離乳食の簡単にんじんレシピ!初期・中期・後期別レシピ&冷凍保存方法

 専門家監修
公開日:2017/10/23
更新日:2019/09/19
離乳食の簡単にんじんレシピ!初期・中期・後期別レシピ&冷凍保存方法
監修
上田玲子先生
帝京科学大学教育人間学部教授 栄養学博士

甘みがあってカロテンの豊富なにんじんは、離乳食のはじめての野菜としても人気の食材。
スープやおかゆにもまぜやすく、離乳食の初期から使用頻度がかなり高めなので、冷凍保存して使うママもたくさんいます。ここでは毎日の離乳食作りに役立つにんじんレシピをご紹介。冷凍保存や電子レンジ調理法もぜひ参考にしてください。

離乳食でにんじんはいつから食べさせていいの?

にんじんをすりおろす写真

皮膚や粘膜を強くし、免疫力を高めるβ-カロテンが豊富なにんじんは、栄養価が高く、トロトロ状に調理しやすいのも特長。鮮やかなオレンジ色はベビーに人気で、離乳食初期から食べさせることができます。

離乳食で使うにんじんの形状や調理法と下ごしらえの仕方

鍋で人参を茹でている写真

栄養とうまみをキープするコツは、かたまりでゆでること。1本を3等分くらいに切り、水からじっくり30分ほどかけてやわらかくゆでます。ゆでておけば、この後の「すりおろす」「刻む」工程がラクに。ちなみに、薄切りにしてゆでると、にんじんのまわりに膜ができて、かえって火が通りにくくなります。急ぐときでも5mm以上の厚さの輪切りにしてゆでるほうが、早くやわらかくなります。

離乳食初期はゆでてブレンダー等でペースト状にすると舌ざわりがよく食べやすい

ブレンダーですりおろした人参の写真

やわらかく加熱して裏ごしするか、ブレンダー等ですりおろしてとろみをつけます。にんじんは生のまますりおろすと、しっかり火を通してもつぶつぶした感じが残り、ベビーが嫌がることも。やわらかくゆでてからすりおろすと、なめらかな舌ざわりになります。

離乳食中期は薄切りし、ざっとすりつぶす

すりつぶした人参の写真

中期のはじめのころは、やわらかくゆでたにんじんを薄切りにして、小さいつぶつぶが残る程度にすりつぶします。後半はこまかくつぶすか刻みます。

離乳食後期は指でつぶせるかたさにする

5mm幅の細切れにした人参の写真

指で軽く力を入れてつぶせるかたさに加熱し、5mm角に切ります。

にんじんを電子レンジで加熱するときのポイント

電子レンジで加熱した人参の写真

電子レンジでにんじんを加熱するときは、水を足して長めに加熱することで、指でつぶせるやわらかさになります。にんじんの皮を薄くむいたら1回量をカット。耐熱容器に水を入れ、ラップして加熱します。にんじんの輪切り3枚(50g)に水大さじ3を加え、2分加熱が目安です。※電子レンジの加熱時間は500Wの場合の目安です

離乳食初期向けにんじんの電子レンジレシピ・作り方

にんじんと玉ねぎのピューレスープ

材料をまとめて加熱できるからラク!

にんじんと玉ねぎのピューレスープのレシピ・作り方

材料

にんじん…厚さ2.5mm(直径4cm)を1切れ(5g)
野菜スープ…大さじ3
玉ねぎ薄切り…小さじ1(5g)

作り方

1 材料をすべて耐熱容器に入れ、電子レンジで約1分加熱して蒸らし、裏ごしして煮汁でのばす。

離乳食後期向けにんじんの電子レンジレシピ・作り方

にんじんとさつまいものグラッセ

バターの風味でコクがアップ!

