【妊娠17週1日/予定日まで160日】おなかが大きくない今のうちにママのむし歯ケアを

【妊娠17週1日/予定日まで160日】おなかが大きくない今のうちにママのむし歯ケアを

連載 2人で読む【妊娠中期】 安心マタニティ

つわりが終わり、おあむけに寝る体勢がつらくないこの時期に、歯の治療をすませておくと安心ですね。お産の間際や産後間もなくのころに悪化すると大変です。また歯周病が悪化すると早産の原因になることも。今のうちに歯科検診を受けておきましょう。


【赤ちゃん】赤ちゃんの皮膚はまだとても薄い

皮膚はまだとても薄く、皮下の血流が透けて見えるような感じ。だから、このころの赤ちゃんの皮膚は赤黒いような感じです。

【ママ】歯科検診を受け、治療はすませておきましょう

歯科検診を最後に受けたのはいつですか? つわりも一段落し、まだおなかもそんなに大きくはない今のうちに、歯の治療の必要があったらすませておきましょう。お産の間際や産後間もなくのころにむし歯が悪化すると大変、ということもあるし、歯周病が悪化すると、早産の原因になることもあります。また、ママにむし歯があるということは、無菌状態で生まれてくる赤ちゃんの口に、むし歯菌を移してしまう原因にもなります。今のうちにむし歯の「芽」をしっかり摘み取っておきましょう。もし、今むし歯があったとしても、すぐに治療を始めれば、妊娠後期になる 前に治療を終えることができるはず。妊娠後期になると、あおむけに寝ている体勢がつらくなってくるので、今のうちから治療を始めるといいですね。検診を受けてむし歯がなかったら、ひと安心です。歯のクリーニングをしてもらい、むし歯ができにくい口腔環境にしておきましょう。


監修
鮫島浩二先生
産婦人科医
東京医科大学卒業後、東京警察病院、木野産婦人科医院などをへて、2006年さめじまボンディングクリニック開院。妊婦さん自身が主体になるお産を実践。また、母と子、父と子、そして妊婦さんどうしの絆づくりを支援する日々。ベストセラー『わたしがあなたを選びました』著者。3男の父。 (*)リーブ法の母親学級:さめじまボンディングクリニックで実施される、現代の日本の妊婦さんに向けたリラックス出産法。
さめじまボンディングクリニック

出典 :安心マタニティ280DAYS※情報は掲載時のものです

出典 :First Pre-mo(ファーストプレモ)2017年春夏号 ※情報は掲載時のものです

この連載について

2人で読む【妊娠中期】 安心マタニティ

安定期に入る妊娠中期の週ごとのアドバイス。1つずつ読むごとに、そのときの赤ちゃんの様子、ママの生活上の注意点などが少しずつ理解できます。赤ちゃんの成長を実感して、自然とママになる心の準備も整うはず。35年以上にわたって妊婦さんと赤ちゃんを見守ってきた産婦人科ドクターによる温かくて信頼できるアドバイス!

最新の記事

【妊娠20週6日/予定日まで134日】「おなかの張り」は子宮の収縮 赤ちゃんにとっては苦しい状態

【妊娠20週5日/予定日まで135日】この時期の出血はすぐに主治医に連絡を

【妊娠20週4日/予定日まで136日】病院や自治体で開催される両親学級は仲間づくりの場所

クリップ

あなたにおすすめ

ママとしての毎日を楽しく
注目コラム