新生児をゲップさせる方法とコツ!出ない時の対処法を写真で解説【医師監修】

 専門家監修
公開日:2018/01/18
更新日:2019/03/15
新生児をゲップさせる方法とコツ!出ない時の対処法を写真で解説【医師監修】
監修
木下智恵先生
成城木下病院

この記事では、赤ちゃんにとってゲップをさせる理由や、させ方のコツなどを紹介します。赤ちゃんにおっぱいやミルクを飲ませたら、背中をトントンしてゲップ…ママなら誰でもすることですが、実際にはなかなかうまくゲップを出せないことがよくあります。ちゃんとゲップが出ないと、小さな赤ちゃんの体によくないのでは?と心配になってしまうかもしれません。理由や対処法を知って、赤ちゃんのゲップが出ないときに慌てないようにしたいですね。

新生児にゲップをさせる理由はなに?

授乳させたらゲップ、という流れはママなら知っていることですが、ゲップが必要な理由が正しくわかっている人は案外少ないようです。まずは、赤ちゃんになぜゲップをさせるのかを知っておきましょう。

ゲップは、授乳で飲み込んだ空気を出すためにします

新生児赤ちゃんは、おっぱいやミルクを飲むのがうまくないうえ、飲む量を調節することができないので、ゴクゴクと勢いよく飲んでしまいます。そのため、授乳のときに空気も一緒に飲み込んでしまうのです。

そのままにしていると、赤ちゃんがちょっと体を動かしたときなどに、空気が外へ出るのと一緒におっぱいやミルクも出てしまうことがあります。これを「吐き戻し」といいますが、飲み込んだ空気を授乳後に出して、せっかく飲んだものを吐き戻ししないようにするのがゲップです。

また、飲み込んだ空気がおなかの中にたまって赤ちゃんが苦しい思いをするので、ゲップを出してスッキリさせてあげる効果もあります。

うまくゲップをさせる方法・コツは?縦抱きにすればいいの?

ゲップのさせるときの姿勢には、いくつか種類があります。どのやり方でも、ママが一番やりやすく、赤ちゃんにも無理のないスタイルならOKです。

縦抱きにして

縦抱きにしてゲップを出やすくするママ

赤ちゃんを縦抱きにして、胸からおなかのあたりがママの肩に当たるくらいかつぎあげるようにして、背中をさすります。
ママの肩でおなかが押されるため、ゲップが一番出やすい姿勢です。

ママのひざに座らせて

ママのひざに座らせてゲップを出やすくするママ

ママの片手で赤ちゃんの胸を支え、太ももの上に横向きに座らせます。赤ちゃんの上半身を前に傾け、背中を軽くトントンしてあげましょう。

ママと向かい合って

赤ちゃんがママと向かい合うように、上体を起こした姿勢でママの太ももに座らせます。
ママの片手で赤ちゃんの首から後頭部をしっかり支えて、もう一方の手で背中をやさしくさすります。

ゲップが出ないときは?どのくらいの時間待てばいいの?

5分くらいたっても出ないときは、切り上げてOK

ゲップが出ないときは、まず姿勢を変えてみるといいでしょう。姿勢を変えるために赤ちゃんの体を動かすと、反動でゲップが出ることあります。また、赤ちゃんによっては、ゲップが出にくいタイプの子もいます。あれこれトライしてもなかなかゲップが出ないときは、無理をせずに5分をめやすに切り上げてしまってかまいません。

ゲップがどうしても出ないときの対応方法は?

横向きに寝かせて様子を見ます

ゲップの姿勢をしても5分以上出ないときは、赤ちゃんを平らな布団の上などに横向きに寝かせて、しばらく様子を見ましょう。横向きにするのは、万一吐いたときに、吐いたものを気管に詰まらせないようにするためです。

ただし、横向きで寝かせていると、体を動かした拍子に赤ちゃんがうつぶせになってしまうこともあります。必ず誰かが近くにいて、赤ちゃんを見守りましょう。ママの休憩もかねて授乳後に親子で横になり、赤ちゃんの背中をやさしくトントンしてあげるといいですね。

横向きに寝かせます

横向きに寝かせてゲップを出しやすくする

顔だけ横を向けると上を向いてしまうことがあるので、体ごと横向きにするのがコツです。

[ページ区切り]

赤ちゃんのゲップはいつまで?

