【妊娠17週2日/予定日まで159日】赤ちゃんは羊水を飲んでおしっこしています

【妊娠17週2日/予定日まで159日】赤ちゃんは羊水を飲んでおしっこしています

連載 2人で読む【妊娠中期】 安心マタニティ

おなかの中で赤ちゃんを守っている羊水は赤ちゃんのおしっことなり、それがまた羊水となります。羊水とおしっこの循環ができ上がってきました。そんな妊娠17週2日の赤ちゃんとママの様子をご紹介します。


【赤ちゃん】羊水を飲む量もおしっことして出す量もふえてきます

羊水を飲んで、おしっことして排出して、 それがまた羊水になるという循環ができ上がっています。このころになると、赤ちゃんの 体も大きくなったので、飲む量も出る量もだんだんふえてきます。羊水には、赤ちゃんの 体からはがれ落ちた皮膚のカスみたいなものがたくさん浮いているといわれます。羊水をそれごと飲み込み、腸の中でろ過していきます。こうしたカスが腸の中にたまったものが「胎便」となります。胎便は通常は、誕生するまで腸の中にたまり続けます。

【ママ】歯周病のチェックもしてもらいましょう

歯科検診で見てもらうのはむし歯だけでなく、歯周病のチェックもしてもらいます。この歯周病菌、体の中を通って子宮に届くと、そこから感染症を起こして卵膜を薄くさせてしまい、破水を起こす原因となります。歯周病菌が体内にあるだけが原因で、早産が起こるわけではありませんが、早産と歯周病菌の関連性は研究されていることなのです。歯と子宮、体内ではとても遠い場所にあって関係ないと思いがちですが、同じ体内でつながっていることもお忘れなく。クリーンな口腔環境を整えておくための歯の正しいみがき方も、指導してもらうといいですね。


監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

出典 :First Pre-mo(ファーストプレモ)2017年春夏号 ※情報は掲載時のものです

この連載について

2人で読む【妊娠中期】 安心マタニティ

安定期に入る妊娠中期の週ごとのアドバイス。1つずつ読むごとに、そのときの赤ちゃんの様子、ママの生活上の注意点などが少しずつ理解できます。赤ちゃんの成長を実感して、自然とママになる心の準備も整うはず。35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイス!

最新の記事

【妊娠19週1日/予定日まで146日】今から習慣づけを! 食べるもので貧血を予防

【妊娠19週0日/予定日まで147日】濃くなった体毛も産後には元に戻ります

【妊娠18週6日/予定日まで148日】呼吸を意識してリラックスじょうずになりましょう

クリップ

あなたにおすすめ