にんじんとさつまいものグラッセのレシピ・作り方

材料

にんじん…1/10本(20g)
さつまいも…1/5本(40g)
野菜スープ…大さじ2
バター…1/4(1g)

作り方

1 にんじんは2cmの長さの棒状に切り、さつまいもは皮をむいて厚めのいちょう切りにする。
2 耐熱容器に1と野菜スープを入れて、ラップをかけ、電子レンジで2分ほど加熱してざっとまぜ、さらに2分ほど加熱し、やわらかくなったらバターを加えてからめる。

離乳食で使うにんじんの冷凍保存方法と時期別の注意点

離乳食は毎回少量ずつ作るより、まとめて下ごしらえして冷凍するほうが効率的です。ゆでかたや保存の仕方は離乳食の段階ごとに変わります。

離乳食初期

にんじんは皮をむき、60gをやわらかくゆでてすりつぶす。フリーザーバッグに入れて薄く平らな板状にして冷凍する。厚みがあると割りにくいので注意。(分量:約8回分)
使用時は1回分を折りとり、電子レンジで加熱解凍する。熱いおかゆやスープに冷凍のまま加えて煮とかしても。

離乳食中期

にんじんは皮をむき、120gをみじん切りにしてやわらかくゆでる。フリーザーバッグに入れて、薄く平らな板状にして冷凍する。(分量:6~8回分)
1回分(15g、中期の後半は20g)を折りとり、電子レンジで加熱する。冷凍のまま、うどんなどと一緒に煮ても。

離乳食後期

にんじんは皮をむき、100gを7mm角に切ってやわらかくゆでる。1回分(約20g)ずつ小分けしてラップで包む。(分量:5回分、後期の後半は1回30gを目安に)
電子レンジで加熱解凍。バナナを冷凍したものを一緒に加熱解凍して、まぜてもおいしい。

冷凍するときには、鮮度や保存期間に注意を

新鮮なものを選んでなるべく買ったその日に、味がよく栄養価が高い状態で冷凍するのがコツ。加熱したら必ず冷ましてから冷凍をしましょう。また、抵抗力が弱い赤ちゃんに食べさせる離乳食の冷凍は、1週間で使い切るのがルールです。

離乳食初期(生後5~6ヶ月ごろ・ゴックン期)のおすすめにんじんレシピ・作り方

にんじんバナナ

ゆで汁を活用して赤ちゃん好みの食感に!

にんじんバナナのレシピ・作り方

材料

にんじん…10g(2cm角1個)
バナナ…20g(小1/5本)

作り方

1 にんじんは皮をむいてやわらかくゆで、裏ごしする(ゆで汁はとっておく)。

2 バナナはなめらかにすりつぶし、1を加えてまぜ、ゆで汁でかたさを調節する。

にんじんと大根の2色だし煮

だしのうまみが野菜の甘みとマッチ!

にんじんと大根の2色だし煮のレシピ・作り方

材料

にんじん…5g(1.5cm角1個)
大根…5g(1.5cm角1個)
だし…適量

作り方

1 大根、にんじんはそれぞれ皮をむいて鍋に入れ、かぶるくらいのだしを加え、弱火でやわらかく煮る。

2 大根、にんじんを取り出して裏ごしし、煮汁でかたさを調節する。

おろしにんじんの白身魚のせ

にんじんのしっとり感で魚が食べやすく!

おろしにんじんの白身魚のせのレシピ・作り方

材料

にんじん…10g(2cm角1個)
鯛…5g(刺し身1/2切れ)
だし…適量

作り方

1 鯛は熱湯でゆで、なめらかにすりつぶし、だしで食べやすくのばす。
2 にんじんは皮をむいてやわらかくゆで、すりつぶす。器に盛り、1をのせる。

離乳食中期(7~8ヶ月ごろ・モグモグ期)のおすすめにんじんレシピ・作り方

にんじんと玉ねぎのうま煮

野菜の甘みを感じられる1品

にんじんと玉ねぎのうま煮のレシピ・作り方

材料

にんじんみじん切り…大さじ1(10g)
玉ねぎみじん切り…大さじ1(10g)
だし…1/2カップ

作り方

にんじんと玉ねぎにだしを加えて火にかけ、煮立ったら弱火にし、舌でつぶれるくらいやわらかくなるまで煮る。

にんじんとかぶの彩りうどん

具材をフォークでつぶしてスピード調理!

