【医師監修】切迫早産になったら絶対安静? 症状や原因とは? 予防はできる?

 専門家監修
公開日:2017/09/29
更新日:2017/10/12
【医師監修】切迫早産になったら絶対安静? 症状や原因とは? 予防はできる?
監修
山田美恵先生
賛育会病院 産婦人科部長

正期産よりも早い時期に出産となる「早産」。切迫早産は、早産一歩手前の状態です。赤ちゃんの体の機能が完成し準備ができるまでは、しっかりママのおなかの中で育ててあげたいもの。そこで、切迫早産の症状や原因、予防法、治療法についてドクターに聞きました。切迫早産は、切迫流産より原因や予防法がわかりやすいといえます。医師の指示に従って安静にし、きちんとした治療を行えば、早産を防ぐことも可能です。

切迫早産とはどんなトラブルなの?

切迫早産とは、文字通り「早産」が「切迫」しているトラブルをいいます。妊娠22週から妊娠36週の間に起こり、子宮が収縮して子宮の出口が開きやすく、早産一歩手前の状態です。 一方、「早産」とは、正期産(妊娠37週から妊娠41週)以前の出生をいいます。日本では妊娠22週から妊娠36週までの出産を早産と呼び、「切迫早産」と「早産」は違うものです。また、妊娠22週未満は流産といい、早産と流産も区別されています。

《先輩ママに聞きました!》Q.切迫流産・切迫早産になった?

アンケートに答えてくれた先輩ママのうち、約2割が切迫流産・切迫早産を経験していました。ただ、「入院して絶対安静」から「切迫ぎみ」まで、症状には個人差が大きかったようです。

切迫早産になる主な原因とは?

最も多いのは子宮頚管(子宮の入り口)の感染症で、子宮に入り込んだ細菌が、子宮収縮や破水の原因になります。ほかに、子宮頚管無力症、子宮の病気(筋腫や腺筋症)、多胎妊娠、ママの無理な生活なども原因に。

切迫早産になる時期は妊娠22~36週。兆候はある?

周期的なおなかの張りや痛み、出血、おりものの増加などがサイン。出血や、1時間に5回以上の張りや痛みがあったときには病院に連絡しましょう。おりものの異常はわかりにくいので、気になる人は健診で相談をしてみて。 切迫早産と診断される時期は、妊娠22週から妊娠36週です。妊娠22週未満にこのような出血や強い下腹部痛などの症状があった場合には、切迫流産と診断されます。

《先輩ママに聞きました!》Q.切迫早産の診断前、どんな自覚症状があった?

・歩くのがつらいぐらいのおなかの張りが頻繁にありました。(Nさん) ・おなかの張りと、チクチクするような痛みが少し。(Mさん) ・常におなかが苦しい感じがありました。(Mさん) ・急に、動けないほどのキュ~ッとしたおなかの痛みがきました。(Tさん) ・おなかがグ~ッとかたくなるような張りがしょちゅうありました。出血もあり、量は生理の始まりぐらいでそれほど多くありませんでした。(Kさん)

切迫早産の主な症状? 子宮が収縮し、子宮頚管が短くなって出口が開きやすい状態に

おなかの張りを伴い、子宮頚管長が短くなるもしくは子宮口が開いてくる状態が切迫早産。子宮頚管無力症のように、張りなどの自覚症状がないまま子宮口が突然開いてしまう病気もあるので、健診でのチェックが大切です。

切迫早産の治療法は、主に張り止めの薬と安静。入院して点滴をすることも

大切なのは、安静に過ごすこと。安静の度合いは症状に応じて異なるため、きちんと確認しましょう。張りがあるときは子宮収縮抑制剤(張り止め)の投与を行うこともあります。感染症の場合、抗生物質の投与や膣内洗浄などの治療も行います。 また、状態によっては、入院して子宮収縮抑制剤の点滴治療を行います。(病院の方針によっては異なることもあります)

「安静」といわれたときの過ごし方。入院することもある?

切迫早産と診断されても、自宅安静や入院安静など安静の程度は症状によって異なります。医師の指示に従い、わからないことは確認しておきましょう。

[ページ区切り]

なぜ早産を防ぎたいの? 早産した場合に赤ちゃんにかかる負担とは?

妊娠36週未満で早産になった場合、赤ちゃんの体の機能が完成する前に生まれてくることに。妊娠27週未満で生まれた場合、呼吸障害や脳障害、運動障害、未熟児網膜症などの合併症や後遺症が残らずに育っていく子は全体の3分の1といわれます。医療技術の進歩に伴い、妊娠34週以降ではほとんど問題なく成長していくようになりましたが、妊娠37週未満の赤ちゃんにとっては、ママのお腹のなかがいちばんよい環境。できるだけ胎内で育てることができるよう、安静を守りましょう。

「自宅安静」ってどんな過ごし方? 早産を予防するためにしていいこと、ダメなこと

ひと口に「自宅安静」といっても、「食事やトイレ以外は寝ていて」「簡単な家事ぐらいならOK」など、安静の程度は症状によって異なるはず。動いてしまって症状が進まないよう、具体的に確認しておきましょう。

自宅安静になるのはどんなとき?

