ヶ月の赤ちゃんの平均身長・体重の目安は?

出生時から体重が1kg、身長が3~5cm増えているのが目安

生後1ヶ月の赤ちゃんの発育は、生まれたときから比べて身長が約3~5㎝伸びていて、体重が1kg前後増えていれば順調と考えていいでしょう。厚生労働省が示す発育曲線によると、生後1ヶ月の赤ちゃんの発育の目安は以下のようになっています。

生後1ヶ月の赤ちゃんの身長・体重の目安(平成22年厚生労働省発表)

男の子 身長50.9~59.6cm 体重3530~5960g

女の子 身長50.0~58.4cm 体重3390~5540g

ただし、生まれたときの妊娠週数や身長・体重、性別などによって赤ちゃんの発育具合は個人差があります。いちがいに身長が何㎝で体重が何㎏ならいい、ということではないので、あくまで目安と考えましょう。

監修
木下智恵先生
成城木下病院
2001年、横浜市立大学医学部卒業。東京大学医学部産婦人科、順天堂大学医学部産婦人科勤務を経て2005年より現職に。専門は周産期学のほか、婦人科腫瘍、不妊症、月経異常。元気で気さくな1男2女のママドクターです。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で二名様に当たる!エルゴベビー「ベビーキャリア ADAPT(アダプト)」プレゼント 9月30日まで 詳細はこちら
注目コラム