生後3ヶ月ごろまでは、ゲップをさせます

赤ちゃんは成長するにつれて、おっぱいやミルクを飲むのが上手になってきます。飲む量を調節できるようになり、勢いよく飲むことも減ってくるので、授乳のたびに飲み込む空気も少なくなります。首がすわるころには、自分でゲップができるようにもなってくるので、生後3ヶ月過ぎたら、授乳後に縦抱きにして少し様子を見るくらいでいいでしょう。

ただ、食欲旺盛で、生後3ヶ月を過ぎてもゴクゴクと勢いよくおっぱいやミルクを飲むタイプだと、空気を飲み込む量も多くなります。そういう子の場合は、離乳食が始まる生後5~6ヶ月くらいまでは、念のため授乳後のゲップを続けた方が安心です。

ゲップをさせようとすると吐くのはなぜ?どうしたらいい?

赤ちゃんが吐くのはよくあること。心配しなくても大丈夫です

赤ちゃんの胃の形は大人と違い、まっすぐで「とっくり」のような形をしています。そのうえ、胃の入り口の筋肉が未発達でしまりが悪いので、胃の中に入ったものが出やすいのです。

そのため、ゲップをさせようと体を動かしたときや、ゲップをさせたときに空気と一緒に吐くことはよくあります。慣れないうちは、「赤ちゃんが吐いた!」と驚いてしまうかもしれませんが、飲んだものが口からタラッと出たり、ゲボッと吐いたりすることがあっても、吐いたあとで赤ちゃんがケロッとしているなら心配いりません。

頻繁に吐いて気になるときは、健診のときなどに体重の増え具合を見てもらい、少しずつでも増えていれば大丈夫えす。ただし、授乳のたびにピューッと噴水のように激しく何回も吐くときは、「肥厚性幽門狭窄症」という病気が原因のこともあるので、小児科を受診しましょう。

吐くのが気になっても、生後3ヶ月までは必ずゲップをさせましょう

赤ちゃんがよく吐くのは、生後3ヶ月くらいまでです。それまでは、ゲップをさせると吐くからといって、授乳後にゲップをさせないのは逆効果です。吐きやすい子ほど、飲み込んだ空気を出しておいてあげないと、何かの拍子に勢いよく吐くことになってしまいます。

生後3ヶ月を過ぎると、胃の入口の筋肉も発達してきてしまりがよくなりますし、それまでおっぱいやミルクを勢いよく飲んでいた赤ちゃんも飲む量を調節できるようになるので、だんだん吐きにくくなります。

ゲップをしなくても、おならが出ればいいって本当?

空気はおならでも出ますが、ゲップで出してあげましょう

げっぷが出なくても、胃の中に入った空気はおならからも出ます。ただし、おならになって出るまでには、多少時間がかかります。それまでに体を動かした拍子などに、ゲップが出て吐いてしまうこともありますし、胃の中に空気がたまっていると赤ちゃんも不快でしょう。飲み込んだ空気は授乳後にゲップをさせて、早めに出してあげたいですね。

ゲップが出なくても大丈夫?

ゲップが出ないことがあっても、心配いりません

赤ちゃんがおっぱいやミルクと一緒に飲み込んでしまった空気を出すため、授乳後は毎回ゲップをさせることが必要です。でも、赤ちゃんのタイプや飲み方、飲む量などによって、ゲップは必ずしも毎回出るとは限りません。いつもの姿勢でゲップさせても出ないときは、違う姿勢を試してみて。それでもダメなら、横向きに寝かせて様子を見る程度でいいのです。

ゲップが出ないと赤ちゃんが吐くこともありますが、吐いた後で赤ちゃんがいつもと変りないなら気にしなくても大丈夫です。ゲップが出なくても、赤ちゃんの発育に問題があるわけでもありません。「絶対にゲップを出さなくちゃ!」などと神経質にならず、焦らずゆったりした気持ちで対応してあげましょう。

取材・文/村田弥生
撮影/目黒-MEGURO.8(トップ画像)

監修
木下智恵先生
成城木下病院
2001年、横浜市立大学医学部卒業。東京大学医学部産婦人科、順天堂大学医学部産婦人科勤務を経て2005年より現職に。専門は周産期学のほか、婦人科腫瘍、不妊症、月経異常。元気で気さくな1男2女のママドクターです。

あなたにおすすめ

注目コラム