バウンサーは新生児の赤ちゃんも使える? 手動と電動はどっち!? 人気11選

コラム 2017/10/13更新
バウンサーは新生児の赤ちゃんも使える? 手動と電動はどっち!? 人気11選

出産準備中から気になる、赤ちゃんの居場所。寝室にはベビーベッドがあるけれど、リビングではどこに寝かせてあげるといいのでしょうか? 床にマットや座布団を敷いて寝かせてあげてもいいのですが、上の子やペットがいると踏みつけられそうで不安ですよね。そこでおすすめしたいアイテムはバウンサー。大切な赤ちゃんの居場所を簡単に作ってあげられる、便利なアイテムです。手動タイプや電動タイプなどがあり、最近では大きくなっても椅子として使い続けられる商品も販売されています。ではどんなバウンサーを選べばいいのでしょうか? 今回はバウンサーを選ぶポイントを、おすすめ商品と一緒にご紹介します。

先輩ママに、ベビーサークルについて聞きました!

先輩ママにアンケート! あなたの赤ちゃんはバウンサーを使っていましたか?

使用していた人、使用していなかった人がちょうど半数ずつでした。使用したきっかけは
・床のホコリが気になり、少し高さのあるところに寝かせたかった
・抱っこ以外でも寝てくれる方法を見つけたかった
・お風呂や料理の間、安心して寝かせられる場所がほしかった
……などが多く挙げられています。

実際に使ってみた感想には、
・自分で動くと揺れるところが気に入ったようで、しばらくご機嫌で遊んでいました。
・揺れが心地よいのか、よく寝てくれます。抱っこが疲れたときに活躍中です。
・家族の顔が見えるのでご機嫌になります。
……という意見が多く聞かれました。

知っておきたい基本知識

日中の赤ちゃんの快適な居場所、バウンサーの基礎知識

バウンサーとは?

まだお座りができない赤ちゃんを座らせてあげると、上下に自然と揺れる赤ちゃん用の椅子のことをバウンサーと呼び、妊婦さんが出産準備アイテムを揃えるときに購入を検討する定番赤ちゃんグッズです。折り畳めるタイプやおもちゃが付いているタイプなど、種類も豊富。ねんねしているよりも姿勢が起きるので周りが見やすくなり、ぐずり防止としても活躍します。

バウンサーの選び方が知りたい! どんな種類があるの?

種類豊富なバウンサーの中で、どういった商品を選べばいいのでしょうか? 代表的なタイプをピックアップし、それぞれの特徴を調査してみました。

折り畳めるタイプ

軽くて折り畳みができるタイプは、使う頻度が少ない人や帰省先・旅行先でも利用したい人におすすめ。ママ1人でも簡単に折り畳めるようになっている商品が多く販売されています。急な来客や掃除の際にも簡単に片づけられるので便利です。

おもちゃ付属タイプ

歯固めや音の出るおもちゃなどをバウンサーに付けておくと、赤ちゃんもご機嫌で過ごしてくれます。お風呂の間や料理中など、抱っこはできないけれど親の目が届く範囲にいてもらいたいときにおすすめです。

お手入れが簡単なタイプ

意外と汗をかく赤ちゃん。離乳食が始まると食べこぼしもあり、赤ちゃんの肌に触れているマットの衛生面も気になりますよね。頻繁にお手入れしてあげたいママには、自宅の洗濯機で洗えるタイプがおすすめです。簡単に取り外しができるかどうかも合わせてチェックしておきましょう。

電動タイプ

上の子がいるため、付きっきりでバウンサーを揺らしてあげられないというママには、電動タイプもおすすめです。少しお値段は高くなってしまいますが、赤ちゃんのリラックスできるリズムで揺れてくれたり音楽を流してくれたりと、忙しいママをサポートしてくれます。電源コードでつないでおかないと動かないタイプのものもあれば、電池があれば動くタイプもあるため、部屋の配置も考えながら商品を選びましょう。

ほかにも多種多様に形を変えられるバウンサーや、モビールがついたバウンサーなどたくさんの種類があります。どのようなシーンで使用するのか、使用する場所はどこなのかなど、ママと赤ちゃんの生活スタイルを想像しながら選んでいきましょう。

新生児の赤ちゃんも使えるの?

多くのバウンサーにリクライニング機能が付いているのですが、一番下まで倒したときにフラットになるタイプであれば、新生児から使えることが多いようです。それ以外は生後3週間~や生後1ケ月~など、対象月齢が決められています。購入前に必ずチェックしておきましょう。

レンタルもできる?