・おなかの張りがなく、子宮頸管長が2cm以上あるとき ・破水していない場合 ・自宅で安静にできる環境が整っているとき ・少量の出血はあるものの、張りはなく、子宮口も閉じているとき ・赤ちゃんが下がってきていないとき ※病院や主治医の方針で異なることもあります。

○ 自宅安静でしてもよいのはこんなこと。入浴や身の回りのことはOK!

●入浴/長風呂になって疲れないよう注意して 感染症を予防するためにも、清潔にすることは大切です。さっとお風呂に入ったり、シャワーを浴びるぐらいなら大丈夫。長く入っていると疲れるので短めにするのがベター。 ●洗面や歯みがき/妊娠中は虫歯や歯周病が増えやすいもの 妊娠中は、虫歯や歯周病などの口腔トラブルが増えやすい時期。清潔を保つためにも、きちんとしましょう。おなかの張りや痛みがおさまっている時間帯にするのが○。 ●料理や掃除/身の回りのことをするぐらいはOK 普段過ごす部屋の簡単な掃除、短時間ですむ食事の支度ぐらいなら、まず問題ありません。大掃除や長い時間キッチンに立って作業するなどはやめておきましょう。 ●パソコンや携帯メールを打つ/疲れない程度にとどめましょう 外に出られないとき、友だちや家族とのメールが楽しみのひとつ、という人も多いようです。あまり根を詰めすぎないよう、疲れない程度にするなら問題ないでしょう。

△ 自宅安静になったらできればしないほうがいいこと。体に負担のかかることは最小限に

●階段の上り下り/ほかの手段があるならそのほうがベター 1~2階程度の上り下りなら問題ないはずですが、エレベーターなどがある場合は利用したほうが安心。どうしても使う必要がある人は、休みながらゆっくり上って。 ●買い物や散歩/必要最小限にとどめるのが安心 「自宅安静」と言われている間は、できるだけ自宅で過ごすのが○。症状がおさまるまでの間は、どうしても行かなければならない場合など、必要最小限にとどめておくのが安心です。 ●上の子の抱っこ/苦しくないよう座って抱いてあげて 妊娠中、気持ちが不安定になる子も多いので、なるべく抱っこしてあげたいもの。座って、おなかを圧迫しないように抱っこするなら問題ありません。無理のない程度でしてあげて。 ●布団の上げおろし/できれば家族などにお願いするのがベター 布団の上げおろしや家具の移動など、力が必要な仕事はなるべく控えたほうが安心です。してもらえる家族がいるなら、症状があるときだけでもお願いしましょう。

✖ 自宅安静でしちゃダメなのはこんなこと。くれぐれも無理はしないで!

●重いものを持つ/腹筋を使うのはやめましょう 重いものを持つとおなかに圧力がかかり、子宮が収縮を招くことにつながります。重いものの買い物などは、家族に頼むか宅配などを利用し、自分で持つことはやめましょう。 ●トイレでいきむ/便秘を解消することも大切です トイレで便を出すためにいきんだぐらいで生まれてしまうことはまずありませんが、張りや出血がある場合は控えめに。スムーズな便通のために、便秘の予防・解消も大切。 ●セックスする/出血や張りがあるときはやめましょう 切迫流産・早産の診断を受けているときは、セックスはやめておきましょう。おさまったあとならしても問題ありませんが、感染症を予防するためにも、必ずコンドームをつけるようにして。

《先輩ママに聞きました!》Q.「自宅安静」の指示で大変だったことは?

・安静を守りすぎ、引きこもりになって、誰とも話さない生活を送っていました。(Nさん) ・ずっと家にだけいるのは無理で、ときどき外に出てしまったことも。これ以上子宮頚管が短くなったら入院といわれてあせりました。(Mさん) ・ちょっとした家事程度ならOKといわれていたのに、心配した夫が「全部ダメ!」と。やってくれたのはうれしかったけど、自分でできずにストレスがたまったことも。(Fさん)

「入院安静」ってどんな過ごし方? 早産を予防するためにしていいこと、ダメなこと

入院安静のときの過ごし方は、時期と症状によって4つのレベルに分けられます。いちばん軽い「病院内安静」から、「病棟内安静」「室内安静」、そして、最も安静度が高いのが「ベッド上安静」です。 レベルによって過ごし方も変わりますし、病院の方針によっても異なるため、自分の入院している病院で、どの程度の安静なのかを確認しましょう。

