三輪車の人気おすすめ10選と選び方!折りたたみタイプもも紹介

 専門家監修
公開日:2017/11/09
更新日:2019/10/21
三輪車の人気おすすめ10選と選び方!折りたたみタイプもも紹介

「三輪車って、いつから乗せていいのかな?」「どんな種類があるんだろう?」とおもちゃ屋さんへ行くと、ママたちの時代にはなかったようなおしゃれなネオ三輪車がたくさん展開されています。新しいおしゃれなデザインの三輪車は目を引きますが、昔ながらの「三輪車」は、実は発育にとてもよいものなのです。
三輪車を「こぐ」ということは、頭で考えたことが体全身に伝わってできることです。
体幹の筋肉をも鍛えられるので、赤ちゃんにとってとても刺激的な運動になります。
「ペダルなしバイクだけで遊んできた赤ちゃんが、いざ補助なし自転車に挑戦すると、自転車のペダルをこぐことができない
ということが意外と見かけられます。
そこで、今回は三輪車の選び方などを、アンミッコ保育園・春アンミッコ保育園の山賀路子先生(ミッコ先生)に教えてもらいました。さまざまな「三輪車」を紹介していきます。

ママ100人に聞きました!

Q1. お子さんは三輪車を使用していますか?

「三輪車で遊んでいない子が全体の1/4いることに少し驚いています。この際に、ぜひ三輪車の発達面でのすばらしさをママたちに知ってもらい、ぜひ三輪車を“こぐ”遊びをしてほしいものです」と山賀先生。

知っておきたい基本知識

監修
山賀路子先生
株式会社アンミッコ代表
東京都練馬区の「アンミッコ保育園」「春アンミッコ保育園」代表。保育の現場で培った経験と、元小児科看護師の経験を生かした的確なアドバイスは、Baby-moママからも大人気。

三輪車の選び方

三輪車の本来の目的は、ペダルを「こぐ」ことです。これは早くても2歳半、だいたい3歳くらいでできるものです。2歳では「またがって乗る」「地面を蹴る」ことはできても、「こぐ」ことはできません。
三輪車は、足だけでなく、腕の力や背筋も使って体幹を鍛え、ハンドル扱いをすることで頭も使います。そしてペダルをこぐことで、足全体を動かします。全身の動きと頭がつながって、初めてできる「三輪車こぎ」です。
「地面を蹴るだけとは違う動きをしているので、難易度の高い運動なのです。体幹を刺激し、体の発育を促進する遊びなのです」。ですから、コントロールバー(手押し棒)付きの三輪車を選ぶときは、コントロールバーが取れるものを選びましょう。赤ちゃんがいずれ自分でぺダルをこげる「三輪車」を選んであげて。

三輪車はいつからいつまで乗れる?

最近の三輪車は、うしろにコントロールバーがついているものも多いですよね。「親が押す」ことで、三輪車に「乗れる」という意味では、1歳~1歳6ケ月ごろから乗れるでしょう。
ペダル付きの本来の三輪車を「こぐ」ことができるようになるのは、2歳半~3歳くらいです。
三輪車の次は、補助あり自転車に移行していくので、三輪車を上手にこげるようになって、体格が大きくなって三輪車が小さくなったら、次のステップへ進めばいいと思いますよ。

三輪車には種類があるの?

最近は、さまざまなメーカーからいろいろな三輪車が出ていますね。公園レーサーなどのペダルのない三輪車や、コントロールバー付きの三輪車、サンシェード付きの三輪車、折りたためる三輪車もあるようです。

1歳・2歳・3歳の年齢別、おすすめ三輪車

1歳~2歳は、「公園レーサー」などのペダルのない三輪車、足で地面を蹴って進む乗用型玩具のコンビカー。
2歳後半から、ペダルのある三輪車。
三輪車の次は、補助あり自転車で、その次が自転車、の流れになります。補助あり自転車は、乗れる子は3歳でも乗れますよ。

コンビカーから三輪車への切り替え時期は?

発育面で考えると、コンビカーは、ペダルのない三輪車と同じです。
ペダルのない三輪車では、倒れにくく、座面幅がせまいので、たっち・あんよができるようになった1歳ごろからまたぎやすくなっています。
コンビカーは座面の幅が広いので、またがって地面を蹴ることが、ペダルのない三輪車より少し難しいです。地面を蹴って進むことと、ハンドルさばきを楽しむので、2歳くらいまで遊んでいますよ。
2歳ではまだペダルはこげないですが、ペダルに足を乗せて、ママがうしろから押してあげて。3歳近くになったら足を動かして「こぐ」ことを教えていってあげてください。

「ストライダー」とどちらを買うべき?