もちろん、ベビー用品のレンタル会社でもバウンサーの取り扱いがあり、多くのママが利用しています。赤ちゃんに気に入ってもらえるか分からない上に、体の動きが活発になると、ねんね期のようにおとなしく乗ってくれなくなってしまうことも。気になる商品があるものの、使い心地を確認してから購入したいという人にもレンタルはおすすめ。多くのレンタル会社が、気に入った商品をそのまま買い取れるようになっています。中古品に抵抗があるママは新品レンタルも取り扱いがあるので、探してみてくださいね。

赤ちゃんにおすすめの手動&電動バウンサー11選

バウンサーにはさまざまなタイプがあります。手動で揺らしてあげるタイプのものや完全に自動で揺らしてくれるもの、中には振動機能が付いているタイプも販売されています。どの商品を選べばいいか悩んでいるママのために、先輩ママから人気だったバウンサーをピックアップしてみました。それぞれの特徴をご紹介します。

完全手動バウンサー おすすめ4選

ベビービョルン 【日本正規品保証付】 ベビーシッターバランス メッシュ ブラック 009002

小児科医による協力の元で開発されており、生後3週間頃から2歳頃まで使用可能です。3段階のリクライニング機能がついていて、1番高い位置にセッティングすると離乳食時の椅子としても使えます。滑り止めがついているので、床の傷や騒音を気にする必要もありません。

価格:12,451円(税込)

本体サイズ:約幅39cm×奥行×91cm×高さ49~60cm

商品の詳細記事へ

リッチェル Richell バウンシングシートおもちゃ付きR

こちらは、赤ちゃんが顔をぶつけることにも配慮した、柔らかい素材のおもちゃバーが付いているところが魅力的。お風呂タイムや家事中など、赤ちゃんに待っていてもらいたいときに、おもちゃがあるとご機嫌で遊んでいてもらえます。シートは通気性の良いメッシュになっていて、丸洗い可能。100~160度まで、3段階に調整できるリクライニング機能も魅力です。

価格:5,363円(税込)

本体サイズ:幅38cm×奥行49cm×高さ62cm

商品の詳細記事へ

カトージ ベビーバウンサー NewYorkBaby 03118

新生児期から利用できるこちらは、日中のねんねの際に重宝します。リビングのライトや日光が眩しそうなときやエアコンからの風が直接当たりそうなときは、折り畳み式のホロでガードしてあげましょう。視界が暗くなるので、赤ちゃんが落ち着いて眠れる空間を作ってあげられます。重さは約3,9kg。ママも簡単に持ち運びできそうですね。

本体サイズ:幅46cm×奥行84cm×高さ54cm(背もたれを倒したとき)

価格:6,680円(税込)
重量:約3.85kg
素材:ポリエステル・ナイロン・ポリウレタン・ポリエチレン

商品の詳細記事へ

ヌナ nuna バウンサー ヌナ リーフ トワイライトブラック 03938

オランダのブランドで作られた、デザイン性・機能性の高さで人気の「nuna バウンサー ヌナ リーフ」。ママの抱っこをイメージした揺れ加減が魅力です。電動ではないのですが、本体を軽く押すだけで1~2分ほどゆっくりと揺れ続けます。静かで快適な揺れ心地にこだわりました。シートマットの素材は、赤ちゃんにも優しいオーガニックコットン。自宅で洗濯できるのでお手入れも簡単です。

価格:25,920円(税込)

本体サイズ:幅71cm×奥行73cm×高さ45cm
素材:アルミニウム合金(ベース)、スチール(シートフレーム)、ポリエステル(シート)、オーガニックコットン100%(シートマット側生地)、ポリエステル(シートマット中綿)、POM・ナイロン(ベース接合部)

商品の詳細記事へ

ほどよい振動機能が付いた手動バウンサー おすすめ3選

マテル フィッシャープライス インファント・トドラーロッカー レインフォレスト DMR89

こちらはカラフルなデザインと長く使える機能性の高さから、世界中のママたちに選ばれてきました。リクライニングを下げるとフラットなベッド、一番高くするとロッキングチェアとして使えます。ドライブ中のような心地よい振動で赤ちゃんの寝かしつけをサポートしてくれる「リラックス振動機能」も好評です。

本体サイズ:幅51cm×奥行73cm×高さ61cm(キックスタンド使用時)

価格:5,309円(税込)
素材:PP・ABS・TPE(本体)、ABS・PP(おもちゃ)、ポリエステル(シート)、PP(ベルト)

商品の詳細記事へ

Bright Starts ブライトスターツ バウンサー パターンパルズ・バイブレーティング・バウンサー 0ケ月~ (60725) by Kids II

リーズナブルでありながら、使い勝手の良さも評判。一見シンプルな作りですが、しっかり電池で動くバイブレーション機能も搭載されています。さらに、おもちゃバーには赤ちゃんを夢中にさせる2つのおもちゃ付き! もちろん取り外しも可能です。

本体サイズ:幅48cm×奥行53cm×高さ42cm

重量:1.9kg
価格:2,982円(税込)
素材:ABS、TPR、PP、POM、ポリエステル

商品の詳細記事へ

Tiny Love製 ロッキング&バウンサー・レッド(バウンサー・ベビーラック・ゆりかご)

ペットや上の子から、生まれたての赤ちゃんをしっかりと守ってあげられるバウンサーといえば、「Tiny Love ロッキング&バウンサー」。ロッキングチェア・お昼寝用ベッド・ベビーシートの3パターンで利用可能です。柔らかなシートが心地よく赤ちゃんを包み込みます。シートを起こして座った状態で赤ちゃんが寝てしまっても、赤ちゃんを起こさずお昼寝ベッドにできる、ワンタッチリクライニング機能が好評です。さらに、赤ちゃんもご機嫌で過ごせる、カラフルな知育モービルまで付いています。デザイン性・機能性共に質の高いバウンサーです。

