新生児をゲップさせる方法とコツ!出ない時の対処法を写真で解説【医師監修】

 専門家監修
公開日:2018/01/18
更新日:2019/07/01
新生児をゲップさせる方法とコツ!出ない時の対処法を写真で解説【医師監修】
監修
木下智恵先生
成城木下病院

この記事では、赤ちゃんにとってゲップをさせる理由や、させ方のコツなどを紹介します。赤ちゃんにおっぱいやミルクを飲ませたら、背中をトントンしてゲップ…ママなら誰でもすることですが、実際にはなかなかうまくゲップを出せないことがよくあります。ちゃんとゲップが出ないと、小さな赤ちゃんの体によくないのでは?と心配になってしまうかもしれません。理由や対処法を知って、赤ちゃんのゲップが出ないときに慌てないようにしたいですね。

新生児にゲップをさせる理由はなに?

授乳させたらゲップ、という流れはママなら知っていることですが、ゲップが必要な理由が正しくわかっている人は案外少ないようです。まずは、赤ちゃんになぜゲップをさせるのかを知っておきましょう。

ゲップは、授乳で飲み込んだ空気を出すためにします

新生児赤ちゃんは、おっぱいやミルクを飲むのがうまくないうえ、飲む量を調節することができないので、ゴクゴクと勢いよく飲んでしまいます。そのため、授乳のときに空気も一緒に飲み込んでしまうのです。

そのままにしていると、赤ちゃんがちょっと体を動かしたときなどに、空気が外へ出るのと一緒におっぱいやミルクも出てしまうことがあります。これを「吐き戻し」といいますが、飲み込んだ空気を授乳後に出して、せっかく飲んだものを吐き戻ししないようにするのがゲップです。

また、飲み込んだ空気がおなかの中にたまって赤ちゃんが苦しい思いをするので、ゲップを出してスッキリさせてあげる効果もあります。

うまくゲップをさせる方法・コツは?縦抱きにすればいいの?

ゲップのさせるときの姿勢には、いくつか種類があります。どのやり方でも、ママが一番やりやすく、赤ちゃんにも無理のないスタイルならOKです。

縦抱きにして

縦抱きにしてゲップを出やすくするママ

赤ちゃんを縦抱きにして、胸からおなかのあたりがママの肩に当たるくらいかつぎあげるようにして、背中をさすります。

ママの肩でおなかが押されるため、ゲップが一番出やすい姿勢です。

関連リンク⇒⇒⇒新生児の赤ちゃんを抱っこする方法とコツ、注意点は?縦抱きしてもOK?【実例写真付きで医師解説】

ママのひざに座らせて

ママのひざに座らせてゲップを出やすくするママ

ママの片手で赤ちゃんの胸を支え、太ももの上に横向きに座らせます。赤ちゃんの上半身を前に傾け、背中を軽くトントンしてあげましょう。

ママと向かい合って

赤ちゃんがママと向かい合うように、上体を起こした姿勢でママの太ももに座らせます。

ママの片手で赤ちゃんの首から後頭部をしっかり支えて、もう一方の手で背中をやさしくさすります。

監修
木下智恵先生
成城木下病院
2001年、横浜市立大学医学部卒業。東京大学医学部産婦人科、順天堂大学医学部産婦人科勤務を経て2005年より現職に。専門は周産期学のほか、婦人科腫瘍、不妊症、月経異常。元気で気さくな1男2女のママドクターです。

あなたにおすすめ

お子さんを持つママの実績に!詳しくはこちら
注目コラム