かわいい乳歯ケース10選!選び方とおすすめ保存方法

コラム
公開日:2017/11/14
更新日:2018/12/17
かわいい乳歯ケース10選!選び方とおすすめ保存方法

赤ちゃんに歯が生え始めたのを見て、子どもの成長に感動したママも多いはず。その感動を記念に残したいと、抜けた乳歯を保存する人も増えています。なかでもきれいに保存できる乳歯ケースが人気。かわいくて、メモリアルとしてもおすすめの乳歯ケースをご紹介します!

ママ100人に抜けた乳歯の保存方法について聞きました! 

お子さんの抜けた乳歯はどうしましたか?

保存しているママはほぼ半数という結果に。乳歯ケースに入れて保存しているという声が多くあがりました。なかにはかかりつけの歯医者さんでケースをもらったという人も。保存していない人のほとんどは、昔からの言い伝えにちなんで下の歯は上に、上の歯は下に投げたという答えでした。子どもの乳歯がまだ抜けていない、お悩み中というママも。 

抜けた乳歯の保存方法を教えてください

歯医者さんで歯型の乳歯ケースをもらったので、それに抜けた乳歯を保存しています」 「木製の乳児ケースに保存しています。やはり大事に保存しておきたいので」 「ジップロックに入れて保存。どの部分の歯か、抜けた日にち、時間なども記入しています」 「乳歯ケースを購入しました! 歯やへその緒を持っているとのちのち何か役に立つのではないだろうかという思いから、捨てずに保管しています」 「まだ抜けていませんが、抜けた時には乳歯ケースで保存しようと思っています」

どんなタイプの乳歯ケースがあるの?乳歯ケースの選び方

抜けた乳歯を保存できると人気の乳歯ケース。きれいに保管できるだけでなく、かわいいものもたくさん! どんな種類があるのか、選ぶときのポイントをまとめてみました。

乳歯ケースは大きく分けて2タイプ

乳歯ケースは、すべての歯を入れておけるタイプと、数本だけ入れておけるタイプとがあります。すべての歯を入れておけるものは、抜けた歯の場所や日付がわかるようになっていたり、名入れができたりするものも。しっかりメモリアルとして残しておきたいママにおすすめです。性格的に全部の乳歯を管理できるか不安……というママは、数本入れられるシンプルなタイプがいいかもしれません。

乳歯ケースの素材は木製や陶器製などがあります

乳歯ケースの素材には、ぬくもりを感じさせる木製や高級感のある陶器製なども。桐を使ったケースは湿度を保って、防虫効果もあるのできれいな状態で保存できます。将来子どもが大きくなって手渡すときに、素敵な贈り物になりますね。一方、すっきりとしたプラスチック製もあり、こちらは自分でデコレーションしてオリジナルを作れる楽しみも。

乳歯ケースは歯医者さんでもらえることも!

乳歯ケースは育児用品店やデパートなどで取り扱いがあるほか、通信販売やネット販売でも購入可能です。また、最近では歯医者さんで乳歯ケースをもらえる場合も。歯のケアをしてもらえるうえに、そんなサービスがあるとうれしいですね。

抜けた乳歯はどう保存するの?乳歯ケースの使い方は?

乳歯ケースは乳歯を入れてふたをするだけで保存できます。すべての歯を保存できるタイプは、1つ1つ歯を入れられるようになっています。歯がバラバラにならないよう、ふたが外れない工夫がされているものが多いのも安心。そのままインテリアとして飾れる乳歯ケースもありますよ!

おすすめ乳歯ケース10選

SIXPEN® 乳歯ケース カバさん

SIXPEN® 赤ちゃん用乳歯ボックス 実木材料 乳歯入れ 乳歯ケース 可愛い 木製 顔型 高級 ピンセットを付ける 子供の人生で重要な乳歯入れボックス 記念な乳歯 お生産祝いプレゼント 最も意味あるプレゼント 日本語表示(男&女) (カバさん) カバさんの口が大きく開くと、乳歯が入れられるようになっているケース。上下あわせて20本、すべての乳歯を保存できます。ナチュラルな風合いの木製が温かく、抜けるたびにカバさんがにっこり。歯が抜けるのが楽しみになりますね!