入院安静の過ごし方レベル

■ベッド上安静 最も安静度が高く、トイレもベッド上ですることに。子宮頸管無力症や破水の人はこのケースになることも。精神的負担も大きく、ベッドの上で無理なくできる気分転換法を見つけることが大切です。 ■室内安静 自分の入院している室内だけなら歩いていいというレベル。室内にトイレや洗面所がある場合は、自分で歩いていくことができます。 ■病棟内安静 病棟の中なら歩いてもOK。ムリのない範囲でなら、新生児室に赤ちゃんを見に行ったり、ほかの妊婦さんの部屋におしゃべりをしに行くなどの行動が可能です。 ■病院内安静 入院の中では最も安静度が低いレベル。隣の棟に行く、病院の庭を散歩する、なども可能に。入院安静が必要な症状ということに変わりはないので、動きすぎるのはNG。

入院中の身の回りのこと、どこまでしていい?

●歩いてトイレに行く ベッド上安静……✖ 室内安静……△ 病棟内安静……○ 病院内安静……○ ベッド上安静の場合は、トイレに行くこともNGなので、ポータブルトイレや導尿することに。室内にトイレがある場合は室内安静より軽い人はOKに。 ●洗面や歯みがき ベッド上安静……△ 室内安静……○ 病棟内安静……○ 病院内安静……○ 洗面が室内にあるか、別の場所にあるかによっても異なります。ベッド上安静の場合は、洗面や歯みがきもベッドの上ですることになります。 ●シャワーを浴びる ベッド上安静……✖ 室内安静……△ 病棟内安静……△ 病院内安静……△ 点滴をしている場合、一時的にはずしてシャワーを浴びられるかどうかは、症状と病院の方針によって異なります。スタッフに確認してみましょう。

入院中の過ごし方、どこまでしていい?

●ベッド上でテレビを見る、本を読む ベッド上安静……○ 室内安静……○ 病棟内安静……○ 病院内安静……○ 入院中でも、ベッドの上でテレビを見たり、本を読んだりすることは、まず問題ないでしょう。ただし、長時間続けると疲れてしまうので、無理をしない程度に。 ●ベッドの上でパソコンや携帯メールを打つ ベッド上安静……△ 室内安静……○ 病棟内安静……○ 病院内安静……○ ベッド上安静でも「ベッド上でなら座っていい」「できるだけ横になったまま」など過ごし方が違うことも。OKの場合も、疲れないように短時間にとどめましょう。 ●手紙や日記を書く ベッド上安静……△ 室内安静……○ 病棟内安静……○ 病院内安静……○ ベッドの上に座ることができるなら、手紙や日記を書いてもいいでしょう。書くことはストレス発散にもなるため、根を詰めないよう、適度に楽しんで。 ●お見舞いの人とおしゃべり ベッド上安静……△ 室内安静……○ 病棟内安静……○ 病院内安静……○ 病室にお見舞いの人が入れるなら、疲れない程度におしゃべりを楽しむのは問題ないはず。ベッド上安静の人や、室外の談話室などに行く必要のある場合は相談を。

入院中の移動や散歩、どこまでしていい?

●院内の売店へ行く ベッド上安静……✖ 室内安静……✖ 病棟内安静……△ 病院内安静……○ 病棟内に売店がある場合は、病棟内安静の人でも○ですが、必要なときだけ行くのが安心。ベッド上安静と室内安静の人は、買い物は家族などに頼みましょう。 ●病院の敷地を散歩する ベッド上安静……✖ 室内安静……✖ 病棟内安静……✖ 病院内安静……△ 病院内安静の人で、症状がおさまっている場合は、医師の許可があればできることも。ただし、無理すれば悪化する可能性もあるため、短時問の気分転換にとどめて。

《先輩ママに聞きました!》Q.「入院安静」の指示で大変だったことは?

・健診で診断されてそのまま入院に。せめて一度帰宅し、準備してから入院したいといったのですが、危険だからと帰れませんでした。そんなに急に入院するなんて、体調の不安より、入院しなくてはならいないことへの不安のほうが大きかったです。(Nさん) ・点滴をしているので動きづらく、ベッドで横になるしかありませんでした。不安でテレビや雑誌で気を紛らわせないとメゲてしまいそうに。(Tさん)

切迫早産と診断されても解除されることもある? 入院していても退院できる?

切迫早産と診断されて「安静に」といわれても、その後、症状がおさまれば安静を解除されることもあります。入院安静でも、症状がおさまれば退院できます。いずれにせよ、妊娠中の無理は禁物。医師の指示に従いましょう。

《先輩ママに聞きました!》Q.おさまったあとはどんなふうに過ごしていた?

