【妊娠18週2日/予定日まで152日】聴診器で赤ちゃんの力強い心拍が聞けるように

【妊娠18週2日/予定日まで152日】聴診器で赤ちゃんの力強い心拍が聞けるように

連載 2人で読む【妊娠中期】 安心マタニティ

体重を管理する上でも記録をつけることが役立ちます。毎日の体重はもちろんトイレの回数、食事の内容などを眺めていると、足りないもの、摂りすぎているものに気がつくはず。体重管理を食事だけでしよう、とバランスのいい献立を頭の中だけで考えるのは誰にとっても大変です。


【赤ちゃん】心拍を聴診器で聞くことができるように

心臓の鼓動も日に日に力強くなっています。このころになると、医師や助産師などの専門家なら、聴診器で外側から心拍を聞くこともできるようになります。ただ、一般の人では、聴診器で心拍を聞くのはかなりむずかしいでしょう。赤ちゃんの心拍よりも、ママ 自身の血流の音のほうが大きいからです。

【ママ】急激な体重増加はむくみが原因かも?! 

体重のコントロールをしようと思うとき、記録をつけることが役立ちます。毎日体重を量ってみると、急に体重がふえる日があるかもしれません。1日で1kgも違うようなときは、食べたものが蓄積しているのではなく、 むくんでいるからかもしれません。足を指で押してみてあとが残るようならむくんでいる証拠だし、そうした変化がなくても、体重が急激にふえるときは、ちゃんとトイレに行っているかどうか、チェックしてみましょう。 摂取する水分量が減ることでも、体の血流が滞り、むくんでしまうことがあります。

【栄養】食事の内容を記録すると、気づきがあります

体重管理の記録をつけるとき、食事の内容も書いてみましょう。妊娠してからは意識して食べているからバランスがいいはず、とは思っていても、意外と野菜を食べていない、鉄分がしっかり含まれているタンパク質も少なめだったなどと気づきます。バランスのいい献立を、頭の中だけで考えるのは大変ですが、実際に食べたものを眺めていると、足りないもの・摂りすぎているものに気づくでしょう。カロリー計算まではむずかしいですが、食べたものだけなら簡単ですね。


監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

出典 :First Pre-mo(ファーストプレモ)2017年春夏号 ※情報は掲載時のものです

この連載について

2人で読む【妊娠中期】 安心マタニティ

安定期に入る妊娠中期の週ごとのアドバイス。1つずつ読むごとに、そのときの赤ちゃんの様子、ママの生活上の注意点などが少しずつ理解できます。赤ちゃんの成長を実感して、自然とママになる心の準備も整うはず。35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイス!

最新の記事

【妊娠22週2日/予定日まで124日】目を開いてキョロキョロ?! まぶたが開きます!

【妊娠22週1日/予定日まで125日】赤ちゃんの体重は300〜600gになりました

【妊娠22週0日/予定日まで126日】赤ちゃんにとって、1つの“節目”の22週です

クリップ

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
注目コラム