【妊娠18週4日/予定日まで150日】気になる妊娠中のセックスのこと

【妊娠18週4日/予定日まで150日】気になる妊娠中のセックスのこと

連載 2人で読む【妊娠中期】 安心マタニティ

おなかの中で元気にたくさん動いている赤ちゃん。セックスをすることで赤ちゃんに悪い影響があるのでは……と不安に思うママもいますよね。医師から特に止められていなければ、パートナーとのスキンシップはもちろん、仲よくすることはママにとってもいいことです。


【赤ちゃん】動きのバリエーションがふえてきました

単純に手足をパタパタ動かすだけではなく、足をぐっと伸ばしたり、首を振ったりという動きもしています。上半身だけ反らすといった動きもあり、動作のバリエーションがずいぶん出てきました。

【ママ】スキンシップで幸せな時間を楽しんで

妊娠中のセックスは、赤ちゃんに影響があるのではと不安に思っている人はいませんか? 切迫流産や、前置胎盤という診断を特に受けているのでなければ、パパと仲よくするのはいいことです。子宮口がしっかり閉じて、その奥には卵膜、羊水というクッションがあるので、赤ちゃんにペニスが直接ぶつかることは絶対にありません。ただ、ママが強くオーガズムを感じると、子宮が収縮することがあり、その瞬間は血流が悪くなるため、赤ちゃんはちょっと苦しいかもしれません。また、妊娠中であってもコンドームは必ずつけるようにしましょう。オーガズムだけが目的ではない、幸せなセックスを、お互いの体にたくさんふれ合いながら、楽しむ時間にするのがいいですね。


この連載について

安定期に入る妊娠中期の週ごとのアドバイス。1つずつ読むごとに、そのときの赤ちゃんの様子、ママの生活上の注意点などが少しずつ理解できます。赤ちゃんの成長を実感して、自然とママになる心の準備も整うはず。35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイス!

最新の記事

【妊娠23週6日/予定日まで113日】そろそろ出産と育児グッズの準備を始めましょう

【妊娠23週5日/予定日まで114日】ママがリラックスすると赤ちゃんもゆったりします

【妊娠23週4日/予定日まで115日】心配ご無用! 暴れているような激しい胎動は「元気」の証し

監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

出典 :First Pre-mo(ファーストプレモ)2017年春夏号 ※情報は掲載時のものです

クリップ

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で二名様に当たる!エルゴベビー「ベビーキャリア ADAPT(アダプト)」プレゼント 9月30日まで 詳細はこちら
注目コラム