1199円~(税込)
サイズ:約14.2㎝×14.9㎝×3㎝
重量:231g

Amazonで詳しく見る

BMC JAPAN 乳歯ケース 抜けた日シール付 女の子

女の子の顔型になった、ぬくもりの感じられる木製乳歯ケース。すべての乳歯を入れられるようになっていて、歯の並び方と同じように穴が開いているので、どこの歯が抜けたのかがわかるようになっています。歯が抜けた日が書き込めるシールつき。成長の記録にもなります。男の子もあるから、性別に合わせてチョイスできますよ!

1080円(税込)
重量:172g
カラー:女の子/男の子

Amazonで詳しく見る

ビーグラッドストア 乳歯ケース りんご

乳歯ケースりんご【高級桐天然木使用】/抜けた年月日・お名前記入用アクリル板付 湿気に強い高級天然桐を使用。虫もつきにくいので、長期間の保存にぴったりです。軽くて手になじみやすい長方形で収納も便利。歯が抜けた年齢や日付が記録できるアクリル板にはかわいいりんごのイラストが。書き込むのがうきうきするような乳歯ケースです。

2380円~(税込)
サイズ:16.2㎝×5.6㎝×2.0㎝
重量:50g
カラー:りんご/さくらんぼ

Amazonで詳しく見る

丸和貿易 乳歯ケース キンダーシュピール

丸和貿易 乳歯ケース キンダーシュピール Girl ピンク 帽子をかぶった女の子がかわいい、手のひらサイズの乳歯ケース。頭にちょこんとのった帽子のふたにはパッキンがついていて、しっかり密封。歯が飛び出す心配もありません。小さめサイズでファースト乳歯だけ、大事な数本だけ残したいというママにおすすめです。男の子のシリーズもあるので、兄弟姉妹でそろえてもかわいいですね。

518円~(税込)
サイズ:約4㎝×4.4㎝×4.5㎝
重量:18g
カラー:ピンク/イエロー/オレンジ

Amazonで詳しく見る

ベビートゥースアルバム ケアベア

ベビートゥースアルバム 【日本正規品】 Baby Tooth Book 乳歯ケースブック bta0004 【最新版:ラメ入り】 (ケアベア) 開いて保管できる形はまるでアルバムのよう! 本棚に立てかけるなどできるので保管も便利です。1つずつ乳歯を入れられるように仕切られ、ふたを回転させて出し入れします。乳歯を入れる部分以外に写真を貼るスペースもあるので、歯が抜けたときの写真を一緒に残せば、いい思い出になりますね。

2680円(税込)
重量:150g

Amazonで詳しく見る

ベビートゥースアルバム 乳歯ケースブック

乳歯ケース 乳歯 ケース 抜けることが楽しくなる! 写真や記録も入れられる 乳歯入れ ベビートゥースアルバム Baby Tooth Flapbook (日本正規品) Blue おとぎ話が描かれた、絵本のようなかわいらしさ。乳歯ケースに見えない見た目は、ほかにはありません。ケースはしっかりふたができるようになっているだけでなく、マグネットでピタッと閉まるので、歯をなくす心配はなし。ケースも抜けた歯の記録表も口の形になっているので、いつどこの歯が抜けたのかも記録でき、機能性も十分です。

2680円(税込)
サイズ:17.2㎝×15.2㎝×2.4㎝
重量:141g
カラー:ブルー/ピンク

Amazonで詳しく見る

nomnom 乳歯ケース 乳歯のお部屋2

Amazonで詳しく見る シンプルなケースが好きなママにおすすめ。半透明のプラスチック製で、自分の好きなようにデコレーションも可能。世界に1つしかないオリジナルの乳歯ケースも作れますよ。歯の並びと同じように仕切りがされているので、どの歯が抜けたのかもわかるようになっています。

1080円(税込)
重量:23g
カラー:ピンク/ブルー/オレンジ/ブラック/ホワイト

Amazonで詳しく見る

キーストーン 乳歯ケース ミニポタリーケース

キーストーン 小物入れ ミニポタリーケース 乳歯ケース [正規代理店品] 本来はアクセサリーや小物を入れたりする陶器製のミニボックス。乳歯ケースとして使えるものもあり、インテリアとしてもかわいい商品です。ファースト乳歯だけ残しておくのにぴったり。