ストライダーは、おもに、ブレーキとペダルのない2輪車のことです。ストライダーは、バランス感覚を養うにはいいですが、「こぐ」練習にはなっていません。
三輪車とは別のものと考えたほうはいいでしょう。

男の子におすすめの商品は?

男の子には、人気の青や赤、キャラならミニオンズやカーズなど。アンパンマンも大人気です。

女の子におすすめの商品は?

女の子はやっぱりピンクやキラキラしたものが好きですよね。ミニーちゃんやアナ雪などのプリンセスものなども人気です。でもやはりアンパンマンも好きですよ。

編集部おすすめ!1歳・2歳におすすめの三輪車10選

アイデス ポップンカーゴ三輪車 ミッキーマウス レッド

ポップンカーゴ三輪車 ミッキーマウス レッド

ミッキーのカーゴコントロールバー付き三輪車。ハンドルの上にある、ポップアップブザーはミッキーが回転しながら飛び出してきたり、音が鳴ったり、ライトが光ってテンションUP! うしろのカゴは大容量で、プチバッグ付き。外おもちゃの持ち運びが便利! タイヤは、厚めで乗り心地もよく、音も静か。

16000円(税込)

【主な素材】 ポリプロピレン
【対象年齢】1歳6ケ月~5歳0ケ月
【本体サイズ】W43×L83.5×H94cm(最大時)
【体重制限】20 Kg

Amazonで詳細を見る

野中製作所 三輪車ワンワンとうーたん♪おさんぽメロディα

三輪車ワンワンとうーたん♪おさんぽメロディα

バスケット付きのワンワンとうーたん♪のコントロールバー付き三輪車。ボタンを押すと、3種類のワンワンのおしゃべりとLEDが点灯。ペダルなどの足の巻き込みを防ぐ、車輪付きのフットステップ付き。また、足を巻き込まれないようにペダルを空回りさせることができます。コントロールバーは好きな高さに調節可能。フットステップ、安全ガード、コントロールバーはすべて着脱可能で、赤ちゃんの成長に合わせて長く使用できます。

14600円(税込)

【主な素材】 ポリプロピレン【本体サイズ】W46×D80×H60cm (押手棒取り外し時) 、W46×D80×H78~99cm (押手棒使用時)
【対象年齢】1歳6ケ月~4歳まで
【体重制限】 20 Kg

Amazonで詳細を見る

アイデス カーゴサンシェード ミニーマウス

カーゴサンシェード ミニーマウス

女の子の大本命! お姫様みたいな大きなドーム型サンシェードは紫外線を99% 以上カット。取り外しOKで取り付けも簡単。後輪はストッパー付きで坂道も安心。コントロールバーは、3段階に高さ調節でき、使用しない時は低い位置で収納可能。2Lのペットボトルが3本入るカゴは、布素材で取り外して洗濯もできます。 前かごにはドリンクホルダー付き。ミニーちゃんのグローブ型サイドミラーが大人気分♪ ペダルのロック&フリーホイール、安心ガード、ステップも装備。

14422円(税込)

【身長目安】80~100cm
【主な素材】 ポリプロピレン
【本体サイズ】W45×L95×H96cm (押手棒最大、サンシェード取付広げた状態) 、W45×D80×L79×H74cm (押手棒収納、サンシェード取外した状態)
【対象年齢】1歳5ケ月から5歳未満
【体重制限】 20 Kg
【うしろカゴ制限重量】8kgまで

Amazonで詳細を見る

アイデス カンガルーサニーオレンジ

アイデス カンガルー サニー(オレンジ)

男の子でも女の子でも喜ぶオレンジ。サンシェード・コントロールバー付き三輪車。地面からの振動や衝撃を吸収するサスペンションを搭載しているから、でこぼこ道も安心。大きなリアバッグは、2Lペットボトルなら4本、紙おむつパックも入る大容量 (制限重量8kg)。赤ちゃんが自分でこげない時期は、大人がコントロールバーで操作できます。サンシェード、ステップやコントロールバーを取り外せば、成長に合わせてカスタマイズできます。

13918 円(税込)

【主な素材】PP
【適正年齢】1.5~5歳未満
【身長目安】80cm~100cmまで
【制限体重】20kgまで
【製品寸法】最大時/W480×L810×H1040mm

Amazonで詳細を見る

ヤトミ happiness 三輪車 TokoTokoTrike トコトコトライク

ヤトミ happiness 三輪車 TokoTokoTrike  トコトコトライク

コントロールバー・シェード付き三輪車。フレンチポップな印象のカラーリングは男の子でも、女の子でもかわいい! ノンキャラクターなので飽きがきません。まだペダルをこげない赤ちゃん用に、足受けステップ付き! 使わないときは簡単に折りたためてスッキリ収納! 進行方向を操作できるコントロールバー・もしもの時の安心ガードは、取り外し可能。三輪車を動かしたくないときは、後輪にロックをかけることができます。

