かわいい乳歯ケース10選!選び方とおすすめ保存方法

コラム 公開日:2017/11/14
かわいい乳歯ケース10選!選び方とおすすめ保存方法

赤ちゃんに歯が生え始めたのを見て、子どもの成長に感動したママも多いはず。その感動を記念に残したいと、抜けた乳歯を保存する人も増えています。なかでもきれいに保存できる乳歯ケースが人気。かわいくて、メモリアルとしてもおすすめの乳歯ケースをご紹介します!

ママ100人に抜けた乳歯の保存方法について聞きました! 

お子さんの抜けた乳歯はどうしましたか?

保存しているママはほぼ半数という結果に。乳歯ケースに入れて保存しているという声が多くあがりました。なかにはかかりつけの歯医者さんでケースをもらったという人も。保存していない人のほとんどは、昔からの言い伝えにちなんで下の歯は上に、上の歯は下に投げたという答えでした。子どもの乳歯がまだ抜けていない、お悩み中というママも。 

抜けた乳歯の保存方法を教えてください

歯医者さんで歯型の乳歯ケースをもらったので、それに抜けた乳歯を保存しています」 「木製の乳児ケースに保存しています。やはり大事に保存しておきたいので」 「ジップロックに入れて保存。どの部分の歯か、抜けた日にち、時間なども記入しています」 「乳歯ケースを購入しました! 歯やへその緒を持っているとのちのち何か役に立つのではないだろうかという思いから、捨てずに保管しています」 「まだ抜けていませんが、抜けた時には乳歯ケースで保存しようと思っています」

どんなタイプの乳歯ケースがあるの?乳歯ケースの選び方

抜けた乳歯を保存できると人気の乳歯ケース。きれいに保管できるだけでなく、かわいいものもたくさん! どんな種類があるのか、選ぶときのポイントをまとめてみました。

乳歯ケースは大きく分けて2タイプ

乳歯ケースは、すべての歯を入れておけるタイプと、数本だけ入れておけるタイプとがあります。すべての歯を入れておけるものは、抜けた歯の場所や日付がわかるようになっていたり、名入れができたりするものも。しっかりメモリアルとして残しておきたいママにおすすめです。性格的に全部の乳歯を管理できるか不安……というママは、数本入れられるシンプルなタイプがいいかもしれません。

乳歯ケースの素材は木製や陶器製などがあります

乳歯ケースの素材には、ぬくもりを感じさせる木製や高級感のある陶器製なども。桐を使ったケースは湿度を保って、防虫効果もあるのできれいな状態で保存できます。将来子どもが大きくなって手渡すときに、素敵な贈り物になりますね。一方、すっきりとしたプラスチック製もあり、こちらは自分でデコレーションしてオリジナルを作れる楽しみも。

乳歯ケースは歯医者さんでもらえることも!

乳歯ケースは育児用品店やデパートなどで取り扱いがあるほか、通信販売やネット販売でも購入可能です。また、最近では歯医者さんで乳歯ケースをもらえる場合も。歯のケアをしてもらえるうえに、そんなサービスがあるとうれしいですね。

抜けた乳歯はどう保存するの?乳歯ケースの使い方は?

乳歯ケースは乳歯を入れてふたをするだけで保存できます。すべての歯を保存できるタイプは、1つ1つ歯を入れられるようになっています。歯がバラバラにならないよう、ふたが外れない工夫がされているものが多いのも安心。そのままインテリアとして飾れる乳歯ケースもありますよ!

Profile
ムトウハルコ

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
注目コラム