離乳食完了期(1歳~1歳6ヶ月ごろ・パクパク期)のおすすめレシピ!進め方や量、理想的な献立は?

 専門家監修
公開日:2017/10/25
更新日:2019/07/02
離乳食完了期(1歳~1歳6ヶ月ごろ・パクパク期)のおすすめレシピ!進め方や量、理想的な献立は?
監修
上田玲子先生
帝京科学大学教育人間学部教授 栄養学博士

生後5~6ヶ月ごろからスタートした離乳食。いよいよゴール目前となるのが離乳食完了期です。これまで以上に食べ物に興味がわいたり、手づかみ食べやスプーンの使い方が上手になって「自分で食べたい」気持ちがグングン増す子も。この時期の離乳食の進め方やポイントをまとめました。簡単でおいしい、おすすめのレシピもあわせて紹介します。

離乳食完了期っていつから? 

朝昼夕の3食をしっかり食べ、やわらかめの肉だんごくらいのかたさのものを、歯ぐきでつぶして食べられるのが離乳食完了期の目安。月齢ではおよそ1歳~1歳6ヶ月ごろで、栄養の大半は離乳食から摂るようになります。食後の母乳やミルクはあまり飲まなくなることもあり、卒乳する赤ちゃんも多くいます。

離乳食完了期の進め方は?どれくらいの量を食べさせればいいの?

離乳食完了期以降の赤ちゃんは、たくさんのエネルギーを必要としますが、一度に食べられる量はそれほど多くありません。1日の必要量は、離乳食後期(9~11ヶ月ごろ)から少し増える程度です。ごはん、めんなどのエネルギー食品源、野菜などのビタミン・ミネラル食品源、肉や魚などのタンパク質食品源の3つの食品グループからバランスよく組み合わせましょう。

離乳食完了期の前半は、1日3食&おやつを1~2回を定着させ、決まった時間に食事をすることが大切です。ポイントは、朝ごはんを7時か8時くらいまでに食べさせること。朝ごはんをしっかり食べて午前中から元気に活動できれば、その後の昼ごはんやお昼寝、おふろなどの時間も自然に整います。夜ごはんは18時~19時くらいを目安にして、遅くなりすぎないようにしましょう。

ごはん1回分の目安量

完了期前半

軟飯を子供茶わん1杯弱(90g)

完了期後半

ごはんを子供茶わん八分目(80g)

食パン1回分の目安量

完了期前半

食パン6枚切り2/3枚(40g)

完了期後半

食パン6枚切り5/6枚(50g)

ゆでうどん1回分の目安量

完了期前半

約1/3玉(105g)

完了期後半

1/2玉弱(130g)

野菜1回分の目安量

完了期前半

30g

完了期後半

40g

白身魚1回分の目安量

完了期前半

15 g

完了期後半

20g

鶏ささ身肉1回分の目安量

完了期前半

15g

完了期後半

20g

卵1回分の目安量

完了期前半

全卵1/2個

完了期後半

全卵2/3個

乳製品1回分の目安量

プレーンヨーグルト

100g

牛乳

110ml

出典 :はじめてママ&パパの離乳食※情報は掲載時のものです

出典 :いちばんよくわかる離乳食※情報は掲載時のものです

監修
上田玲子先生
帝京科学大学教育人間学部教授 栄養学博士
栄養学博士・管理栄養士。小児栄養学の第一人者として活躍するかたわら、トランスコウプ総合研究所取締役として栄養コーチングの手法を開発。日本栄養改善学会評議員や日本小児栄養研究会運営委員なども務める。『はじめてママ&パパの離乳食』『離乳食大全科』(主婦の友社)など監修書多数。

あなたにおすすめ

お子さんを持つママの実績に!詳しくはこちら
注目コラム