にんじんとかぶの彩りうどんのレシピ・作り方

材料

ゆでうどん…1/8玉(35g)
かぶ…1/5個(20g)
にんじん…1/20本(10g)
野菜スープ…1カップ

作り方

1 うどんはざく切りにし、にんじんは薄切り、かぶは皮をむき、鍋に入れて野菜スープを加え、ふたをして弱火で野菜がやわらかくなるまで煮る。

2 あら熱がとれたらフォークでかぶとにんじんをザクザクつぶす。うどんはフォークでこまかくつぶす。

ポイント

フォークならうどんを細かくするのもラクラク。フォークの先を使えばみじん切りに。カミカミ期以降はフォークを立て、側面で食べやすい長さに切ります。

おろしにんじんのトロトロおかゆ

しらすのほのかな塩けで甘みが引き立つ栄養満点レシピ

おろしにんじんのトロトロおかゆのレシピ・作り方

材料

にんじん…15g(2.5cm角1個)
しらす干し…10g(大さじ2弱)
7倍がゆ…50g(大さじ3強)
水…1/3カップ
水どきかたくり粉…少々

作り方

1 にんじんは皮をむき、すりおろす。しらす干しは熱湯1/2カップ(分量外)に5分ほどつけて湯をきり、こまかく刻む。

2 鍋に1、水を入れて弱火にかけ、煮立ったら1分ほど煮て、水どきかたくり粉でとろみをつける。

3 器に7倍がゆを盛り、2をのせる。

離乳食後期(9~11ヶ月ごと・カミカミ期)のおすすめにんじんレシピ・作り方

にんじん入り卵焼き

卵に加えて食べやすく! にんじん嫌いな子にも

にんじん入り卵焼きのレシピ・作り方

材料

にんじん…30g(中1/5本)
とき卵…1/2個分
植物油…少々

作り方

1 にんじんは皮をむいてすりおろし、卵に加えてまぜる。

2 フライパンに油を中火で熱し、1を流し入れる。

3 両面をしっかりと焼き、食べやすく切る。

にんじんと豆腐のだし煮

にんじんの甘味とだしのうまみが豆腐にしみこむ

にんじんと豆腐のだし煮のレシピ・作り方

材料

にんじん…中1/6本(約30g)
木綿豆腐…小1/4丁弱(45g)
だし…大さじ8

作り方

1 にんじんは小さめの薄いいちょう切りにし、だしを加えて中火にかけ、煮立ったら弱火にし、にんじんがやわらかくなるまで8分ほど煮る。

2 最後に豆腐をくずして加え、さっと煮て火を通す。

ポイント

豆腐は煮すぎるとおいしくないので、にんじんがやわらかく煮えてから加えます。

にんじんと青のりの落とし焼き

ひと口サイズで手づかみ食べにピッタリ!

にんじんと青のりの落とし焼きのレシピ・作り方

材料

にんじん…30g(中1/5本)
A(小麦粉…大さじ4・青のり…小さじ1/3・水…大さじ1弱)
オリーブ油…少々

作り方

1 にんじんは皮をむき、すりおろす。

2 ボウルに1、Aを入れてまぜ合わせる。

3 フライパンにオリーブ油を中火で熱し、2をスプーンでひと口大に落とし入れ、両面をこんがりと焼く。

出典 :はじめてママ&パパの離乳食※情報は掲載時のものです

出典 :いちばんよくわかる離乳食※情報は掲載時のものです

監修
上田玲子先生
帝京科学大学教育人間学部教授 栄養学博士
栄養学博士・管理栄養士。小児栄養学の第一人者として活躍するかたわら、トランスコウプ総合研究所取締役として栄養コーチングの手法を開発。日本栄養改善学会評議員や日本小児栄養研究会運営委員なども務める。『はじめてママ&パパの離乳食』『離乳食大全科』(主婦の友社)など監修書多数。

あなたにおすすめ

注目コラム