価格:23,014円(税込)

本体サイズ:幅74.9cm×高さ77cm

商品の詳細記事へ

電動バウンサー おすすめ3選

ストッケ ステップス バウンサー グレージュ

ママの腕に包まれているような柔らかな質感と、抱っこのような滑らかな動きを再現した電動バウンサー。小児理学療法士のサポートにより開発された専用のニューボーンインサートのおかげで、生まれたばかりの赤ちゃんもリラックスして寝かせてあげられます。同じブランドから販売されている専用のチェアやベビーセットと組み合わせると、大きくなってからも使い続けられるので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

本体サイズ:幅53cm×奥行80cm×高さ56~67cm

価格:19,980円(税込)
素材:ポリエステル65%・コットン35%(テキスタイル)、ポリエステル100%(クッション)

商品の詳細記事へ

4moms 電動バウンサー MamaRoo Plush Bouncer 2012/ silver plush 並行輸入

ママの抱っこのような揺れで赤ちゃんをあやしてくれる電動バウンサー。リラックス音が内蔵されていて、5つの音楽で赤ちゃんもリラックスできます。さらに、MP3プレイヤーも接続可能。ママが赤ちゃんに聴かせてあげたい音楽をいつでも流せます。

価格:63,800円(税込)

商品の詳細記事へ

Aprica (アップリカ) 電動スウィング & ポータブル Smart Swing スマートスウィング クレームブリュレ YE ★Easy Washタイプ★ 91139

2016年8月のアップリカによる調査で、なんと40人中37人のパパママが「入眠」・「あやし・寝かしつけ」のどちらか、もしくは両方に効果があったと回答しました。抱っこのような優しいスウィングで赤ちゃんを落ち着かせてくれるバウンサーです。スウィング幅は5段階から選択可能。赤ちゃんのリズムや好みに合わせて調整できるので便利です。コードでも電池でも動かせるので、部屋のどこにでも赤ちゃんの居場所を作ってあげられます。

価格:29,700円(税込)

本体サイズ:幅53cm×奥行70.5~73.5cm×高さ47~53.9cm(キャリーハンドルを倒した場合)
素材:PP・PA・ABS(本体)、スチール(フレーム)、ポリエステル(縫製品)

商品の詳細記事へ

機能性の高さに注目のバウンサーはコチラ

サンデシカ BSCR(ビスクル) レッド 9210-9999-05

こちらはカラフルなカラー展開とシンプルながらオシャレなデザインが印象的。0~5歳頃まで長く使えるマルチチェアです。赤ちゃんの時期はスウィングラックやバウンサーとして、そして大きくなるとロッキングポニーやカウチとして使用できます。第三者機関による試験にも合格しているため、安全面も安心。ママ1人でも組み立て・組み替え可能なシンプル構造や、シートを取り外して選択できる簡単なお手入れ方法も好評です。

本体サイズ:(約)幅40.5~79cm×奥行58~79cm×高さ36.8~68.3cm

価格:21,033円(税込)
素材:合板(構造部材)、綿100%(天然木張り材)、NBR・EVA樹脂(クッション部材)

商品の詳細記事へ

赤ちゃんが喜ぶバウンサー 選ぶポイントを先輩ママに聞いてみました!

バウンサーを選ぶとき、どこを重視しましたか?

「コスパを重視しました。限られた期間しか使わない上に、気に入ってもらえるかわからなかったので。」

「少しでも快適に過ごしてほしかったので、奮発して電動バウンサーを購入しました。」

「先輩ママの口コミ評価が高い商品にしました。」

「長く使えるよう、形を替えながら大きくなっても椅子として使えるバウンサーで探しました。」

使用中のバウンサーで気に入っているところは?

「軽くて持ち運びがしやすいので、帰省先や旅行先でも赤ちゃんの居場所を作ってあげられるところです。」

「ホロを使うと日中でも夜の寝室のような空間になる点が気に入っています。暗くなると赤ちゃんも眠くなるようです。」

「おもちゃがついているので、赤ちゃんがご機嫌に過ごしてくれます。」

もう一度バウンサーを選び直せるなら、どこを重視しますか?

「思っていた以上にバウンサーが気に入ったようなので、せっかくなら電動にしたら良かったです。」

「意外とすぐ使わなくなるので、レンタルで探しても良かったのかなと思っています。」

「赤ちゃんがこんなに汗をかくと思いませんでした。選び直せるなら、マットの素材にも気を付けてあげたいです。」

赤ちゃんの反応は?

「最初は不思議そうな顔をしていましたが、動くと揺れることに気づいてから楽しそうに座ってくれています。」

「おもちゃをつけてあげると座ってくれました。」

「お風呂を待ってもらっている間、楽しそうに揺れています。」

出典:Baby-mo
写真/園田昭彦

あなたにおすすめ