地球儀のおすすめ10選!小学生ママへのプレゼントに人気!選び方も

コラム
公開日:2017/11/21
更新日:2018/12/21
地球儀のおすすめ10選!小学生ママへのプレゼントに人気!選び方も

小学校で地理の勉強が始まると、欲しくなるのが地球儀。学習用のシンプルなものだけでなく、最近では言葉でその国の文化や情報を教えてくれるしゃべるタイプや磁力で浮上するものなど、いろいろなタイプの地球儀が登場しています。そこで、地球儀を選ぶ時のポイントと、おすすめ商品をご紹介! 先輩ママの意見も参考にしながら、ずっと使える1台をチョイスしてみてくださいね。

先輩ママの地球儀アンケート

地球儀は持っていますか?

地球儀は持っていますか?の結果グラフ

はいと答えた人が約40%。地球儀を持っていない子供も多いようですね。

地球儀を持っている人に聞きました。地球儀は購入したもの?それともいただきもの?

地球儀は購入したもの?それともいただきもの?の結果グラフ

プレゼントでもらった人が半数以上という結果に。

プレゼントでもらったという人

・しゃべるタイプ。国の特徴や国歌などが流れます。クイズもあって楽しんでいます。
・タッチペンで首都や人口をいってくれる、しゃべるタイプをもらいました。親も勉強になります。
・光る地球儀で国の場所を覚えています。
……と色々な機能が付いた地球儀を使っている人が多いようです。

一方自分で購入したという人

・ノーマルな世界地図タイプを購入。
・子供が地球儀がほしい!と言い出したのでノーマルなものを購入しました。
・シンプルなタイプ。パパが出張に行く国やテレビ・本などからの情報を、その時々で調べています。
……と、ノーマルな地球儀を選んだママがほとんどでした。

地球儀の選び方

球の大きさ

小さいものは10cmほどとスマートフォンよりも小さいものから、大きいものは50cmを超えるものも。小学生が机の上で国を見つけたり、世界の地理を学んだりするなら、25~30cmくらいがおすすめです。

スペースに余裕がある家庭なら、30cm以上の大型地球儀を選んでも◎。大きな地球儀は迫力があり、インテリアとしても人気があります。

地図の種類

地球儀には、地図のタイプが2種類あります。

地勢図

山や砂漠、森林など、その土地の自然環境が分かる地図のこと。大きな山脈や砂漠地帯、雪や氷で覆われた地域などが色分けされていて、地球儀を見るだけでその土地の標高や地形がイメージできます。子供が地理や地形に興味を抱いている(またはこれから興味をもたせたいと思っている)なら、こちらの方が向いているかもしれません。

行政図

国ごとに色分けされたシンプルな地図。国の形や大きさがはっきりと分かるので、就学前の子供でも世界の国々を探しやすいのが特徴です。国の名前や場所を覚えるなら、こちらの方がおすすめ。

地球儀の色

定番の青色のほか、インテリアとしても最適なアンティーク調に仕上げたもの、女の子に人気のピンクなど、さまざまなカラーの商品があります。置く場所に合わせてチョイスしましょう。

付属の機能

国旗が描かれたもの、ライトで光るもの、自動回転するものなど、色々な機能がついた地球儀も人気。最近ではその国の特徴や文化などの情報を教えてくれる、おしゃべり機能付も登場していますよ。

どのくらいの価格で買えるの?

安いものなら3000円前後で購入可能。国の名前や場所を覚える学習用として買うならこれで十分!という人も多いようです。
高いものでは2~3万円、大きさやデザインによってはそれ以上するものも。地球儀に使われている素材や球の大きさ、付属の機能にともなって価格も前後しています。

あなたにおすすめ

お子さんを持つママの実績に!詳しくはこちら
注目コラム