洗面所にあふれかえる歯ブラシ、コスメ、タオル、掃除用具などの収納はコレが正解!

コラム 公開日:2017/12/30
洗面所にあふれかえる歯ブラシ、コスメ、タオル、掃除用具などの収納はコレが正解!

収納スペースが限られがちな洗面所。でも、歯ブラシにローション、タオル、洗剤など使うグッズはたくさんあって収納方法に困る場所でもありますよね。また水回りは汚れやすいだけに、掃除のしやすさも気になるところ。そんな洗面所を機能的にスッキリ使っている人気インスタグラマー&ブロガーのママたちに収納のコツを聞きました! 

しまいやすく、掃除もしやすい機能的な洗面所収納を大公開!

人気インスタグラマーさんたちはどのような収納テクニックで、使いやすい洗面所にしているのかアイデア&実例写真を紹介。

◎洗面キャビネット編

「モノトーンで揃えて統一感を出して」

(akaneさん)


モノトーンの化粧品はそのままですが、違う色のものは100円ショップのボトルに入れ替え、ラベルも付け替えて統一感を出しています。ごくごく標準的なこの洗面台。「時間ができたら取り換える」と旦那さんが約束してくれてはや数年…。いつになるのやらです。

「あえて化粧品はお試し用サイズで」

(nozoさん)


キャビネットの中は使う頻度が高い物を下に、使う頻度が低い物を上に配置しています。洗面台の中で一番場所をとるのが私の化粧品。とくに我が家のキャビネットはかなり小さめなので、化粧水などはあえてお試しサイズを購入。限られたスペースを占拠しないようにしています。

「もっと工夫したいけど…今はこれで」

(ryokoさん)


上段は夫の物で、眼鏡&コンタクトレンズ用品とヘアワックスなど。下段は私の基礎化粧品と日焼け止め、ハンドクリームに、歯磨き粉。分類ケースはダイソーのものです、みなさんの工夫した収納を見るとかえたい気持ちもあるけど、今は困っていないし、このままでいいかな?

「鏡の裏を娘のヘアアクセ収納に」

(akane.tさん)


三面鏡の中にはダイソーの歯ブラシ立てで歯ブラシを収納。鏡の裏にはウォールポケットを使って、娘のヘアアクセを入れています。量が多くても見やすく、娘も選びやすいようですよ。

「死角の位置にお掃除グッズを」

(mamuさん)


ドライヤーついでに洗面掃除、身支度ついでに床拭きと、「ついで掃除」を実践している私。手が届く場所に掃除道具が欲しいので、洗面台の死角に突っ張り棒をつけ、掃除道具を置いています。

「子ども専用ボックスを作っています」

(botaさん)


子どもたちが大きい我が家では、洗面キャビネットの一番下に子ども専用ボックスを置き、子ども自身に管理させています。下から2段目はわんこグッズの置き場。上段にはその他のストックを置いています。

「生活感のある歯磨き粉をラミネート」

(m.さん)


洗面台キャビネットの中は、主に私のスキンケアやヘアケア用品が並んでいます。一番下はお皿をトレーがわりにしたアクセの一時置き場と歯磨き粉。生活感の強い歯磨き粉はラミネートしてシンプルに。

◎洗面台下編

「ストックはファイルボックスで隠しています」

(akane.tさん)

(写真右)重曹やクエン酸なども透明ケースに移し替え。これだけでもカラフルなアイテムも、ボックスに入れるだけでカバーできますね。

洗面所は白にこだわっているのですが、そうなると目立つのが掃除用洗剤やボディソープ、ハンドソープなどのボトル。本体は白いボトルを選んでいますが、ストックはパッケージのままなので、ファイルボックスに入れて隠す収納にしています。

「ファイルボックスに重ねられます」

(misaさん)


いつもより慎重に選んで無印良品週間に買ったのがキャリーボックス。みなさんが収納にお使いのファイルボックスにぴたっと重ねられることを知り、この場所で使おうと決めて買いました。このまま取り出し、持ち運べるのがいいですね。

「お風呂掃除グッズも洗面台下に」

(まめ嫁さん)


私はお風呂に入っている間、掃除道具が目に入るのが苦手…。つい掃除したくなって、落ち着かないからなんです。なので、お風呂の掃除道具も洗面所下に収納。お風呂用、洗濯用と分けて収納し、必要なカゴを引き出して利用しています。

「目隠しよりも、使い勝手を優先して」

(大木聖美さん)


主人と子どもたちが使うシャンプー、私用のシャンプー、ボディソープのストックを無印良品のアクリルスタンドで収納。不安定な詰め替え用パッケージでも倒れることがありません。見た目を重視して隠す収納も考えましたが、扉を開けてすぐ取り出せたほうが楽なので、使い勝手を優先しました。

「両扉を開けることなく出し入れ可能に」

(コズエさん)

(写真右)ファイルボックスは大容量の洗剤を入れるため。無印良品のケースには日用品のストックを横に倒して入れられます。

毎日使う洗剤を左側のニトリのファイルボックスに。右側の無印良品のPPケースには日用品のストックを入れています。右の扉を開けるとPPケース、左の扉を開けるとファイルボックスに入れた物が取り出せるように配置しています。

「配水管をよけて空間を有効利用」

(原田ひろみさん)


洗面台の下は配水管があるため、収納方法に悩むところ。板をつないだ簡単DIYで棚を作り、2段収納にしました。100円ショップのトレーに入れれば、引き出して奥の物を取り出しやすくなります。

「ヘアゴムは子ども目線で低い位置に」

(kao.さん)


洗面台の下にはコンタクトレンズ用品や予備の歯ブラシ、洗濯洗剤のストックなどこまごまとした日用品を収納。扉の裏にフックを取りつけ、子ども用のヘアゴムを置いています。子どもが自分で取れるので便利ですよ。

◎洗面台編

「高さ、幅がばっちりの無印良品の隙間収納」

(TNKさん)


洗面台と洗濯機の隙間収納に、無印良品のストッカーを使っています。1段目にはティッシュ、2,3段目はハンガーや洗濯用品を入れています。あると何かと便利だけど、出したままだと生活感の出るティッシュも、引き出しにしまえばすっきりしますね。

「父と主人が取りつけたお気に入り洗面台」

(megさん)


我が家は建築前に契約をしたため、当初予定されていた洗面台をキャンセルし、そのかわりIKEAの洗面台を自分たちで取りつけました。マガジンファイルを使い、主人の身支度品、私の身支度品、子どものケア用品などを分類して収納しています。

「生活スタイルによって変化する洗面台」

(mamuさん)


マンションをリノベする際に、ずっと憧れだったモザイクタイルの洗面台に。シンク下はオープンになっていて、生活スタイルに合わせて自由に変えられるのがポイント。一番手前の白いトレーはお風呂用おもちゃを乾かすためのものです。

【2017年11月1日に同シリーズの新刊(写真右)も発売に!】


本記事の出典は、写真左の『すっきりくらすための収納のコツ』。人気シリーズから掃除と片づけについての1冊が仲間入りします。

Amazonで詳しく見る

あなたにおすすめ

抽選で一名様に当たる!アップリカの新ベビーカープレゼント 詳細はこちら
注目コラム