つわりはいつからいつまで続く?辛い症状(吐き気・痰)の対処法&体験談

 専門家監修
公開日:2017/11/06
更新日:2018/10/26
つわりはいつからいつまで続く?辛い症状(吐き気・痰)の対処法&体験談
監修
天神尚子先生
三鷹レディースクリニック 院長

妊娠すると、最初に悩まされる症状がつわり。吐き気がしたり、ムカムカしたり……。
いったいいつからいつまで続くの? 気になるつわりの時期と症状、つわりのときの食事の仕方から、先輩ママの乗り切りテクまでを紹介。ぜひ、参考にしてみてください。

つわりの程度は遺伝する?

つわりの程度は遺伝する?

母親がつわりが重いと、自分も重くなるのでは? と思う人もいるかもしれません。ですが、つわりの有無やその程度が遺伝することはありません。「母親が重かったから、きっと私も重いだろう」と思い込むと、それがストレスになり、本当につわりが重くなることも。つわりは一時的なことなので、あまり深刻に考えすぎないようにしましょう。

二人目以降のつわりの症状は?

二人目以降のつわりの症状は?

つわりの症状は1回ごとの妊娠によって違います。たしかに1人目の妊娠のときにつわりが重かった人は、2人目の妊娠以降でも重くなることは多いかもしれません。でも、1人目のつわりは軽かったのに、2人目では重かった人、またはその逆の人もいます。また一人目では吐きづわりだったのに、2人目では食べないと気持ちが悪くなる食べづわりになった、という人もいます。妊娠ごとにつわりの重さや症状が違う理由は、そのときの体調や環境、ストレスなどさまざまなことが影響しているため、はっきりとしたことはわかりません。いずれにしても、1人目、2人目ということにこだわらず、できるだけゆったりとした気持ちで過ごすことが大切です。

つわりの症状と対処法!こんなときは受診を!

食事がほとんどできない、水分もとれない、立っていられないほどつらい、体重が急に減ったなどの状態なら、すぐにかかりつけの産院を受診しましょう。その状態が続くと体内のエネルギーが不足して、おなかの赤ちゃんどころかママにも影響があるからです。放っておくと、肝臓と腎臓の働きが悪くなるだけでなく、意識障害を起こすことも。通院をして点滴をする場合もありますが、症状によっては入院することもあります。

つわり経験者のおすすめ対処法&体験談

妊娠2カ月ごろら始まり、吐きけ、倦怠感などがありました。水や食べ物のニオイがダメになり、夫にはキッチンの換気扇の下で食事をしてもらったり、外食したりしてもらいました。空腹時に気持ち悪くなるので、吐きけがしたら果物を食べるように。外出するときはマスクをしてアメをなめ、ニオイ対策をしていました。(Kさん)

妊娠判明直後から6カ月まで、24時間ずっと吐きけが続きました。仕事に集中しているときは治るのですが、帰宅すると悪化。電車の中でも突然吐くので、外出時はポリ袋とおしぼりを持参。料理をするのがつらく、塩やしょうゆをかけた豆腐ばかり食べていました。つらいときはあおむけになり、ひんやりするボディクリームを塗るとラクに。(Sさん)

妊娠超初期から熱が出てだるく、風邪だと思っていました。2カ月ごろから魚のニオイで気分が悪くなるように。症状が変わるので、そのつど対策を考えて過ごしました。だるくてデスクワークがきついときに役に立ったのがかためのクッションです。姿勢がラクになり、落ち着きました。口寂しいときには、酸っぱいお菓子をつまんでしのぎました。(Aさん)

胸やけ、倦怠感、吐きけ、食欲低下、頭痛が10週から始まりました。朝に頭痛になることが多く、つらかったです。好きなお茶を持ち歩いたり、抱き枕を抱いてリラックスするように心がけました。夏だったので、食べるのは大好きなスイカばかり。ニオイにも敏感になったので、仕事中はマスクをしてニオイを防御。感染予防もできて一石二鳥でした。(Mさん)

7週から16週まで空腹時に二日酔いのような状態が続きました。歯磨き粉のニオイがダメで歯磨きが苦痛に。酸っぱいもの、しょっぱいものが食べたくなり、梅のグミをいつも持ち歩き、夜は駄菓子のスナックをどか食い。トイレにはグレープフルーツのアロマオイルを置いて吐いたときにニオイを嗅いでいました。16週に入ると、嘘のようにすべての症状が治まりました。(Eさん)

上の子のときは平気だったのに、下の子の妊娠中はつわりでダウン。空腹を感じると吐きけと胃痛で炭酸水しか飲めず。周囲のタバコやごはん、焼き魚、煮物、カレーやシチューのニオイがダメに。吐きけがひどいときは、凍らせたフルーツや冷たいそうめん、炭酸水、アイスやゼリーをヘビロテ。枕にはアロマを吹きかけて寝ていました。(Hさん)

★関連記事はこちら

取材&文/樋口由夏

監修
天神尚子先生
三鷹レディースクリニック 院長
日本医科大学付属病院、同大学産婦人科を経て、2004年に現クリニックを開院。年齢によって異なる女性のライフステージを考慮した治療を行っています。2人の子育てをした経験からくるアドバイスは頼りになると評判です。

あなたにおすすめ

注目コラム