702円~(税込)
サイズ:6.5㎝×4㎝×4㎝

Amazonで詳しく見る

mammyshopどっとこむ 乳歯ケース 干支デザイン

名入れ 乳歯ケース 干支デザイン 桐箱/乳歯保管ケース 名前/内祝/出産内祝/メモリアル/乳歯入れ/保存/記念/女の子/男の子/誕生日/ 名前や日付、干支のイラストを刻印できるオーダーメイド。湿気に強く、温度調節にも優れた桐の天然木を使用しているので、しっかり保存もできて、メモリアルとして残しておくには最適です。お友だちへのプレゼントにもいいですね。

2180円(税込)
サイズ:26.5㎝×7.8㎝×2㎝
重量:40g

Amazonで詳しく見る

Feyarl® 草履形乳歯保存ケース

Feyarl®2個1組 草履形乳歯保存ケース かわいい乳歯ケース 出産祝い記念品 合金製  片手に乗ってしまう小さいサイズがとてもかわいい! シンプルでおしゃれなデザインだから飾っていてもインテリアの邪魔をしません。材質も高級合金を使用していて丈夫。壊れにくく、きちんと保管しておくのに安心です。片方に乳歯、もう片方には産毛など、保存するものを2つにできて用途も広がります。

1999円(税込)
サイズ:5.4㎝×3㎝×3.3㎝
重量:250g

Amazonで詳しく見る

生え変わり始めるころまでに乳歯ケースをセレクト!

親にとっては子どもの成長ひとつひとつが宝物。お気に入りの乳歯ケースを見つけて残しておけば、大切な思い出になります。 「乳歯ケースに入れて保存しています。ひとつひとつ増えていくのが楽しみ」 「メモリアルボックスを誕生時に購入していて、成長の記録としてへその緒の桐箱から順にしまえるようになっています。歯も、上下抜けた場所ごとに木をくりぬいたくぼみにおがくずのクッションを敷いてから乳歯を入れて、シールに日付を記入して保管しています」 へその緒や手形、足形などと同様に、抜けた歯も成長の証としていい記念に。乳歯ケースは乳歯の抜け始める5歳くらいまでに、チェックしておくといいですよ。

こちらの記事もおすすめ!

赤ちゃんの歯磨きはいつから? 乳歯のホームケアのポイントとやり方レッスン
赤ちゃんの歯磨きはいつから? 乳歯のホームケアのポイントとやり方レッスン
歯磨き嫌いな赤ちゃんに仕上げ磨きをするのは本当に大変! だけど、虫歯にしたくないし、歯並びのいい子に育てたい! そんなママ・パパを対象にピジョン本社にて「早期からはじめる親子いっしょの乳歯ケア」勉強会が開催されました。講師は、育児誌『Baby-mo(ベビモ)』でもおなじみ倉治ななえ先生。歯磨きの目的や年齢別 歯磨き剤の量など乳歯のホームケアにまつわることを徹底的に解説してくださいました。虫歯をつくらず歯並びをよくするためのQ&Aも必見です!
記事を読む
赤ちゃんのむし歯を予防する方法は? いつから始める?
赤ちゃんのむし歯を予防する方法は? いつから始める?
赤ちゃんにかわいい小さな歯が生えてきたら気になるのがむし歯のこと。乳歯をむし歯から守ってあげたいけれど、どんなふうに予防すればいいの? いつから歯みがきを始めればいいの?…などママの気がかりは多いもの。そんな赤ちゃんのむし歯予防について、まるっと解説します!
記事を読む
赤ちゃんの歯磨きに歯磨き粉はいつから必要?選び方とおすすめ12選
赤ちゃんの歯磨きに歯磨き粉はいつから必要?選び方とおすすめ12選
赤ちゃんの乳歯が生え始めるのは、6ヶ月ごろ。乳歯が1本でも生え始めたときが、歯磨きの始めどきです。赤ちゃんに歯ブラシを持たせると、ブラシの部分をカミカミするだけなので、汚れはきちんと落ちません。だから、ママが磨いてあげることが大前提。では、歯磨き剤はいつから使うのがいいのでしょう。おすすめの歯磨き剤についてご紹介します。
記事を読む

Profile
ムトウハルコ

あなたにおすすめ

注目コラム