母乳育児がうまくいくコツと母乳で育てるメリット

コラム 公開日:2017/09/04
母乳育児がうまくいくコツと母乳で育てるメリット

赤ちゃんにとって最適な栄養源の母乳。免疫力アップ、丈夫な体を作るなど、赤ちゃんの成長に関わるものだけに、母乳についての気がかりや疑問はたくさん。ここではママたちの気になることを助産師の市川香織先生が解説。母乳育児のメリットや成功するポイントなどを教えていただきました。

母乳育児のメリットは?

母乳育児は、お母さんと赤ちゃん側の両方にメリットがあります。赤ちゃんにとっては、「完全な栄養」。赤ちゃんが育つのに最適な要素が含まれていて、何の手を加えなくても栄養価は満点です。さらにいつでもあげられる、経済的というメリットもあります。

母乳を分泌させるホルモン「オキシトシン」は子宮を収縮させる働きがあるので、産後の初期にあげることでお母さんの体が早く回復します。またオキシトシンには、人と関わることを嬉しく感じる作用もあるとされていて、赤ちゃんとの触れ合いや子育てが、お母さんにとっての喜びにつながるとされているのです。

母乳には血を止める作用の「ビタミンK」が少ない

止血作用のあるビタミンKですが、新生児ではまだ十分に自分の体内で作り出すことができず、体外から補給する必要があります。ビタミンKが不足すると出血が止められなくなり、とくに脳内で出血があった場合は命に関わることもあります。栄養価の高い母乳ですが、このビタミンKが少ないのがデメリット。ただし、生まれてすぐと産科の退院時、1ヶ月健診時の3回、赤ちゃんに投与されることになっているので、これらをクリアしていれば心配ありません。

母乳は産後すぐからたくさん出るの?

母乳が出る量は人それぞれで、最初からうまくいくわけではありません。新生児のお母さんから『産んだら自然と出るものだと思った』『もっとたくさん出ると思った』という声をよく聞きますが、母乳育児のスタートはゆっくり。とくに出産当日や翌日は、母乳の出はまだ少なく、一生懸命絞り出そうとしても、ほんの少しにじむくらいです。「赤ちゃんは3日分のお弁当と水筒を持って生まれてくる」と言われていて、母乳が出るようになるまでの間は、おなかの中にいた時に胎盤を通してお母さんからもらった栄養と水分でカバーすることができます。ですから出産直後は母乳が出なくても焦る必要はありません。

スムーズに母乳育児ができるためのポイントは?

初めての育児では、産まれたばかりの赤ちゃんを抱っこするだけでもお母さんは精一杯。さらに授乳をするということは、お母さんにとって、とてもハードルの高いことなんです。それは赤ちゃんも同じで、母乳を飲むのは初めて。お母さんのおっぱいにくわえつくと母乳が出る、ということを学ぶまでには時間がかかります。ですから、お母さんは懲りずにおっぱいを赤ちゃんに吸わせ続けることが、スムーズにいくための第一のハードルです。産後すぐは姙娠とお産の疲れが残っていて、1~2時間おきの授乳は本当に大変ですが、そこで諦めずに「練習」することでおっぱいが作られ、出始めるのです。

Profile
市川香織先生
助産師・文京学院大学 保健医療技術学部准教授
1990年千葉大学医学部附属助産婦学校卒業。千葉大学医学部附属病院、千葉大学医学部附属助産婦学校教員、厚生労働省雇用均等・児童家庭局母子保健課、公益社団法人日本助産師会事務局長等を経て、2014年4月より現職。2013年8月に一般社団法人産前産後ケア推進協会を立ち上げ、代表理事もつとめる。

あなたにおすすめ

MAMA's TRIP 近藤千尋さんと行く「クラブメッド バリ」 詳細はこちら
抽選で一名様に当たる!東芝「TORNEO V cordless(トルネオ ヴィ コードレス)」プレゼント 9月2日まで 詳細はこちら
注目コラム