・外出も必要最小限にして、なるべく横になるようにしていました。(Mさん) ・友だちとランチをしたり、ショッピングや映画に行ったりと、遠出は控えつつ、外出を楽しみました。(Tさん) ・予定を早めて里帰りしました。(Tさん) ・これからはよく動いたほうがスムーズに生まれると主治医から聞いたので、たくさん歩くようにしたら本当に安産でした。(Sさん)

切迫早産は次の妊娠時にもなる?

体質的な問題で切迫早産になった場合、次回の妊娠でも同じ経過をたどる可能性もあります。長期入院した人などは、次の妊娠時には早い時期からまわりの環境を整えておくと安心です。

先輩ママの切迫早産体験談

【妊娠23週のとき】子宮筋腫の痛みで受診したときにわかりました

妊娠してから子宮筋腫があるとわかり、初期からおなかがかたくて張り止めの薬を飲んでいました。妊娠23週のとき子宮筋腫の痛みで受診すると、「子宮頸管が短くなっているから入院して安静にしたほうがいい」と1時間ぐらい説得されました。私は自宅で過ごしたかったのですが「動かないのが赤ちゃんにはいちばん」という言葉で入院を決意。 入院中の1週間は、トイレと洗面以外はベッド上で退院後も「次に症状が出たら生まれるまで入院ね」といわれていたので、安静にし、張り止めの薬は妊娠36週まで飲み続けました。妊娠37週になったら「もう生まれてもいい」と安静解除になったので、友だちとランチしたり、買い物や映画に行ったり。いざというときのために遠出はやめました。(Tさん)

【妊娠27週のとき】突然の張りで受診、入院となり不安に

家で寝ているとき、急に動けないほどの「キューッ」というおなかの痛みが。1時間ほどして動けるようになってからタクシーで病院に行くと、そのまま1週間入院に。体重管理のためにと、朝夕自宅でマタニティビクスをしていたのですが、少し張り切りすぎたのかも。里帰りを予定していたので、帰れなくなることが不安でした。 張り止めの点滴をし、トイレと食事以外は寝たきり。退院の2日前にやっとシャワーOKになり、少し動けるようになりました。ずっと横になっていたので、腰痛がつらかったのですが、1日3回、赤ちゃんの元気な心臓の音を聞くたび「この子もがんばっているんだ!」と励みに。退院したあとは無事里帰りでき、トラブルもなく妊娠39週で出産しました。(Tさん)

【妊娠30週のとき】健診で診断され、すぐに入院、「絶対安静」に

妊娠30週の健診で、切迫早産との診断。「一度帰宅したい」といいましたが、即入院に。今思えば常におなかがパンパンでしたが、後期にはこのぐらい張るものだと思っていたのです。点滴をして張りがおさまってから、それまでが異常だったとはじめて気づかされました。 子宮口も1cm開いていて、赤ちゃんの肺が成熟する妊娠34週までがんばろうと、ベッドから出るのはトイレ以外禁止、入院後10日はシャワーもNG。検査への移動も車イスだったのでビックリ。最初は自覚がなかったのでピンとこなく、安静が退屈だったのですが、隣のベッドの妊婦さんと仲よくなり、早産についての話を聞くうちに「なぜ安静が必要か」がわかり、それからはきっちり守りました!(Nさん)

【妊娠32週のとき】「苦しい、早く産みたい」。でも赤ちゃんのためにガマン

それまでも健診で「張っている」といわれていたのですが、無理な生活をしているつもりもなかったし、仕事で充実した毎日だったので、妊娠中は動けば張るものだと、あまり深刻に考えていませんでした。でも、確かにいつでもおなかがギューッとして苦しかったかも。妊娠32週の健診で切迫早産といわれ、予定を早めてその日のうちに里帰りしました。 それからは実家で、食事、トイレ、シャワー以外は横になって過ごしました。そのころは1日に何度も波のように張りと痛みがきて、外に出るどころか家のなかでも何もできずつらかったです。苦しくて「早く産みたい」と思いましたが、「赤ちゃんのために、もう少し!」といわれてガマン。家族や友人、ブログで経験者や妊婦さんから励ましてもらえたことが救いでした。(Mさん)

先輩ママから切迫早産になった人へのアドバイス!

・周囲に協力してもらえることはお願いするのが、赤ちゃんのためにもなるはず!(Nさん) ・最初は落ち込んでしまうかもしれないけど、自分を責めず赤ちゃんといっしょにゆっくり過ごせる時間と考えて。(Tさん)

出典 :First Pre-mo(ファーストプレモ)2017年春夏号 ※情報は掲載時のものです

監修
山田美恵先生
賛育会病院 産婦人科部長
順天堂大学医学部卒業。同大学附属順天堂医院産婦人科をへて、2006年より現職。専門は周産期。妊婦さんたちの健やかなマタニティライフをサポートしている先生です。

あなたにおすすめ

注目コラム