【医師監修】妊娠糖尿病の原因・症状・治療法と母体や胎児への影響や発症しやすい人は?

 専門家監修 公開日:2017/12/25
【医師監修】妊娠糖尿病の原因・症状・治療法と母体や胎児への影響や発症しやすい人は?
監修
山田美恵先生
賛育会病院 産婦人科部長

「妊娠糖尿病」と診断されるのは、妊婦のうち7~9%ほど。体重が増えすぎないように気をつけていても、妊娠中は誰でも発症する可能性がある病気です。自覚症状がないまま母体と胎児に合併症を引き起こす場合もあるため、しっかりと妊婦健診を受けて早期発見をすると同時に、食事や運動などで急激な体重増加を避けることで予防していきましょう。

妊娠糖尿病とはどんな病気なの?その定義とは?

日本産科婦人科学会では、妊娠中にはじめて発見された糖代謝異常を「妊娠糖尿病」と定義しています。 妊娠前から糖尿病と診断されている場合や、妊娠時に診断された明らかな糖尿病は糖尿病合併妊娠と呼ばれ、妊娠糖尿病には含めません。

妊娠糖尿病の原因とは?

糖尿病は、膵臓(すいぞう)から分泌されるインスリンというホルモンが作用せずに高血糖となり、それによってさまざまな合併症を引き起こす病気です。前述の通り、妊娠中にはじめて発見されると妊娠糖尿病と呼ばれます。 インスリンは、食事から栄養素を吸収しエネルギーとして使用するための代謝に大きな役割を果たしており、特に糖質の代謝には不可欠なホルモンです。妊娠の経過とともに血糖値を下げるインスリンの作用が悪くなるため、妊娠初期の検査で異常がなくても、妊娠中期にも検査を受ける必要があります。

妊娠糖尿病はどのような検査で診断されるの?

日本産科婦人科学会では、全妊婦を対象に妊娠初期と中期に妊娠糖尿病のスクリーニング検査をすることを推奨しています。妊娠初期と中期に血糖測定を行い、数値が高い場合にはぶどう糖負荷試験を実施して診断をします。病院によっては血糖測定の回数が異なり、はじめからぶどう糖負荷試験を行うところもあります。 また、妊婦健診時の尿検査で尿糖が頻回に出ている方にも、ぶどう糖負荷試験を行います。 2010年には診断基準となる値が見直され、従来よりも軽度の糖代謝異常も妊娠糖尿病と診断されるようになりました。妊娠糖尿病は自覚症状がないにもかかわらず、発症すると母体と胎児に合併症を引き起こす可能性があるため、早期発見をして妊婦とおなかの赤ちゃんを管理していくことが大切なのです。

妊娠糖尿病になるとどのような症状が出る?

妊娠糖尿病には、自覚症状がほとんどありません。そのため妊婦健診などで突然医師から指摘され、戸惑う方も少なくありません。 妊娠糖尿病と診断されてもすぐに治療がはじまるわけではなく、多くの場合は医師から自宅での血糖測定を指示されます。基本は朝・昼・夜・眠前の1日4回、空腹時の血糖値を測って記録し、その結果からインスリンを導入する必要があるかどうかを医師が判断します。

妊娠糖尿病になる可能性が高い人

妊娠糖尿病を発症しやすいのは、以下のような条件に該当する人です。 ●肥満 ●血のつながりのある方に糖尿病の人がいる ●母体年齢が高い ●巨大児を出産したことがある ●妊娠中の急激な体重増加 ……など。

妊娠糖尿病になったことで引き起こされる合併症は?母体だけでなく胎児にも影響はある?

妊娠糖尿病を発症すると、母体と胎児にさまざまな合併症を引き起こすことがあります。 【母体の合併症】妊娠高血圧、羊水量の異常、肩甲難産、網膜症、腎症など 【胎児の合併症】流産、形態異常、巨大児、心臓の肥大、多血症、電解質異常、胎児死亡など

生まれたあとの赤ちゃんへの影響は?

妊娠糖尿病のお母さんのおなかの中で高血糖にさらされ続けている赤ちゃんは、自分の体の中で血糖値を下げようとして、インスリンをたくさん出している状態です。そのため、生まれて高血糖の状態ではなくなると、新生児低血糖になってしまう場合もあります。 また、将来的に同じような病気になりやすい傾向にあります。

監修
山田美恵先生
賛育会病院 産婦人科部長
順天堂大学医学部卒業。同大学附属順天堂医院産婦人科をへて、2006年より現職。専門は周産期。妊婦さんたちの健やかなマタニティライフをサポートしている先生です。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
注目コラム