【赤ちゃんの鼻掃除】新生児の鼻くその取り方は?奥につまったのはどうしたらいい?

 専門家監修 公開日:2017/10/12
【赤ちゃんの鼻掃除】新生児の鼻くその取り方は?奥につまったのはどうしたらいい?
監修
米山万里枝先生
東京医療保健大学大学院医療保健学研究科 教授

赤ちゃんの鼻には、意外に汚れがたまりやすいもの。とはいえ、赤ちゃんの小さな鼻の穴をきれいに掃除してあげるのは容易ではありません。「鼻くそを取ってあげようとしたらもっと奥に入ってしまった…」なんて経験をしたことがあるママも多いのでは? そこで、小さなパーツケアにいまひとつ自信が持てないというママたちのために、鼻掃除のやり方とそのコツをご紹介します!

なぜ鼻くそはたまるの?

赤ちゃんの鼻の粘膜は大人に比べてとっても敏感。自分の身を守るためにちょっとした気温差やホコリなどですぐに鼻水が分泌されます。その鼻水が時間の経過とともに水分が蒸発して鼻くそに変化。花粉の時期やペットの毛なども赤ちゃんの鼻くその原因になります。

赤ちゃんの「鼻くそ」の取り方

小さくて見えにくい赤ちゃんの鼻の穴。誤った方法で行うと、鼻くそをかき出すつもりがあやまって奥の方に入ってしまうことも。赤ちゃんは自分で鼻水や鼻くそを出すことができないので、ケアの際は慎重に。ママは「なにがなんでもきれいにしなきゃ!」と思わず、余裕をもって赤ちゃんに接してあげましょう。

安全にケアするための3つのポイント

①赤ちゃんが動かないように“大判のタオル”でしっかり固定!

パーツケアでいちばん大切なのが、赤ちゃんが動けないように固定すること。大判のタオルで赤ちゃんの体全体をしっかりくるみましょう。

<大判タオルの巻き方>
※写真は赤ちゃんを正面から見て、右側のパーツをケアする場合。左側をケアする場合はタオルの巻き方を逆にします

大判のタオルの上に赤ちゃんを寝かせて赤ちゃんの左手をまっすぐにしてからタオルで固定(写真左)。続けて右手もしっかりくるんで固定します(写真右)

②ケアするパーツを“よく観察”する

パーツケアには角度や明るさが重要。赤ちゃんのパーツは小さいですが、きちんとした角度で、明るさを確保して見れば、ちゃんと奥まで確認できます。この確認ができて初めて、どれくらい汚れているのか、どうやってケアするのかを考えるべき。汚れがきちんと見える場所を確保して。

③ケアをするのは“見えている部分”だけ

完璧に汚れを取ろうとしなくてOK。過剰なケアがかえって赤ちゃんを傷つけてしまう場合も。汚れが見えている部分を無理のない範囲でケアしてあげましょう。

毎日の鼻掃除のコツ

鼻の中に汚れを見つけたら、まずはお湯でしぼったあたたかいタオルで顔と鼻の穴のまわりをふいてあげて。大きなかたまりはピンセットで取り、その後、綿棒できれいにそうじしましょう。

★用意するもの★
綿棒、ピンセット、タオル(ガーゼ)

鼻掃除のやり方

1.お湯でしぼったあたたかいタオルやガーゼで鼻の穴のまわりをふきます。

2.ふやかしきれない大きなかたまりの汚れは事前にピンセットで取り除いておきましょう。

3.次に綿棒。鼻の穴の内側にある出血点からスタートし、穴の外側に沿って綿棒を動かします。

 4.汚れを巻き込みながら綿棒をぐるっと一周させ、出血点の手前まで戻します。

 5.綿棒自体を外側に回しながら手前に引き出します。汚れを巻き込みながら引き出すのがポイント。

出典 :Pre-mo2017年秋号※情報は掲載時のものです

監修
米山万里枝先生
東京医療保健大学大学院医療保健学研究科 教授
助産師として多くの出産に立ち会い、母乳育児の指導を行う。おっぱい・ミルク全般、母体の健康など幅広い知識があり、授乳、卒乳のエキスパートとして研究、講師などを積極的に行っている。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で一名様に当たる!アイロボット社の拭き掃除ロボブラーバジェット240プレゼント 詳細はこちら
注目コラム