10800円(税込)

【対象年齢】1歳6ケ月~4歳ごろ
【サイズ(最大時)】約 W50×D10×H105cm

Amazonで詳細を見る

YN 三輪車 豆ダッシュ レッド

三輪車 豆ダッシュ レッド

これぞ「三輪車」! 日本製で、ひとつひとつていねいに作られています。座面の下には、大きいバネが付いているから、乗り心地もバツグン!タイヤ部分はゴム製。昔ながらの三輪車の定番・ステップ付きなので、ステップに足を乗せて蹴って遊んだり、遊びを創造して、長い期間さまざまなバリエーションで遊べます。

4580円(税込)

Amazonで詳細を見る

ジョイパレット それいけ!アンパンマン 折りたたみ三輪車 オールインワンUP

それいけ!アンパンマン 折りたたみ三輪車 オールインワンUP

男の子も、女の子も大好きなアンパンマン。折りたたみができる、コントロールバー付きの三輪車。折りたためる上に軽量なので、持運びにも収納にも便利。ハンドル部にはアンパンマン型エアホーン付き。かっちりとした転落防止のセーフティガード付きで安心。コントロールバーで、ママたちがハンドル方向を操作できます。こげない赤ちゃん用の足のせステップ付き。ボタンを押すと、ペダルが前輪と連動しないフリー回転に切り替えできるので、赤ちゃんの足にぶつかる心配なし。

12287円(税込)

【本体サイズ】42×97×78cm
【対象年齢】1才以上

Amazonで詳細を見る

エム・アンド・エム 三輪車 iimo tricycle 02 ジェントル・ホワイト 1040

三輪車 iimo tricycle 02 ジェントル・ホワイト 1040

ベビー用品に思えないほど、スタイリッシュでクールなデザインの折りたたみタイプのコントロールバー付きの三輪車。ペダルをこげない赤ちゃんでも安心の足のせステップや、転落防止のセーフティガードが付いています。前ホイールのボタンを押すと、ペダル回転をフリーに切替できるので、赤ちゃんの足がペダルに巻き込まれません。

11226 円(税込)

【対象年齢】1歳6ケ月以上

Amazonで詳細を見る

ペダルなし三輪車タイプは1歳~2歳児に人気!

ピープル 公園レーサー Putimo レトロレッド

公園レーサー Putimo レトロレッド

男の子に人気の赤! 軽くてコンパクトな、ペダルのない三輪バイク。座面の高さから地面が21cmと低いから、1歳の赤ちゃんでも足がつきやすい設計。超軽量の約1㎏で、方向転換がしやすく、持ち運びもラクチンです。地面を蹴った足が、後輪にぶつかりにくい設計になっています。

3,480円(税込)

【適応年齢】12ヶ月〜5歳未満
【制限体重】25kg

Amazonで詳細を見る

アイデス D-bike mini フロストイエロー

D-bike mini フロストイエロー

産婦人科ドクターの意見を参考にしながら開発された、1歳から使える「D bike ミニ」。前が2輪、うしろは1輪になっているペダルのない三輪車。赤ちゃんがハンドルによりかかっても倒れにくくなっています。また、足が後輪にぶつかりにくい設計。ユニセックスなカラーリングだから、男の子にも女の子にもおすすめです。発泡タイヤ使用だから、床にキズをつけにくく静か。フレームは表面フロスト塗装。専用パッケージには、メッセージスペースがあるので、プレゼントの際はメッセージを書くと記念になりますね。

5,854円(税込)

【主な素材】PP
【地上からサドルまでの高さ】22.5cm
【地上からハンドルまでの高さ】32.5cm
【対象年齢】:1歳以上 3歳未満
【体重制限】:20kg
【対象身長目安】:75cm~95cm

Amazonで詳細を見る

先輩ママの声

三輪車に慣れたころ、自分でこぐように

「1歳11ケ月に購入して、2歳6ケ月で三輪車で遊んでいました。始めはペダルがこげなくて、ずっと足で地面をキックして乗っていましたが、突然こげるようになりました。こげるようになってからは、三輪車大好きっ子になっていました」

「1歳で購入して、4歳の今も三輪車を乗っています、“公園に行くまでの移動手段”として使っています。自分でこげるようになるまでは、娘はペダルに足を乗せますが、タイヤのロックを解除して私がコントロールバーを押しています。

3歳の娘はまだ自力で三輪車をこげず、どんどんうしろに下がってしまっています。一方、4歳の娘は、いつのまにか自分でペダルこげるようになっていました」

取材・文/木村美穂
画像出典/Baby-mo

あなたにおすすめ

注目コラム