ベビーベッドの選び方とおすすめ商品12選!人気の折りたたみ式やミニサイズも紹介

コラム 公開日:2017/11/24
ベビーベッドの選び方とおすすめ商品12選!人気の折りたたみ式やミニサイズも紹介

1日の中でほとんどを寝て過ごす赤ちゃん。そんな赤ちゃんのために快適な空間を作ってあげたいですよね。そこで悩むのがベビーベッドの必要性です。ベビーベッドは出産準備品としても迷うもののひとつともいわれています。ベビーベッドは場所を取るため、購入する場合はどのタイミングで購入すれば良いのか、またどんな種類のものが人気なのでしょうか?今回はベビーベッドにまつわる基礎知識を徹底解説!さらにベビーベッドを機能別・種類別にまとめて紹介します。

ベビーベッドを購入して使用しましたか?

ベビーベッドを購入して使用しましたか?のグラフ結果

ベビーベッドを購入して「使用した人」は全体の68%、「レンタル」派を合わせると84%がベビーベッドを準備したことに。購入して使用したという人は兄弟で共有したり、第2子のことも考えたりして購入することにしたというケースが多いようです。使用しなかった人は、ベビー布団を床に敷いて赤ちゃんを寝かせたという意見が寄せられました。レンタルの場合は、使用期間が限られているとの理由で、レンタルにする人もいるようです。

知っておきたい基礎知識

ベビーベッドは必要?不要?

ベビーベッドは必ずしも必要というわけではありません。住環境や間取り、金銭面などによって考え方は人それぞれです。以下に記述する、ベビーベッドのメリットとデメリットを参考にベビーベッドの必要性について考えてみましょう。

ベビーベッドのメリット

・柵があるので、少し目を離しても安心
・高い位置にあるので、床のほこりなどから守ることができ衛生的である
・ベビーベッド下のスペースにお世話グッズが収納できる
・上の子が小さい場合、部屋で走り回っても赤ちゃんにぶつかることがない
・目の届くところに赤ちゃんを置いておくことができる
・兄弟・第2子以降にも使用できる
・ひとりで寝る習慣が身につく

ベビーベッドのデメリット

・使用期間中は部屋が狭くなる
・使わなくなった後の保管場所や使用方法に困る
・使用期間とコストが割に合わない
・安全面に気をつけないと落下する可能性もある
・赤ちゃんと一緒に寝ていない場合、夜中の授乳やおむつ替えの際、部屋移動が面倒

ベビーベッドはいつから使う?

ベビーベッドは赤ちゃんが産院から自宅に帰ってきてから使用します。中にはベビーベッドを嫌がる赤ちゃんも珍しくはありません。その場合は無理やり寝かせず、ベビー布団などに寝かせて様子を見ましょう。

ベビーベッドはいつまで使う?

ベビーベッドの使用期間は一般的に2歳前後といわれていますが、つかまり立ちができるようになると柵に足をかけたり、乗り越えようとしたりする赤ちゃんも増えてきます。こうなると、柵をあげて使用していても安心できないですよね。乗り越えようとする動作をはじめたり、動きが活発になってきたのを目途にベビーベッドは卒業すると良いでしょう。

※関連記事
ベビーベッドはいつまで?一人寝はいつから?ねんねの始め時・辞め時

ベビーベッドってレンタルできる?

ベビーベッドはレンタルした方が良い?

ベビーベッドは使用期間が短いため、レンタルを検討しているママも多いはずです。ここではベビーベッドをレンタルした場合のメリット・デメリットを説明していきます。

ベビーベッドをレンタルした場合のメリット・デメリット

ベビーベッドをレンタルした場合のメリットは、「赤ちゃんとの相性を試すことができる」、「必要なときにレンタルできる」、「料金を安く抑えることができる」などが挙げられます。ベビーベッドをレンタルした場合、1ヶ月のレンタルで1,500~10,000円が相場です。デメリットは、「レンタルの期限を超えて使用したくなった」、「使用期間が長くなると料金が高くなる」、「2人目を妊娠した場合」などです。ベビーベッドは必要ないと思ってレンタルにした人も、実際使ってみたら便利で、レンタル期間を超えて使用したいというときもあるようです。またレンタルは借りる期間が長引けば長引くほどお金がかかるので、2人目以降を考えているのであれば、購入した方が安く済みます。

何を基準に選ぶ?種類別おすすめベビーベッド

ネットタイプのベビーベッド

ベッドの枠の4面がネットになっているタイプのベビーベッドです。ネットなので赤ちゃんが寝がえりをしたときに当たっても痛くないのが特徴。ネットタイプなので覗きこまなくても赤ちゃんの様子を見ることができるのもママにとってうれしいポイントです。

扉がスライド式タイプのベビーベッド

ベビーベッドの左右にあるつまみを操作し、扉を上下にスライドさせるタイプ。赤ちゃんのお世話も簡単にできます。扉が手前に開くので、室内に扉開閉分の余裕がないと操作しづらいというデメリットも。

扉が手前開閉式タイプのベビーベッド

ベビーベッドの左右にあるつまみを引きながら、扉を手前に倒して使用するタイプです。扉を上下にスライドさせるタイプ同様、赤ちゃんのお世話も簡単にできます。扉はベッドに付属されたままなので開閉は便利ですが、ママのベッドを隣り合わせにすると扉の開閉ができないのがデメリット。

折り畳み可能なベビーベッド

ベビーベッドは幅を取るため、折りたたみ可能なタイプは便利です。スペースを取らずに収納できるので、保管場所に困る、早く購入してしまった、2人目以降に取っておきたいという場合でも安心です。

何通りも使えるベビーベッド

多機能ベッドは、ベビーベッド以外にベビーサークルや収納ラックなどに転用できるタイプです。ベビーベッドの使用期間が終わっても、成長に合わせて長く使用できます。

ベビーベッドのサイズってどれくらい?

ベビーベッドは標準サイズミニサイズの2種類に分けられます。標準サイズのベビーベッドは縦120cm×横170cmで、ミニサイズのベビーベッドは縦90cm×横60cmです。

※関連記事
ミニベビーベッドおすすめ&人気10選!サイズの選び方は?

ベビーベッドの選び方のポイント

部屋の間取りにあったもの

ベビーベッドを購入またはレンタルする場合、まずは部屋のどの位置に置くのか、置くスペースがきちんと確保されているかどうかを確認しておく必要があります。そして設置スペースのサイズを測ってからベビーベッドを探すことで、失敗することはほとんどないはずです。

使いやすいもの

ベビーベッドは場所を取るので、使用しなくなった後の使い道に悩む人も多いはずです。ベッドの下が収納になっていたり棚にできたりなど、機能性が高く、ベビーベッド以外の用途として使えるタイプは人気があります。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
注目コラム