【妊娠19週4日/予定日まで143日】少しずつお産のイメージを始めてみましょう

【妊娠19週4日/予定日まで143日】少しずつお産のイメージを始めてみましょう

連載 2人で読む【妊娠中期】 安心マタニティ

出産する産院は決まりましたか? 次は「どんなお産をしたいか」を考えてみましょう。お産が始まってから分娩台に上がるまで、どんな姿勢でどう過ごすか、少しずつイメージを。赤ちゃんは、骨や筋肉が発達し、また脳と体との神経伝達により自分の好きなポーズをとることができるようになりました。


【赤ちゃん】自分の意思で好きなポーズをとっています

自分の好きなポーズをとることができるようになりました。これは体の骨や筋肉が発達したからというだけでなく、脳と体との神経伝達がうまくいくようになり、意思ができてきたからでもあります。

【ママ】どんなお産をしたいか、イメージしてみましょう

出産する産院は、もう決まっていても、そこでどんなお産をするのかは、また別の話。「どんなお産をしたいですか?」と言われても、ぴんとこないかもしれませんね。お産は、分娩室で産むもの、とだけ考えていますか? だとしたら、もう少しお産のことを勉強してみましょう。施設によっては、さまざまな制限がある場合もあります。でも、一度相談してみましょう。照明のこと、アロマを焚いてもいいかどうか、身の回りのものは何を持ち込めるか、分娩台に上がるまで、どんな姿勢でどこで過ごすことができるのか、などなど。全く見当もつかないかもしれませんが、今から少しずつイメージしてみましょう。お産は、赤ちゃんに会うまで、ただ痛みをがまんするだけではありません。数時間から十数時間(人によっては数十時間のこともありますが)、短い時間ではありません。赤ちゃんを目いっぱい感じて産む時間をイメージすること、始めてみましょう。


この連載について

安定期に入る妊娠中期の週ごとのアドバイス。1つずつ読むごとに、そのときの赤ちゃんの様子、ママの生活上の注意点などが少しずつ理解できます。赤ちゃんの成長を実感して、自然とママになる心の準備も整うはず。35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイス!

最新の記事

【妊娠23週0日/予定日まで119日】その子の個性!「大きめ」「小さめ」、あまり心配しないで

【妊娠22週6日/予定日まで120日】「冷え」は血行が悪くなり、心臓に負担が…… 対策は万全に

【妊娠22週5日/予定日まで121日】調味料は計量カップで量る習慣を!引き続き塩分には注意

監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

出典 :First Pre-mo(ファーストプレモ)2017年春夏号 ※情報は掲載時のものです

クリップ

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で一名様に当たる!東芝「TORNEO V cordless(トルネオ ヴィ コードレス)」プレゼント 9月2日まで 詳細はこちら
注目コラム