【妊娠18週1日/予定日まで153日】赤ちゃんのため、ママの体重はふえることも必要です

【妊娠18週1日/予定日まで153日】赤ちゃんのため、ママの体重はふえることも必要です

連載 2人で読む【妊娠中期】 安心マタニティ

今までダイエットをしてきた人は、体重がふえることに抵抗がありますよね。でもママの体重が適正にふえていかないと、生まれたあとに足りない栄養を補おうと、赤ちゃんに糖尿病などの生活習慣病の症状がでることもあるのです。栄養バランスや運動にも気をつけて体重コントロールをしたいですね。


【赤ちゃん】胎毛はますます濃くなっていきます

全身の胎毛はこれからますます濃くなっていきます。汗やゴミが目に入らないようにある、といわれるまつ毛や眉毛は、まだ羊水の中にいる間は必要なさそうですが、すでに準備を始めています。

【ママ】食事や運動に気をつけて体重のコントロールを

妊娠するまでずっとダイエットしてきた人にとって、体重がふえることは、憂うつなことでしょうか。でも、ママの体重が、適正にふえていかないと、赤ちゃんは育ちません。 生まれたあと、おなかにいる間足りなかった栄養を補おうと必死になり、急激に血糖値が上がるような代謝になって、赤ちゃんなのに、糖尿病などの生活習慣病のような症状が出てしまうのです。だから、ママは妊娠中の食事も運動も気をつけて、体重をうまくコントロールしていかなくてはなりません。やせるためのいわゆるダイエットはしてはいけません。体型が変わることがこわいですか? だったら、なおのこと、栄養バランスについてを勉強して、代謝がよくて必要な栄養を身につけられるための知識を蓄えておきましょう。このことは、妊娠中だけでなく、産後の食育を考えるときにも必要なことになります。


この連載について

安定期に入る妊娠中期の週ごとのアドバイス。1つずつ読むごとに、そのときの赤ちゃんの様子、ママの生活上の注意点などが少しずつ理解できます。赤ちゃんの成長を実感して、自然とママになる心の準備も整うはず。35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイス!

最新の記事

【妊娠22週6日/予定日まで120日】「冷え」は血行が悪くなり、心臓に負担が…… 対策は万全に

【妊娠22週5日/予定日まで121日】調味料は計量カップで量る習慣を!引き続き塩分には注意

【妊娠22週4日/予定日まで122日】たくさん話しかけて!「いつも聞こえる声」はわかっています

監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

出典 :First Pre-mo(ファーストプレモ)2017年春夏号 ※情報は掲載時のものです

クリップ

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で一名様に当たる!東芝「TORNEO V cordless(トルネオ ヴィ コードレス)」プレゼント 9月2日まで 詳細はこちら
注目コラム